1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 検証!テレビでも話題の100均「網戸洗い用スポンジ」の実力は?

検証!テレビでも話題の100均「網戸洗い用スポンジ」の実力は?

明るい日差しに誘われ、ふと窓を見ると…網戸の汚れが気になる!ということ、ありませんか? 風が強い春は、網戸にもほこりや花粉が付着しやすい時期ですが、こまめに掃除するのは大変! そこで注目したのが、テレビでも紹介された100均の網戸用スポンジ。その使い方と実力をレポートします。

網戸用のスポンジ、普通のスポンジとどう違う?

1803_nc_amido_01

筆者が購入したのは、キャンドゥの「にぎって洗えるあみ戸洗い」。網戸洗い専用のスポンジで、黒い部分が持ち手になっています。表面の白い部分が短いブラシ状になっていて、網戸の細かい網目から汚れをかき出すという仕組み。

キャンドゥのほか、セリアでも同様の製品を販売しているのを見かけましたが、いずれも品切れの店もあるほど人気のよう。

雑巾や網戸掃除用シートとの違いは?

今回、網戸洗い用スポンジの実力を知るために、雑巾と網戸掃除用シートも使って比較してみることにしました。

まずは、どの家にもある雑巾から挑戦。

1803_nc_amido_02

水で濡らした雑巾で網戸を拭いてみると、雑巾に汚れは付きますが、網戸を見ると汚れはまだまだ落ちていません。雑巾の細かい繊維が網戸に引っかかり、イライラすることも…。

続いては、同じく100均の「網戸用クリーナー」。ウエットティッシュのようなシートです。

1803_nc_amido_05

使用方法に「2枚使い、網戸を挟むようにして拭く」と書いてあります。たしかに、この方法を試してみるときれいになります。しかし、大きい網戸や格子のある窓だと、両手を伸ばして拭くのは難しい箇所も…!

使い捨てなので、気軽に使えるのはいいですね。頻繁に掃除をしなければコスパも悪くありません。

いよいよ、網戸洗いスポンジの登場!

網戸洗いスポンジは、使用方法に「中性洗剤を使用して」と書いてあります。そこで水を含ませたスポンジに風呂用洗剤をつけて泡立て、網戸をこすってみると…。

1803_nc_amido_04

軽くなでただけで汚れが落ちる! スポンジでこすった部分だけ白っぽくきれいになっているのがわかるでしょうか。

洗剤の泡はあまり持続せず、“洗っている感”はあまりしません。しかし、力を入れなくてもどんどんきれいになるので、あっという間に掃除完了。

わが家の網戸は汚れがひどかったので、外側を掃除した後に内側からも軽くなでてみたところ、さらにスッキリ! 窓に格子がついていて内側からしか掃除できなかった窓も、今までで一番の仕上がりです。

注意点としては、窓の下にほこりがたくさん落ちること。あらかじめ新聞紙や大きめの古いタオルを広げて敷いておくのがオススメです。

今回、リビングの網戸2枚と寝室・子供部屋の網戸を掃除しましたが、きちんと洗えば、次回も使えるくらいの汚れ残りに。これなら繰り返し何度か使えそうです。これで春の嵐も花粉も怖くなくなりますね!

(文・吉田聡子)


★あわせて読みたい!
100均で買える!キッチンの便利グッズおすすめ3選
見つけたら即買い!100均のコンテナボックスでおしゃれ収納
デザイン豊富!100均の「転写シール」で簡単リメイク
捨てるの待った!100均グッズで靴のリペアをしてみよう
100均で買うべきもの&100均グッズ活用法まとめ

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 検証!テレビでも話題の100均「網戸洗い用スポンジ」の実力は?
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更