産休・育休中の収入減が不安…今からでもできることを教えて!|家計の見直し | リビングくらしナビ
  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 産休・育休中の収入減が不安…今からでもできることを教えて!

産休・育休中の収入減が不安…今からでもできることを教えて!

相談する
家計相談受付中/家計相談受付中 相談する

産休・育休中の収入減が不安…
今からでもできることを教えて!

東京都・Sさん(24歳)【夫24歳】

結婚1年目、2月に出産を控え貯蓄や今後のやりくりが不安です。産休・育休取得中は、夫の収入と給付金で保育園の入園まで生活します。今後2人目や住宅購入(都内)も検討したいのですが、大丈夫でしょうか。見直しのアドバイスをお願いします。

収支内訳
 

Sさんの家計簿は…

見直すべき支出は、通信費と小遣い

出産で家計が回らなくなるのではないか…。漠然とした不安は、子育て支援制度などをしっかり使って乗り切りましょう。

産休・育休中の出産手当金・育児休業給付金は、産休前の賃金の3分の2程度(育休開始6カ月経過後は50%)が目安。会社によっては独自に支援制度を設けている場合もあるようです。

出産後は、自治体へ児童手当の申請を。さかのぼっては給付されないので、役所への届け出と同時に申請したいところです。現行通りなら、中学卒業まで200万円ほどの給付となります。貯蓄すれば学資金のベースにできますね。

なお、自治体により子育て支援制度もさまざま。医療費助成や保育料の一部助成など、自治体に確認しましょう。

家計簿上、大きな無駄はなさそうです。通信費のプラン変更と、産休・育休中の小遣い削減くらいは検討課題として。逆に、子どもの誕生を機に、掛け捨ての保障性の保険も一考を。職場復帰すれば貯蓄体質に戻れるでしょうから、心配し過ぎは禁物です。

井上陽子

井上陽子
家計の見直し相談センター相談員。ファイナンシャル・プランナー(CFP)

 

\あなたの家計簿を/
藤川さん・井上さんに見てもらえるかも!?

kkb-171019b

2017年10月から、人気の家計簿診断が「家計のお悩み 答えます」としてリニューアル。家計の見直し相談センターのファイナンシャル・プランナー(CFP)である藤川太さんと井上陽子さんが、交互で家計の悩みに対してアドバイスします。

現在、家計の相談内容を募集中。1カ月の家計簿と相談内容について応募すると、無料で藤川太さん・井上陽子さんに相談に対する回答がもらえるチャンス! この機会に、気になる家計の悩みを相談してみませんか。

※相談に対する回答は「リビング新聞」紙面上および「リビングWeb」、リビング新聞関連媒体で紹介します。また、応募者全員の相談には回答できかねます。了承の上応募してください
※家計簿の回答者は藤川さん・井上さんのいずれか1人です(編集部におまかせとなります)

相談する

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 産休・育休中の収入減が不安…今からでもできることを教えて!
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更