1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 再婚夫婦で、子どもが6人います 節約と働き方はどうすればいい?

再婚夫婦で、子どもが6人います 節約と働き方はどうすればいい?

相談する
家計相談受付中/家計相談受付中 相談する

再婚夫婦で、子どもが6人います
節約と働き方はどうすればいい?

千葉県・Pさん(61歳)【夫72歳】

妻が42歳の時に再婚。子どもは6人、海外留学を希望する19歳(大学2年生)の娘を除き独立。再婚後に家も購入し、住宅ローンが約700万円残っています。妻は加給年金の関係でフルに働けません。節約と、妻の働き方のアドバイスをお願いします。

収支内訳
 

Pさんの家計簿は…

老後は固定費を早くなくす努力が重要

毎月ギリギリの状態が続いています。確かに働き方が問題ですが、支出の問題のほうが大きそうです。

一般的に60歳以降は現役時代に比べ収入が大きく下がるもの。それに備えて、固定費がなくなるように生活設計すべきです。いまだに住宅ローン、保険料、仕送りと高い固定費を払っていることが家計を苦しめる最大の原因です。

まずは保険。遺族保障としての死亡保障は役割を終える時期。医療保障中心に見直せば、内容によりますが月1万円近い見直しができるかも。

住宅ローンは残債が少なく、借り換えでは諸費用で効果が打ち消されそう。そこで、借入金融機関へ金利の引き下げをしてもらえないか、一度交渉してみてはどうでしょう。

最後に、仕送りは節約が難しい費目。大学卒業までは自身の旅行費用を抑えるなど工夫を。海外留学の費用まで捻出となると破たんの可能性も。留学は社会人になりお金を貯めてからでも行けます。娘さんと話し合い、無理をしないようにしてください。

藤川太

藤川太
家計の見直し相談センター代表。ファイナンシャル・プランナー(CFP)

 

\あなたの家計簿を/
藤川さん・井上さんに見てもらえるかも!?

kkb-171019b

2017年10月から、人気の家計簿診断が「家計のお悩み 答えます」としてリニューアル。家計の見直し相談センターのファイナンシャル・プランナー(CFP)である藤川太さんと井上陽子さんが、交互で家計の悩みに対してアドバイスします。

現在、家計の相談内容を募集中。1カ月の家計簿と相談内容について応募すると、無料で藤川太さん・井上陽子さんに相談に対する回答がもらえるチャンス! この機会に、気になる家計の悩みを相談してみませんか。

※相談に対する回答は「リビング新聞」紙面上および「リビングWeb」、リビング新聞関連媒体で紹介します。また、応募者全員の相談には回答できかねます。了承の上応募してください
※家計簿の回答者は藤川さん・井上さんのいずれか1人です(編集部におまかせとなります)

相談する

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。
  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 再婚夫婦で、子どもが6人います 節約と働き方はどうすればいい?

会員登録・変更