1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 浮気がバレやすい日?クリスマスの忘れられない思い出エピソード!

浮気がバレやすい日?クリスマスの忘れられない思い出エピソード!

忘れられないのは…最高のクリスマス? 最低のクリスマス?

クリスマス

もうすぐクリスマス。街はきらびやかなイルミネーションやツリーで彩られ、クリスマスムード一色ですね。愛する人とロマンティックに、友人とにぎやかに、家族でワイワイ楽しく…などその過ごし方もさまざま。年末の一大イベントだけに、良くも悪くも忘れられない思い出があるという人は少なくないはず。そこで今回は、クリスマスの思い出についてリサーチ。みなさんから寄せられた、最高だった・最低だった「忘れられないクリスマスの思い出」を紹介します。

※アンケート実施期間:2017年11月23日~12月4日、有効回答数:220

今年のクリスマスは家族と過ごすという人が78%とダントツで他を圧倒しました。未定という人は2%と少なく、この時期にはほとんどの人が予定を決めているようです。また、クリスマスは良い思い出のほうが多い(良い思い出のほうが多い+どちらかといえば良い思い出のほうが多い)という人が57%で、悪い思い出のほうが多い(悪い思い出のほうが多い+どちらかといえば悪い思い出のほうが多い)という人は11%にとどまりました。今年も(今年は)ステキなクリスマスになりますように☆

甘~い!! 最高なクリスマスの思い出♪

恋人たちのロマンティッククリスマス☆

  • 海沿いの私が大好きな街でショッピングをしてディナー。その後、彼に帰ろうと言われて向かったのは帰り道とは違う方向…。なんでだろうと思っていたら、目の前にリムジンが! そこから家まで2時間くらいかけてリムジンで帰った。車内にシャンパンも用意してくれていて、リッチな気分を味わえたクリスマスだった。(チーズケーキ)
  • 初めて彼と一緒にスキーに行った時のこと。夜から車を走らせ、スキー場に着くちょっと手前の空き地に車を停め、小さなもみの木を車のフロントガラスのところに飾り、降りしきる雪を見ながらシャンパンで乾杯。本当にロマンティックで素敵なクリスマスを過ごすことができた。(MISSTY)
  • 片思いの彼がティファニーのネックレスをプレゼントしてくれてビックリ! その後ツリーが見える場所まで行き、キレイだなぁと見ていたら後ろからハグされて告白された。今でもその時のドキドキが忘れられない。(しゅうのん)
  • バブル華やかなりし頃、船上でクリスマスパーティ。エスコートは当時つきあっていた超絶イケメン! あぁ~夢のような時間だった…。(みんみんぜみ)

おうちにサンタがやって来た~!

  • 当時5歳だった息子を驚かせたくて、サンタ役を雇って家に来てもらった。クリスマスの夜、2階のベランダからサンタさん登場で息子は大喜び! 現在息子は12歳になったが、まだサンタさんを信じている。(ぴょん)
  • 小学生の頃、父が仕事で帰れないクリスマス。玄関のドアの音に、「サンタさんが来たんじゃない?」と母。兄妹と走って行くと玄関にプレゼントが! 後でわかったが、父がおもちゃ屋さんのお兄さんにバイト代を渡して、玄関を開けておくから夜中にこっそり玄関にプレゼントを置いておいてやってくれと頼んだそう。今は亡き大好きな父の思い出。(あゆみんも)
  • 子どもがまだ小さい時、サンタクロースのふりをして英語で子どもたちに手紙を書いたら、予想以上に喜んでくれたことがとてもうれしかった。(がっきー)

聖なる夜にプロポーズ

  • 初めてつきあってデートしたのがクリスマス時期。24歳のクリスマスイブにプロポーズされたいと願っていたら、結婚しようと言われた! そして25歳で結婚。披露宴は9月だったが、サンタさんとトナカイが載ったウエディングケーキにして山下達郎のクリスマスイブを流してもらった。クリスマスにデートした記念日は未だにお祝いしている。(nukeami)
  • 彼と銀座の高級フレンチレストランで豪華ディナーを。それだけでとっても幸せだったのに、その日の深夜、日付が変わった時にプロポーズ!! 本当にうれしくて、でもビックリして思わず泣いてしまったけれど、一生忘れられない最高なクリスマスの思い出になった。(まるちゃん)
  • ヒルトンホテルの最上階でプロポーズされた。薔薇の花束と指輪を用意してもらい、ディナーもおいしくいただいた。(あっち)

思い出しただけでイラッ! 最悪なクリスマスの思い出

ガーン! 本当はサンタさんって…

  • 大好きなサンタさんにもらったクリスマスプレゼントを兄に自慢したら「母さんの趣味はいいな」と一言。その瞬間、サンタさんの夢が破れた…。(ほたるいか)
  • 小学6年生までサンタクロースを信じていた私。ある年、プレゼントを待っていた私にイラついた母がキレて言い放った一言は、「サンタクロースからのプレゼントは全部お父さんとお母さんが買ってあげてたんやで!!」だった。親の自営業の収入がよくなかったんでしょうねぇ…。その時は、サンタクロースがいないことを親にバラされるなんてありえんわぁ~と思った。(ちょぷにゃんにゃん)

えっ、予約なし!? プレゼントなし!?

  • ディナーの予約をしていなかったので、都内の洋食屋はどこも満席。結局、お腹が空きすぎてドレスアップした格好のまま定食屋に入ることに。(朝ママ)
  • 20代前半の時、10歳年上の彼と迎える初めてのクリスマスデート。年上の彼だからきっとディナーをごちそうしてくれて、イルミネーションに連れていってくれるだろうと期待してオシャレをして行った。すると、ネットカフェに連れていかれ、缶ビールと肉まんを手渡された…。せめてファミレスにしてほしかった。別れてよかった。(にゃとす)
  • 初めてつきあった人との初めてのクリスマス。私はプレゼントを用意していたのに、相手からは何もなく、食事の予約もしていなかった。結局、お鍋のお店で食事したが、なんとなく雰囲気が盛り上がらなかった。(チョコキャラメル)
  • クリスマスに初デートをしてキレイなネックレスをもらい喜んでいたけれど、夕方に食事しようと言われて行ったのがうどん屋だった。何もクリスマスに行かなくても…と思った。それからずっとうどん屋についてのうんちくを聞かされてげんなり。確かにおいしいうどん屋だったけれど、なんだかなぁ。その後数年つきあったが、結局価値観が合わなくて別れた。(ゆき)

怒り心頭! ドタキャンは反則です

  • 新宿のオシャレなレストランでクリスマスを過ごそうと、当時つきあっていた彼に言われ、早めにお店を予約した。そしてクリスマスイブ当日、予約した時間にお店に行くと、待っても待っても彼が来ない。さんざん待った後、「すみません、お会計して帰ります」と店員さんに言うと、「お持ち帰り可能なお料理はお包みいたしますね」とのこと。自宅に2人分のクリスマスディナーを持ち帰るも、彼からは何の連絡もなく、泣きながら自宅でクリスマスイブを1人で過ごした。もちろんその後も彼からの連絡はなく自然消滅。本当に最低、最悪なクリスマスイブだった。(まっきー)
  • ケーキを準備してサンタ衣装で待っていたのに、約束の時間を過ぎてからドタキャンされた。(kokeshi)
  • クリスマスイブ当日に、彼の会社の人だと名乗る女性から「○○は本日より出張になりましたので、本日のお約束を変更していただきたいと申しております。ただいま飛行機で移動しておりますので代わりにご連絡いたしました」と電話が入りデートをドタキャンされた…。ホントかよっ!!と思い、言い訳も聞かずにお別れした。(みー)

最低・最悪な浮気男たち

  • 「今年のクリスマスは仕事で会えないかな…」と彼から連絡が入り、クリスマスはぼっちに。その後デートをしたら、彼の家に違う女の子からもらったクリスマスプレゼントを発見し、浮気が発覚した。(グラグラ)
  • 12月半ばに夫の不倫が判明。別れたと言いながらクリスマスメールをしていたのがバレて修羅場に。(きち)
  • 「クリスマスは先輩と過ごすのが恒例」と言っていた彼から、クリスマスの次の日の朝に電話があり、「〇〇(元カノの名前)を送った後、車ぶつけられた!!」と電話がかかってきた。お気に入りの車をぶつけられたことで、パニくって元カノに電話したつもりが、私にかけてしまったらしい。そして、ホテルで一夜を共にしたことが発覚…。事故は悪さをした天罰!?(カラフルなクローバー)
  • イブの日に奮発して彼にバーバリーのセーターとマフラーをプレゼントした。とても喜んでクリスマス当日身に着けてきてくれたが、仕事があるので午前中しかいられないとのこと。そのまま仕事へ行くと言っていたけれど、いつもスーツのはず?と少し引っかっていた。後日、その日は本命の彼女に会うべく、私があげた一張羅で出かけて行ったことがわかり怒り心頭!(はが)

頑張りはわかるけど…ドン引き!

  • 当時30過ぎの私に、腰くらいまである高さのキティちゃんのぬいぐるみを抱えて、新幹線でやって来た彼。キティちゃんに罪はないけど、ほかに選ぶものなかった? あげく1万5000円の値札付きで。価値観の違いはその時始まっていた。数年後に結婚し、スピード離婚。(ソンディー)
  • 20代前半の頃、彼とクリスマスイブに高級レストランにてお食事。デザートが出てくる前に彼が「ごめん、お手洗い」と席をはずし…10分ぐらいするとお手洗いの方向をほかのお客さんが見てザワザワ…。なんとそこにはサンタクロースの服を着て大きな袋を下げている彼が! 本当に恥ずかしくて、笑顔も固まったままデザートを速攻で食べて店を出た。そのサンタクロースコスプレ事件を引きずったまま初詣に行ったが、彼はまったく懲りておらず今度は新撰組のような格好をして現れた…。その後すぐ別れた。(ママ子)

次回のテーマ:忘年会・新年会のハプニングエピソード

アンケート実施中! ぜひあなたのエピソードも教えてください!
回答はこちらから
応募締切:12月18日(月)

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 浮気がバレやすい日?クリスマスの忘れられない思い出エピソード!
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更