1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. スウェーデン式歯みがきで話題!ワンタフトブラシに注目

スウェーデン式歯みがきで話題!ワンタフトブラシに注目

狭い部分まで細かく磨ける形状の歯ブラシ、「ワンタフトブラシ」をご存じですか? むし歯や歯周病のほか、口臭や口呼吸が改善した人もいるという噂を聞き、試してみました。

ワンタフトブラシが人気急上昇の理由とは?

DSC_3821
長い柄の先に、小さく尖ったヘッドがついた歯ブラシです

ワンタフトブラシとは、周りの歯が抜けてしまって1本だけ残ってしまった歯や、本来の位置からズレてしまった歯など、通常の歯ブラシでは磨ききれない歯を磨くための道具です。

以前から、歯科医院では使われていましたが、歯科医師が書いた本『あなたの人生を変えるスウェーデン式歯みがき』(梅田龍弘/自由国民社)で紹介されたこともあり、家庭用として使う人が増えています。ヘッドが小さいので、奥歯や歯の裏側を磨くのにも適しているほか、毛先が山型になっているので、歯と歯の間にフィットしやすく、あまり力を入れずに汚れを落とせるのが人気のヒミツです。

歯の裏側までツルツルになって、気持ちいい!

DSC_3902
先が尖ってますが、歯周病などで歯ぐきが傷んでなければ、痛くありません

今回、歯磨き剤を使って通常の歯ブラシで磨いた後、ワンタフトブラシで細かい部分を磨く方法を、1日1回、1週間続けてみました。

感想ですが、まず、柄が通常の歯ブラシと同じくらい長いため、奥までしっかり届いて使いやすい! 歯間ブラシやデンタルフロスに挫折した不器用な私でも、歯と歯の間や、歯と歯ぐきの間など、すみずみまでラクに磨くことができました。

磨き残しを防ぐため、鏡を見ながら磨いたのですが、よく見えない歯の裏側まで、気持ちいいくらいツルツルに! ということは、これまでの歯磨きでは、歯の裏側の汚れは結構残っていたのでは…。朝昼晩の3回、毎日磨いているというのに、しぶといヤツめ!

しっかり磨けるせいか、歯磨きの後は、口の中がさっぱりしてとてもさわやか。むし歯や歯周病の原因となる歯垢は、口臭の原因にもなるので、お口のニオイが気になる人は、試してみるといいかもしれません。

不器用な人でも使いやすいから続けられる

DSC_3849
ほかの歯ブラシと一緒に立てて収納できるから、置き場所に困りません

本当は、歯間ブラシやデンタルフロスも併せて使うといいのでしょうが、不器用な人や、しっかり磨きたいのに時間がない人は、扱いやすいワンタフトブラシをプラスして、一歩進んだオーラルケアを始めてみてはいかがでしょうか。

使い方のコツは、あまり力を入れずに細かく振動させて、汚れをそっと掻き出すようなつもりで磨くこと。子どもの仕上げ磨きや、歯並びの矯正部分のブラッシングにも向いているので、ぜひ試してみて。

<取材協力>
■ラピス株式会社  http://www.lapis21.com/
■ラピス ワンタフトブラシ 使用方法(動画)  https://www.youtube.com/watch?v=lF1jmELnCy0

<文:ミキモトミキ>

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. スウェーデン式歯みがきで話題!ワンタフトブラシに注目

会員登録・変更