1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 第3回SHUFU-1グランプリ決定!

第3回SHUFU-1グランプリ決定!

  • 2014/09/25 UP!

グランプリに輝いたのは前澤由希子さん(43歳)

第3回 SHUFU-1グランプリは、6月14日付の紙面で募集し、多数の応募者の中から書類審査・面談を経て、グランプリに前澤由希子さん、準グランプリに飯塚淳子さんと星野弘子さんが選ばれました。それぞれの今後の抱負と受賞理由をご紹介します。これから、どんどん活躍をしていくので、楽しみにしていてくださいね!

「家族や自分のまわりの人たちを料理でもっと笑顔にしたい。そして、イタリア料理の魅力を広めたいと思います」

結婚後、イタリアに1年間料理留学。“やりたいことはあきらめない”バイタリティーで、出産後も子連れで毎年イタリアへ料理修業に出かけ、腕前を磨き続けています。自宅でイタリアの郷土料理を中心とした教室「チャオバンビーナ」を主宰。1児の母。
<料理部門>

星野弘子さん

準グランプリ 飯塚淳子さん(44歳)

「師匠から学んだ和食の奥深さを、みなさんに伝えていきたいです」

航空会社勤務時代に海外の料理やワインに興味を持ったことがきっかけで、料理やワインの勉強を始め、自宅で和食をベースにしたおもてなし料理教室「J-kitchen」を主宰。簡単でおいしく、しかも見栄えの良いレシピが好評。自身のブラッシュアップのための勉強も怠らない。1児の母。
<料理部門>

飯塚淳子さん

準グランプリ 星野弘子さん(58歳)

「大好きな料理を通じて、自分の世界が広がる楽しさを発信したい」

子育てを卒業し、さいたま市の農村と都市をつなぐ「ラウンドコーディネーター」として活躍中。国際交流も積極的に行う。料理教室講師の経験を経て、海外駐在時には現地の教室で学ぶほどの料理好き。現在は家庭菜園や自宅の庭でとれた野菜・果物を使った料理を家族で楽しんでいる。
<料理部門>

星野弘子さん

授賞式の様子

前澤さん表彰
第一営業局長後藤から表彰状を受け取る前澤さん。「表彰状をもらうのは久しぶりで緊張しました!」と話していました
集合写真
表彰式を終えてパチリ。前列右から準グランプリの星野さん、グランプリの前澤さん、準グランプリの飯塚さん。後列右からサンケイリビング新聞社第一営業局局長・後藤、リビング新聞編集部副編集長・相澤、編集長・滑川
この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 第3回SHUFU-1グランプリ決定!

会員登録・変更