1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 実践!スーパーの花束をおしゃれに飾って長く楽しむコツ

実践!スーパーの花束をおしゃれに飾って長く楽しむコツ

スーパーの入り口付近でよく売られている花束。フラワーショップより安く買えるけど、かわいくアレンジされていることは少ないし、自分でもうまく飾れない…ということはありませんか? でも、お得に花のある暮らしが楽しめたらうれしいですよね! そこで、スーパーの花束をおしゃにアレンジして、長く楽しむコツを調べてみました。

s-hana2
450円の花束を2種類購入しました

センスよく飾る第一歩は花器選びから

s-hana1
ピッチャーや、100円ショップで売られているメイソンジャー風の容器も使えそう!

参考にしたのが、アレンジのコツとアイデアが満載の書籍『ワンコインでできる はじめての花の飾り方』(主婦の友社)。こちらを参考にして実際にチャレンジしてみました!

気に入った花束を買ってきたら、まずは花器選びです。最初に買うなら、高さが25cm前後と12cm前後のもの、2種類あると便利なんだそう。大きいほうは、スーパーでよく売られている40~50cm長さの花束とバランスがとりやすく、小さいほうは花の本数が少ない時などに使いやすいサイズです。
また、花器の高さ以上に重要なのが、口(口径)の広さ。大きすぎると花がばらけてバランスをとりにくくなるため、口径8~9cmのものが使いやすいようです。
ガラス製や白い花器は、花の色を引き立ててくれます。ガラスだと、水の量や状態を確認しやすいというメリットも。わざわざ買わなくても、家にあるグラスや器にちょうどいいサイズのものがあれば利用できます。

おしゃれなアレンジはバランスが重要!

s-hana3 s-hana4
(左)バラ、スプレーカーネーション、ミモザの春らしい花束
(右)トルコキキョウとカスミソウのシンプルな組み合わせ

さっそく飾ってみました。悪くはないと思うのですが、左はちょっと間延びした感じ。右は、花束の時は良かったのですが、花器に入れるとカスミソウが広がってバランスをとりにくくなりました。
なんだかイマイチ…と感じてしまう原因は、花材と花器の高さが合っていないことにあります。花器の高さと、花器のフチから花材のいちばん高いところまでが1:1の割合になるのが、美しく見える基本バランスなんだそう。花が複数ある時は、高低差をつけるとよりきれいに見えます。この法則にしたがって直してみると…。

s-hana6 s-hana5
バランスが良くなり、あか抜けた雰囲気になりました

比べてみると、違いは歴然。ちょっとしたことで、こんなに変わるなんて驚きです。
花器や花の種類が変わっても、基本はこの高さと高低差のポイントをおさえておけばOK。ただし、バラのような丸くて大きめの花は、基本の1:1だと重たく見えてしまう場合があります。そんな時は、花を少し短めにして重心を下げるとバランスをとりやすくなります。

s-hana7 s-hana9
花材の長さに応じて、花器も小さくしていきます。高さ10cm以下の小さな花器に飾る場合は、右の写真のように、花材と花器の割合を0.5:1にして、フチにこんもり飾るとかわいい雰囲気に

s-hana8 s-hana10
さらに短くなったら、小さな1輪ざしにしたり、カフェオレボウルを使ったアレンジもおすすめ!

数日飾っているうちに茎が傷んできたら、その部分をカットし、長さに合わせて花器を変えたり、2つに分けたりして、小さくなるまで楽しめます。茎の傷んだ部分をこまめに切るようにしていると、かなり短くなっても花は元気だったので驚きました。短くなるにつれ、家にあるカップやボウルなどを活用できたので、アレンジを最後まで楽しめました。

長く楽しむためのコツは?

せっかくアレンジした花は、少しでも長く楽しみたいですよね。良い状態を保つためには、水の管理と花材の手入れが重要です。

【水の管理】
雑菌が繁殖すると、茎の切り口が傷む原因になり、水の吸い上げが悪くなってしまいます。常に清潔な状態を保つため、こまめに水をかえることが大切。花器や花バサミも、ときどき台所用洗剤で洗いましょう。

【切り戻し】
切り戻しとは、茎の傷んだ部分をカットして切り口を新しくすることです。茎の切り口が変色してきたら「切り戻し」が必要なサイン。外側はきれいに見える茎でも傷みが進んでいる場合があるので、きれいな切り口が見えるところまで水切り(※)しましょう。
※水切り…水の中で茎を切って、同時に水を吸わせる作業のこと。茎を斜めにカットすると、切り口の断面が大きくなって水の吸い上げが良くなります。

きちんと手入れすれば、アレンジを変えながら2~3週間もたせることができるそう。スーパーで花束を見かけたら、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

<参考書籍>
■『ワンコインでできる はじめての花の飾り方』
(ワンコインフラワー倶楽部/主婦の友社)
http://shufunotomo.hondana.jp/book/b217469.html

<文:伊井じゅんこ>

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 実践!スーパーの花束をおしゃれに飾って長く楽しむコツ

会員登録・変更