1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. インテリアにもカワイイ!簡単ウクレレ演奏で脳を活性化

インテリアにもカワイイ!簡単ウクレレ演奏で脳を活性化

ウクレレと聞いて何が思い浮かびますか?
「高木ブー」が浮かんだ人は、トレンドが昭和のままでストップしています!
今や、ウクレレはオシャレでカワイイアイテム。”大人になってから学んでみたい習い事アンケート”などでも上位にランクインするほどです。
私も何か楽器を始めたいと思い、いろいろ調べてみましたが…ピアノは値段が高い、ギターは難しそう、ドラムは家に置く場所がない、オカリナだとちょっと物足りない。そこで、手軽に持ち運びできて、電源が要らない「ウクレレがいいかも!」と思い、東銀座のカルチャースクール「GINZA楽・学倶楽部」の「初心者でも90分で弾けるウクレレ教室」に参加してきました。さて、本当に90分で弾けるようになったでしょうか?

カラーも豊富でカワイイウクレレ!種類と選び方

ウクレレ1
こんなにカラフル! 色のバリエーションが豊富なウクレレたち

ウクレレって木製で、茶色いイメージがありましたが、写真のようにカラーバリエーションが豊富です。
種類も無いと思っていましたが、実はさまざまなサイズや形のものがあります。その中でも、一般的で、初心者向けにオススメなのが、一番小さい「ソプラノ・ウクレレ」。
一回り大きいものは「コンサート・ウクレレ」。さらに一回り大きいものが「テナー・ウクレレ」、その上を「バリトン・ウクレレ」と呼ぶそうです。大きなタイプほど音が大きく、低音が出ます。
値段はどのぐらいなのかピンときませんよね。
今回、講座で用意してもらったのは、アマゾンで2500円前後で購入できるもの。意外と安い! これが演奏できるギリギリの低価格ウクレレとのこと。お財布にも優しく、初心者な私たちにはピッタリです。

ウクレレ各部の名称と弾き方

今回の「ウクレレ講座」の講師は、オリジナルのウクレレCDなどを出しているウクレレ演奏家の佐藤洋平さんです。
まず、最初にウクレレ各部の名称を覚えます。

ウクレレ2
演奏の前にウクレレについて、しっかり学びます

上の写真の上段が「ネック」。下段右が「ヘッド」で、つまみの部分は「ペグ」。
下段左を「ボディ」と呼びます。

ウクレレ4
ウクレレの弦は、ギターよりも少ない4本

弦は、下から第1弦と数えて、一番上が第4弦。ネックに縦線のようなものが引かれていて、ヘッドに近いところが1フレットで、ボディに向かって順に数が大きくなります。

各部の名称を勉強したところで、さっそく演奏! と思ったら、その前にチューニング。使い込んでいないウクレレは、すぐに音がズレてしまうとのこと。いろいろ準備が必要なんですね。
クリップ状のウクレレチューナーをヘッド部分にはさみ、1弦からポロローンと弾いてみます。

ウクレレ3
ウクレレチューナーを付けると、気分だけはプロ!

液晶が「赤色」から「緑色」に変わるまでペグを絞めたり、緩めたりして音を微調整。これだけでも、気分はウクレレ演奏家。気が早いですが、すでに演奏してる気分。
ちなみに、ウクレレチューナーも、安いもので1000円からあるそうです。

覚えるコードは3つ。「春が来た」を弾いてみる!

チューニングも完璧。次に覚えるのがコードです。
「譜面が読めない!」という人でも大丈夫。楽器店や本屋で販売しているものや、ネットでダウンロードできる初心者向けの譜面には、フレットのどの場所を押さえるのかが、わかりやすく「イラスト」で示してあります。その通りに指を合わせて、右手で弦を上から下へ降ろすと、なんと弾けています!

ウクレレ5
コードを見ながら、必死で「C」のコードにチャレンジ

今回、演奏した曲は「C」と「G7」と「F」の3つのコードを覚えれば弾ける「春が来た」です。3つだけ覚えればいいなんてラッキーと思いましたが、普段はしない指や手首の動かし方に苦戦。押さえてはいけない部分を押さえてしまったりと、最初はめちゃくちゃで、あちこちから受講者の悲鳴が聞こえていましたが…時間をかけて何度もトライしていくと、自然に指が動き、心地いい音が聞こえてくるように。
次の難関は、コードからコードへのスムーズな移動。
「春が来た」はC→G7→C→F→C→G7→C。最初はCの担当、G7の担当、Fの担当と分業しての演奏です。私のパートは「F」です。必死に「F」の部分だけに神経を集中させます。
♬さとにきた~♬だけでしたが、弾けました。

そのあとも、指の場所を確認しながらコードを練習したあと、ゆっくりですが受講者全員で「春が来た」を弾くことができました。なんとも言えない満足感です。
少ないコードで弾ける曲がたくさんあることも知りました。

講座の最後には、佐藤洋平さんの「ミニ・ウクレレ演奏会」。ウクレレとは思えない複雑な音色とステキな旋律に感動です。あのレベルに達するにはどのぐらい練習すればいいのかな…。

ウクレレ6
リビングのイスに置くだけでカワイイインテリアにも

必死で譜面を追いながら、手先を動かすことで、脳の活性化にもつながりそうです。
サイズもコンパクトで、インテリアにもなるウクレレ。リビングに飾っておくだけで華やかになります。
目標は、今年の忘年会にウクレレ演奏をすること! 一緒にトライしてみませんか?

<取材協力>
■佐藤洋平さんのホームページ http://www.gt-yohei-sato.com/
■GINZA楽・学倶楽部 http://ginza-rakugaku.com/

<文:緑川泉>

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. インテリアにもカワイイ!簡単ウクレレ演奏で脳を活性化

会員登録・変更