1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 変動・固定の住宅ローンを併用 繰り上げ返済はどちらが先?

変動・固定の住宅ローンを併用 繰り上げ返済はどちらが先?

相談する
家計相談受付中/家計相談受付中 相談する

変動・固定の住宅ローンを併用
繰り上げ返済はどちらが先?

東京都・Yさん(41歳)【夫41歳、長男2歳】

子どもの教育費がかかる前に、住宅ローンを完済か、返済額を軽くしたいと考えています。住宅ローン控除はあと2年、変動金利と20年固定金利を2対3の割合で借りています。どちらから繰り上げ返済をすればいいでしょうか?

収支内訳
 

Yさんの家計簿は…

kkb-mark-171226

高金利のローンから返済すれば効果大

夫婦別財布とのことですが、貯蓄もしっかりとできて良好な印象です。

住宅ローンを変動金利と20年固定金利の併用で組んでいますが、繰り上げ返済は高金利のほうから実行すれば利息軽減効果も高いです。今後も貯蓄を積み上げつつ、無理せずに実行していきましょう。

少し気になるのは保障の部分です。共働き家計でペアローンを組んでおり、どちらかが万一の場合には、団体信用生命保険でカバーされるのは相手のローンのみ。自分のローンと家計費は以降も賄わなければなりません。死亡保障を保険料が割安な収入保障保険などで検討してはどうでしょう。

教育費は、公立に通うか、私立を受験するかなどで大きく変わりますので、まずは夫婦で方向性のすり合わせを。

老後資金は金額的な正解はありません。暮らし方や介護など、考え方によってさまざまです。60歳以降でないと引き下ろせないiDeCo(個人型確定拠出年金)や、NISA・つみたてNISAなど、税制優遇制度も使って準備しては?

井上陽子

井上陽子
家計の見直し相談センター相談員。ファイナンシャル・プランナー(CFP)

 

\あなたの家計簿を/
藤川さん・井上さんに見てもらえるかも!?

kkb-171019b

2017年10月から、人気の家計簿診断が「家計のお悩み 答えます」としてリニューアル。家計の見直し相談センターのファイナンシャル・プランナー(CFP)である藤川太さんと井上陽子さんが、交互で家計の悩みに対してアドバイスします。

現在、家計の相談内容を募集中。1カ月の家計簿と相談内容について応募すると、無料で藤川太さん・井上陽子さんに相談に対する回答がもらえるチャンス! この機会に、気になる家計の悩みを相談してみませんか。

※相談に対する回答は「リビング新聞」紙面上および「リビングWeb」、リビング新聞関連媒体で紹介します。また、応募者全員の相談には回答できかねます。了承の上応募してください
※家計簿の回答者は藤川さん・井上さんのいずれか1人です(編集部におまかせとなります)

相談する

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 変動・固定の住宅ローンを併用 繰り上げ返済はどちらが先?
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更