1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. どこからが“不要不急”の外出?大雪でも仕事や学校には行くべき?

どこからが“不要不急”の外出?大雪でも仕事や学校には行くべき?

2018年1月21日、関東甲信地方や東北地方で大雪のおそれがあるとして、気象庁と国土交通省は「大雪警報」を出しました。「不要不急の外出は控えて」とテレビやネットのニュースでも繰り返し報じられましたが、ほとんどの人は休むことなく仕事や学校へ向かいました。

「交通機関が動いているなら、時間がかかっても行くのが当然」と考える人もいれば、「上司がいいと言ってくれれば、家でもできる仕事なのになあ…」などと、内心ぼやきながら向かった人も少なくないでしょう。

行くのが大変とか、面倒くさいという本音(?)はさておき、大雪による事故などのリスクがあるのは事実。そこで、「大雪の日の外出」についてアンケートをとってみました。

180201_nc_snow_eye

大雪でも74%が出社、でも半数は出社する必要ナシ!?

まずは大雪の日でも出社するかどうかを聞いてみました。

Q. 大雪の日でも、あなたは出社しますか?

180131_nc_snow_01

※現在仕事をしていない、あるいはもともと出社の必要がない仕事をしている人は除く

結果は、やはり74%と大多数の人が「出社する」とのこと。会社の方針として休みになったり、自宅作業などへの切り替えが許可されるという人は9%、自主的に休みをとる人も同じく9%でした。

Q2. それは“本当に”休めない仕事ですか?

続いて、「出社する」と回答した人に、それが“本当に休めない仕事”なのかを聞いてみました。

180131_nc_snow_002

これに対して、約半数は「はい」との回答。でも、「いいえ」、あるいは「自宅でもできる仕事」だという人の合計も48%と、約半数に。

1日くらい休もうと思えば休めるはずだけど、会社や上司の指示がない、あるいは休める制度や雰囲気がないなど、何かしらの事情があり、無理をしてでも出社せざるを得ないという人がかなりの数いるようです。

もし、この半数の人たちが休めるようになれば、交通機関や道路の混雑もかなり緩和され、事故も減るのでは…と考えさせられてしまいます。

ほとんどの業種は「休業になってもガマンできる」!?

このように、自分が働く立場だと「大雪でも仕事を休めない」という人が多いのですが、逆の立場で考えてみると、どうでしょう。日常的に使うお店やサービスの中で、「大雪の影響であれば、1~2日くらい休業になってもガマンできると思う業種」を聞いてみました。

180131_nc_snow_003

医療機関や電車・バスなど、やはり公共性の高いものは「休まれると困る」と思う人が多いようです。しかし、それ以外の業種については、約半数から7割前後の人が「許容できる」と回答。「どれも休まれては困る」という人はごく少数でした。

「自分は休もうと思えば休めるが、休めと言われないかぎり出社する」のに、自分が利用するお店やサービスについては、休んでもいいと考えている。そんな人が多い日本人は、やはりマジメすぎるのかもしれません。

5割近くが「企業や学校がもっと対策すべき」

でも、この現状に対して、不満がないわけではないようです。大雪の日の対策についての本音で1番近い選択肢を選んでもらうと、以下のような結果に。

180131_nc_snow_004

45%と、半数近くが「企業や学校はもっと対策をとるべき」と回答。「国が規制すべき」の11%を大幅に上回りました。国は、規制はしないまでも警報を出しているので、それを受けて、次に動くべきは企業や学校だと考える人が多いのかもしれません。

一方、「自分で対策する」、あるいは「自分の判断で休む」など、個人の責任で動くべきだと考える人を合わせると15%。「行けるなら行くべき」という回答も22%と少なくありませんでした。

より具体的には、どう考えている人が多いのか? 最後に、皆さんから寄せられたコメントを見ていきましょう。

そこまでして通勤・通学する必要、ある?

・危険だし、混雑するのも想像できる。無理に外出してケガを負ったり、最悪死んだら誰が責任を取るのか? 自己責任? なぜ企業や学校は積極的に休みにしないのか。自分の判断で休んだ人間は悪口を言われたり評価を落とされたり…。よほどのことでないかぎり、振替出勤や登校でいいのではないか。(kumiho/神奈川/57歳)

・交通機関が麻痺しているような状況なのに、出勤を求められるような社会はおかしい。(寒いの大嫌い/大阪府/51歳)

・公共交通機関が運休や大幅遅延の場合は、緊急連絡網で学校や会社はお休みにするべきで、事前に取り決める必要があると思います。バスやタクシーの大行列や駅で入場制限するほどの混雑ぶりをニュースで見るたびに、ここまでして学校や会社へ行く必要はないのではと思います。たった1日なので、学校や会社はお休みにするべきだと思います。(michelle/東京都/60歳)

企業に言いたい!

●やっぱり、上の指示がなければ休めないのが現実…

・大雪で「不要不急の外出は避けて」と国が言っても、会社がそのような指示をしてくれなければ、いくら電車が遅れても、自宅周辺が雪などで大変な状態になっていても、会社に行かないわけにはいかないので、ツライです。(チョコミント/千葉県/36歳)

・取引先が納期変更や事務の締め日などを延ばすと言ってくれさえすれば、危険を冒して出社することもない。社会的弱者は、天候に関係なく予定どおりこなさなければならないことがあると実感する。(ちさ/愛知県/42歳)

・本当は行きたくないですが、営業の仕事なので相手があり、休めない状況です。上司には、アポがない場合は自由出勤制にしてほしい…とお願いしました!(イヴ/宮城県/45歳)

・夫は雪の降りが少し激しくなったところで帰宅を考えたけれど、出向中の身で自分だけ帰るわけにはいかず、結局ラッシュ時に帰宅。個人の判断では「自己責任」という言葉のもとに不利な状況に置かれる人もいるので、企業のトップの人にはもっと早く決定してほしい。通勤にかかる時間が1時間延びるごとに特別手当てを出すなどの制度があったら、会社も早めの帰宅を促すような気がします。(ふうり/神奈川県/39歳)

●早めに帰してくれるのはいいけれど…

・今回の大雪の日、うちの会社でも15時頃には帰宅OKが出ましたが、皆そうだったらしく、早くから電車は満員。そんなにたくさんの人が帰れるなら、早々に「今日は休んでいいです」と指令を出してほしい。(フラスタ/東京都/49歳)

・みんなが一斉に早目の帰宅をするので、交通機関の乱れに対し、乗客が多すぎて対処できない。時間差で帰すなど、分散させる必要もあると思う。(まりのすぽると/大阪府/60歳)

●もっと取り入れませんか?在宅ワーク

・4年前の大雪の時は、昼にはやむことがわかっていたので午前中は家で作業し、午後から会社に行った。朝から会社に行った人はいつも以上に通勤に時間がかかり、結局午前中は仕事にならなかったらしく、非効率すぎてばかばかしい。もっと在宅ワークの導入を進めるべき。(くいしんぼうや/東京都/41歳)

・職場から遠いところに住んでいた時、朝、上司から今日は休んでいいと連絡が来たことがありました。やはり、部下の立場では勝手に休めないので、上司から言ってくれてありがたかったです。大雪に限らず、デスクワークの人は出勤しないでもできる仕組みは、今後、必要だと思いますし、チェーン店などは本社がちゃんと判断すべきだと思います。(ゆずゆん/兵庫県/33歳)

日本人は、国が言わなきゃ休めない?

・日本人は責任感が強すぎるのか、天候が悪化していても通勤・通学を強行する傾向が高い。もっと臨機応変に対応できたら良いが、個人や企業の考え方だけではどうにもならないので、ぜひ国が率先して外出禁止令を出してほしいと思う。不要な事故や渋滞も減らせるし、防止できると思う。(ぐるっぽ/千葉県/51歳)

・国やメディアがいくら注意を喚起しても、会社が休みにならないと出勤せざるを得ません。国から企業へと直接、出勤を控えるように指導してほしいと思います。スリップした車にぶつかったり、医療従事者など本当に休めない人たちが渋滞に巻き込まれたりなど、社会的にも悪影響だと思います。出勤したところで、取引先も皆、遅刻や不在などで、正直仕事にならないことが多く、何のための出勤なのか、疑問な場面も多々あります。(テニス大好き/東京都/29歳)

・日本人は働きすぎ。命に関わること以外は休めばいいと思います。東京など、都会はみんなが出かけてしまうことで、立ち往生したり、駅が混んだり、問題が発生している。休むのが普通という意識づけを行政がしてほしい。(なぽ/兵庫県/39歳)

提案!こんな対策、どうですか?

・もっと融雪剤を道路にまくなどして路面凍結しないようにしてほしい(るる/神奈川県/49歳)

・雪道でスリップしている車の映像をニュースで見るが、雪の備えができていないなら、車の使用はダメだと思う。その無知と無責任が理解できない。それがわからない人への対策として罰金と減点を課すべき。(しろくま/大阪府/48歳)

・車にチェーン装着できない人が多いように聞きます、教習所での必修科目にしてはいかがでしょうか。(まみちゃん/茨城県/53歳)

・なんでインフルエンザが流行り、大雪が降るこの時期に、人生の岐路にかかわる入試をするのか? 自分が大雪で共通一次試験に遅れそうになった30年以上昔から何も変わっていないのが、不思議だし腹立たしい。(紫花豆/千葉県/53歳)

大雪でひどい目に遭った人たち

・昔、勤めていた会社で、上司に「這ってでも来い」と言われ、嫌な思いをした。その上司は車出勤だからどうにか行けるのであり、私は交通機関を利用しての出勤…。吹雪の中、這っていくなんて冗談じゃないと思い休みました。(ゆきんこばぁば/宮城県/62歳)

・高校生の時、昼頃から雪が降りだして、交通機関が止まりそうになったので、学校が途中で授業を打ち切った。しかし、すでにバスも汽車も止まっていて、雪道を家まで8km歩いて帰ることに。家に着いた時には、真夜中になっていた。(ゆき/香川県/65歳)

・前の会社では、大雪や大型台風の前日から「会社の寮に泊まれ」との命令。さすがに呆れました!(勤勉日本改革/埼玉県/57歳)

・車で出かける約束があったが、キャンセルした。相手にはとても嫌な顔をされてしまいました。でも事故の場合に責任をとるのは私なので、勇気を出して断りました。何事もなければ当たり前、事故の時は貴方の責任、というのはちょっとひどいと思いました。(勇気のない女/宮城県/74歳)

・ライフラインの会社なので、大雪や台風の時こそ需要が多い。しかしながら機器の故障や災害による破損で、受付の私たちに八つ当たりをする人の多さに辟易することが多い。混み合っているので譲り合って待ってほしいとお願いしても、暴言を吐いて押し通そうとする人もおり、人間性が垣間見える。(嬢/大阪府/36歳)

・子どもが大学センター試験の翌日で、センターリサーチを出さないとならず、高校の先生から遅れてでも必ず来いと言われて困った。隣のクラスの担任は、危険だからと電話で報告して済んでいたのに。(ともぞー/東京都/46歳)

・確実に仕事が稼働できない状況だったが、連絡がないため出勤した。雪解け水で脚が痛くてビショビショ。電車に乗り、数駅先で足止めとなり電車の動くのを待っていたら、ようやく電話がきてお休みとなりました。家を出てから足止めを食らった駅までの時間が、まさにムダになりました。(いちこた/東京都/44歳)

・夜、路面が凍結して吹雪いているなか、宅配ピザのバイクが走っていました。車でもワイパーがきかないくらい雪が吹きつけて見通しが悪かったのに、フラフラとバイクを走らせている姿を見て、転倒したら大変だろうし、こんな思いをして走っていても、早く届けないと届け先からは文句を言われるのだろうし…と、見ていてお気の毒で。そんな日に宅配を頼む人の常識が疑われると思いました。(めちゃこ/福島県/50歳)

・忘れられないのは、高校生のころ徒歩10分以内で行ける学校へ、苦労して30分以上かけて歩いて行ったのに、休校になってすぐに帰らなければならなくなったこと。大変でした…。(クーコママ/兵庫県/52歳)

手厳しい!? 雪国から届いたご意見

・大雪の日に外出を控えろとテレビで放送しているけど、雪国育ちの私からすれば、雪だから学校が休みや仕事が休みなんて考えられないです。やっぱり雪が降る地域だと綺麗に除雪されていて安全に走れるので。滅多に雪が降らない地域だと、除雪が微妙すぎて、逆に危なくて走れない! ちょっと溶けた時にもう一度除雪して綺麗にしてほしいのに、除雪してくれないからそれがまた凍ってわだちになって危なくて、「わかってないな~」とガッカリします。(さんちゅ♪/宮城県/34歳)

・雪があまり降らない地域で育った人は、雪に対する考えが甘いし、知識がなさすぎると思います。そういう人たちによって渋滞や遅延、事故やケガが発生しているように思います(もちろんすべてではありませんが)。滑りやすい靴を履いているとか、チェーンを使用しないとか。寒さ対策だけでなく、自分自身の安全をしっかりと確保してほしいです。(れもん/神奈川県/34歳)

・北海道在住なので、20cm程度の雪で「大雪」という本州のニュースには逆に驚く。車はスタッドレスタイヤ、靴は雪用の靴を履いていれば、ほとんど問題はない。50cm以上の降雪でバスが1時間来ないということも年に数回あるが、慣れているので諦めもつく。(雪ん子/北海道 47歳)

・酷寒の北国に住んでいて雪は常なので、どうして首都圏はこうも大雪に弱いのかと不思議に思う。報道などで前々から大雪・低温の気象情報は出されているのだから、事前に対策をすべき。服装を見ても、滑って危ないと予測できるはずなのに、ハイヒールとか滑り止めなしの靴とか、こちらではありえない。なんら対策も打たず、ちょっとでも雪が降れば交通がマヒ。かといって出勤・通学規制もしないなんて、おかしいのでは。東北の電車は少しの雪程度で止まったりしないし、大騒ぎするほどのことではありません。国も企業も市民も、管理が甘いと思います。(もりのうさぎ/岩手県/36歳)

***

このほか、無理をして会社や学校に行った結果、「転んでケガをした」「車がスリップして怖かった」というコメントが数多く寄せられました。首都圏でも、数年に1回はやってくる大雪。みんなが一斉に休業・休校!というのは難しいとしても、せめて大雪警報が出た時くらいは、もっと早い段階で出退勤・登下校の時間をずらす、在宅ワークが可能な職種には導入する、雪国を見習ってできる対策をするなど、まだまだできることがあるのでは?と、考えさせられるアンケート結果でした。

■リビングWeb アンケート実施期間:2018年1月23日~1月29日、有効回答数:599


★あわせて読みたい!
台風のとき怖いのは、雨?風?
9月1日「防災の日」、スマホに入れたいアプリ3つ
もはや保存食を超えた!?今どきのユニーク缶詰3種
外出中の備えは万全?100均でそろう「防災ポーチ」の作り方
今年は台風の当たり年!?もしもの時に知っておきたい制度

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. どこからが“不要不急”の外出?大雪でも仕事や学校には行くべき?
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更