1. トップ
  2. 料理・グルメ
  3. レトルトカレー界の注目株!? ウワサの“マッサマンカレー”とは?

レトルトカレー界の注目株!? ウワサの“マッサマンカレー”とは?

massa01
食卓の新定番!? マッサマンカレーを食べ比べ!

カレー界の超新星“マッサマンカレー”をご存じですか? 昨年春ごろから人気となったタイ南部発祥のご当地カレー。辛すぎず、鶏肉とじゃがいもがメインの具材で日本人の好みにも合うということで、いまやさまざまなメーカーが製品化しています。
今回は価格もお手頃で、手軽に味わえるレトルト&缶詰のマッサマンカレーを食べ比べてみましたよ!

タイの“ご当地カレー”が日本で人気沸騰中!

“マッサマンカレー”の「マッサマン」とはタイ語で「イスラムの」という意味だそう。イスラム教徒が多いタイ南部での料理だからとか、イスラム教徒が好んで食べるからなどと諸説があるようですが、現地では基本的に鶏肉、じゃがいも、ピーナッツの具材が一般的で、タマリンドという果実の酸味を隠し味に効かせるのが現地風の作り方だそう。グリーンカレーやレッドカレーなどフレッシュなハーブの香りを効かせる一般的なタイカレーとは違った特徴を持っているカレーなんです。

甘みのなかにコクがある、手軽においしい2品目ならこちら

それでは食べ比べスタート!
まず最初は西友のプライベートブランド「みなさまのお墨付き カシューナッツ香るマッサマンカレー」

massa02
赤い色で「辛いかな?」と思いきや、かなり甘口のカレーでした

開けた瞬間にココナッツミルクの香りがふわっと広がります。まるでスープカレーのようなさらさらしたルーのなかに、小ぶりな鶏肉とじゃがいもが入っています。
食べてみると、ココナッツの甘みを感じてとても食べやすいです。辛みのほうは後から来る感じ。全体的に子どもでも食べられそうな甘口に仕上がっています

具材に対してルーの量が多めで、具が少なく感じてしまうのは残念ですが、150円でこれだけの味が出せるとはオドロキです。

合同会社西友
「みなさまのお墨付き カシューナッツ香るマッサマンカレー」
内容量:180g
小売価格:150円(税別)

 

つづいては、無印良品「素材を生かしたカレー マッサマン」。

massa03
マッサマンカレー人気の火付け役となったのもうなずける味わいです

この4品のなかでは一番スパイシー。とはいえ、決してガツンとくる辛さではなく食べやすくなっています。8種類のスパイスとともにピーナッツがふんだんに加えられているようで、ご飯にかけた瞬間に香ばしくスパイシーな香りが広がります。大きめにカットされた鶏肉とじゃがいもがたっぷり入っており、量的にもこれは満足な仕上がり。

タマリンドのペーストも使われており、その甘酸っぱさが濃厚なのにスパイシーな味わいにさらにアクセントを加えています。リピーターが多いというのもうなずけるおいしさです。

株式会社良品計画
「無印良品 素材を生かしたカレー マッサマン」
内容量:180g
小売価格:300円(税込)

タイカレーらしいエスニックさを楽しむならこの2品

お次は、さまざまな種類のタイカレーをレトルトで出しているメーカー、ヤマモリの「ヤマモリ ThaiCurry マッサマン」

massa05
鶏肉、じゃがいも、玉ねぎ、そしてピーナッツと大きめの具材がたっぷり

タイの自社工場で製造しているというこのカレー。現地でしか手に入らない素材を使用しているというのがウリ。
開けてみると、ちょっと赤身がかったルーのなかに、かなり大きめの鶏肉やじゃがいもがごろり。鶏肉の量の多さと柔らかさには驚きました。ピーナッツも大粒のものが何個も入っているなど、具材の充実度は文句なし
さらっとしたルーはクローブやシナモンなどの香りもするなど、いろいろなスパイスが絶妙にブレンドされ、おいしさが複雑に絡み合っている感じ。辛さは抑えめで具材とのバランスが良く、どんどん食が進みます。
「タイでしか手に入らないフレッシュなハーブや食材を使用した本物のおいしさ」とうたうだけあって、本場の味が詰まっているように感じました。

ヤマモリ株式会社「ヤマモリ ThaiCurry マッサマン」
内容量:200g
希望小売価格:330円(税別)

 

最後は缶詰。いなばの「じゃがいも・豆のタイカレー マッサマン」
こちらもパッケージに「本場タイで製造」との文字が躍ります。

massa04
とっても具だくさんな印象。大豆が入って良いアクセントに

開けてみると具の量が多いことに気づきます。鶏肉とじゃがいものほか、大豆も入っており、お得な気分に。柔らかい鶏肉とじゃがいも、大豆がカレーらしいとろみのあるルーでしっかり煮込まれている感じです。

味はやや辛口の部類。原材料の欄にはレモングラスのほか、ガランガル、こぶみかんの皮など、あまり聞いたことのない材料も表記されており、後味にはタイらしいエスニックな香りが残ります。
缶詰なので保存期間が3年というのも嬉しいところ。何かの時のために、常備しておくのも良いですね。

いなば食品株式会社
「じゃがいも・豆のタイカレー マッサマン」
内容量:125g
実勢価格:150〜200円程度(税別)

 

今回は大型スーパーで簡単に入手できる製品、ということでチョイスしましたが、どのカレーもエスニックな特徴を生かしつつ味の個性が際だっており、とってもおいしくいただけました。
紹介した以外のメーカーも、レトルトやカレーペーストなどで続々と製品を出していますので、スーパーなどで“マッサマンカレー”を見かけたら、この夏ぜひ注目ですよ!

<文:関谷知生>

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. 料理・グルメ
  3. レトルトカレー界の注目株!? ウワサの“マッサマンカレー”とは?

会員登録・変更