1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. ヨーロッパ発!美しすぎる大人の塗り絵が大ブーム

ヨーロッパ発!美しすぎる大人の塗り絵が大ブーム

ヨーロッパ発「大人の塗り絵」ブームが日本にも広がっています。その魅力を実際に体験して探ってみました。

スタイリッシュな「塗り絵」に一目惚れ!

「子どもの遊び」というイメージを一新した、大人の塗り絵ブーム。美しい植物や可愛い動物を描いた細密なペン画を見て、書店で一目惚れする人が続出しています。

Fairy_pieFourSeasons
写真左/『おとぎ話のぬり絵ブック 』(田代知子/パイ インターナショナル)
写真右/『Four Seasons かわいいものいっぱいの塗り絵ブック』(布川愛子/グラフィック社)

塗り絵には、手指を動かして脳を活性化させるリハビリ効果や、心を落ち着かせるセラピー効果があることが知られているため、以前から高齢者には人気の趣味でした。しかし最近のブームは、デザイン性の高いおしゃれなグラフィックや、想像力を刺激するファンタジー調のモチーフに胸がキュンとした、幅広い年代の女性たちに支えられているようです。

初心者も上級者もキレイに仕上がる!楽しめる!

絵心もないし不器用な私ですが、美しいものや可愛いものは大好き! そこで、塗るだけならできるかも…と思い、大人の塗り絵に挑戦してみました。

secretgauden
写真左/『ひみつの花園 花いっぱいのぬりえブック』(ジョハンナ・バスフォード/グラフィック社)
写真右/『garden COLORING BOOK 小鳥と花と動物のぬり絵』(garden/玄光社)

今回挑戦したのは、ベストセラー『ひみつの花園 花いっぱいのぬりえブック』。ページをめくると、線だけでも美しい植物や、愛らしい生き物がいっぱいで、つい見とれてしまいます。

最初はただひたすら塗っているだけで満足でしたが、次第に「いいものを仕上げたい!」という欲がむくむくと膨らんできて、本物の花を見て色づかいの参考にしたり、金色の色鉛筆を買い足したりと、だんだん気持ちが高まってきました。

DSC_3920
絵の中にテントウムシが隠れているのがわかりますか?
家事や仕事の合間にコツコツと塗って、1週間後に完成! もとの絵の完成度が高いから、塗るだけでそれなりの仕上がりになるのが、初心者にはうれしいポイントです。

DSC_3941
陰影を付けると、小鳥の羽や花びらの質感が際立ちます

上の写真は、絵が好きな人が塗った『garden COLORING BOOK 小鳥と花と動物のぬり絵』の鳥の絵。影をつけて立体感を出したり、余白にオリジナルのイラストを添えても、楽しさが広がりそうですね!

塗るだけで、一人ひとりの創造性が発揮できる

Animal_piemuseum_cover_low
写真左/『動物たちのぬり絵ブック 』(ミリー・マロッタ/パイ インターナショナル)
写真右/『MUSEUM ミュージアム ヒグチユウコ塗り絵本』(ヒグチユウコ/グラフィック社)

色を塗るだけで、一人ひとりの創造性が発揮できる大人の塗り絵。一冊あると長く楽しめるし、完成した絵を額に入れて飾るのもステキですよ。

<取材協力>
■グラフィック社  http://www.graphicsha.co.jp/top.html
■玄光社  http://www.genkosha.co.jp/
■パイ インターナショナル  http://pie.co.jp/

<文:ミキモトミキ>

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. ヨーロッパ発!美しすぎる大人の塗り絵が大ブーム

会員登録・変更