1. トップ
  2. 料理・グルメ
  3. いまネットで大人気!“岩下漬け”ってなんだ?

いまネットで大人気!“岩下漬け”ってなんだ?

iwasihita05
お漬け物の革命児? とっても簡単にできる“岩下漬け”にTRY!

“岩下漬け”と呼ばれる、自宅で簡単にできる漬け物の手法が話題になっていること、知っていましたか? でもどんなお料理本にも“岩下漬け”という言葉は載っていない…。編集部がその秘密に迫ってみましたよ。

Twitter発、○○○を使った漬け物が大盛り上がり

さっそくGoogleで検索してみると「岩下漬けの素 200ml|岩下食品株式会社」というタイトルがヒット。“岩下漬け”の素??

iwasihita02
おなじみ「岩下の新生姜」。この“漬け液”がポイントみたいです

調べていくと、どうやらこの言葉は自然発生的に生まれたようです。

そもそもは料理好きの人たちの中から「岩下の新生姜」漬け液を有効活用して野菜などを漬けるとおいしいということが評判になり、そのレシピをTwitterなどで発表し合っているうちに、「岩下の新生姜」の漬け液を使った漬け物、が転じて “岩下漬け”というネーミングが生まれ自然と定着したということのようです。

「新生姜」の生姜なしバージョンが、ファンの強い要望で発売!

iwasihita01
まさかの生姜なし。でも応用が利くのでヒット商品に

そんなファンの盛り上がりが、なんとメーカーをも動かしました!

ファンの要望から「岩下漬けの素」(税込103円・岩下食品オンラインショップにて販売)という製品が生まれたのです。これ、「岩下の新生姜」の調味液だけをパッケージにしたもの。まさかの生姜なしですが、料理好きからは「コレが欲しかったの」と大人気。ついにメーカーのパッケージに“岩下漬け”の文字が刻まれ、ファンは大いに盛り上がりを見せているのです。

そこで、「岩下の新生姜」販売元の岩下食品(株)さんにその経緯について伺ってみると、広報担当・企画開発部の若田部朋子さんからこんな回答が!

「新生姜ファンのみなさんが、『岩下の新生姜』の漬け液を使って、いろいろな食材を自由に漬けて楽しんでくださっていると知り、まずはそのバリエーションの豊富さと研究熱心さに驚きました。そして、たくさんの方が『岩下の新生姜』を楽しんでくださっている、美味しいといってくださっている――みなさまの“新生姜愛”に感謝の気持ちでいっぱいになりました。」と感無量の様子。ファンとメーカーの素敵な関係ですね。

うずらの卵を漬けるととってもキュートに

さらに、ファンが考案した人気レシピをもとに岩下食品(株)と『うずらの魅力伝道師』(株)モトキが共同開発したという「うずら円熟卵 プチとろ 岩下漬け味」(税込480円)は、同社のオンラインショップで販売され、しばしば売り切れるほどの大人気商品に。

iwasihita06
黄身のコクと生姜の風味がマッチしてたまりません

どうですか、桜色にほんのり染まった愛らしさ。一粒食べてみると、濃厚な黄身に染みこんだ生姜の香りとほどよい酸味が口の中ではじけ、たまらないおいしさです。

最後に、“岩下漬け”を作る際の注意点を若田部さんに聞いてみると…

ポイントは3つです。

1 清潔な容器や袋で漬ける

2 錆びる恐れがあるため金属製の容器・フタは使わない

3 “岩下漬け”を楽しんだ後の漬け液を繰り返し使わない

なお、漬け上がったらできるだけ早く食べきることをおすすめします。

との回答が。

以上の点に気をつけながら、私も「岩下の新生姜」の漬け液を使って、親戚からもらった大根を漬けてみました。

●超簡単! 大根の“岩下漬け”

<作り方>

1 大根は皮をむき、半月切りか輪切りで2㎜程度にスライスする

2 大根の水気をキッチンペーパーなどでふきとり、タッパーなどの容器に入れた「岩下の新生姜」の漬け液に半日ほど漬け込むと完成

たったこれだけ。浅漬けができ上がります。
1口食べてみると、すぐに「おいしい!」と声が上がってしまうほど! 酸味と生姜の香りが絶妙にマッチしており、後味さっぱりでどんどん箸が進んでしまいます。

「岩下の新生姜」好きには、漬け液も無駄なく使えるので、お財布にも嬉しいこの食べ方。お宅でも試してみてはいかが?

<取材・文:関谷知生>

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. 料理・グルメ
  3. いまネットで大人気!“岩下漬け”ってなんだ?

会員登録・変更