いよいよ始まった「改正労働者派遣法」派遣にとって有利?|ニュースコラム | リビングくらしナビ
  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. いよいよ始まった「改正労働者派遣法」派遣にとって有利?

いよいよ始まった「改正労働者派遣法」派遣にとって有利?

業種は関係なく、一つの職場に3年しか居られない!

2015年9月30日から始まった「改正労働者派遣法」。
改正でいくつかの変更がありましたが、派遣で働く主婦にとって一番気になるのは、ほとんどの派遣社員は同じ会社の部署に3年しか居られなくなったこと。
では契約が終了したあと、派遣社員はどうなるのでしょうか?

「改正労働者派遣法」画像5
派遣で働くのは得? 損?

【以前の労働者派遣法】

今まで派遣の業種はソフトウエアの開発、通訳、秘書など26種の専門業務(専門26業種)と、その他一般業務の2つに分かれていました。
そして業種によって派遣の受け入れ期間が異なっていました。

●専門26業種派遣
期間に制限なし。
同一派遣先、派遣部署で働くことが可能。

●その他一般業務
同一部署で働ける期限は3年間。
同じ会社で働くときは部署を異動する必要があり。
会社側は3年以上、派遣が働いていた同ポストに新しく派遣社員を入れることはできない。

 【改正労働者派遣法】

専門26業種とその他一般業務の区分は撤廃。
原則派遣が同じ職場の同部署で働ける上限は3年
それ以後は部署を異動しなければ、同じ会社で働くことはできない。
そして会社側は、派遣が働いていた同ポストに、新たに派遣社員を入れることが可能。

 

3年後のフォロー体制は万全?

派遣で同じ職場にいられるのは“3年間”と期限がついたのが改正後の大きなポイントです。

「派遣にとって今回の改正は不利?」と思いがちですが、厚労省によると、働いている人が3年を迎えた時には、派遣会社は派遣先へ、直接の雇用を依頼しなければなりません。

また派遣でその先、働こうという人には派遣会社は働く企業を紹介することを定めています。

ほかにも教育訓練を義務付けたり、紹介予定派遣の措置を示唆したり、雇用の安定を図るための対策がいろいろと考えられています。

そして大きなメリットとして期待されているのは、3年で離職するサイクルができあがるので、仕事の案件は今よりも増えるだろうということです。

派遣で働く私たちを守るために施工されたと言われている「改正労働者派遣法」は始まったばかりなので、これがプラスに働くかどうかは正直わからないのが現在の状況です。

ただこの法案には“派遣労働者の保護”のためにつくられたという大前提が明記されました。待遇面を含めてこの法律が派遣社員にとって、“幸せになるため”の足がかりになることをただ願うだけです。

<まみむめもとこ>

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. いよいよ始まった「改正労働者派遣法」派遣にとって有利?
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更