1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 日本初出店が6店も!「東京ミッドタウン日比谷」注目のお店は?

日本初出店が6店も!「東京ミッドタウン日比谷」注目のお店は?

「THE PREMIUM TIME, HIBIYA」というコンセプトのもと、非日常のハレの場を体感できる新たなランドマーク「東京ミッドタウン日比谷」が、2018年3月29日(木)にグランドオープン。日比谷公園を眺めながら食事ができるカフェをはじめ、都内最大級のシネコンなど、魅力にあふれる新スポットをさっそく訪ねてきました。

midtownhibiya1

初出店、初業態店が目白押し!注目店は?

東京ミッドタウン日比谷は、地上35階、地下4階、総面積約18万9000m2(商業施設は地上7階、地下1階、店舗面積約1万8000m2)。全60店舗のうち、日本初出店が6店、新業態が22店、商業施設初出店が15店と、初めてづくしです。

midtownhibiya3フランス料理が気楽に楽しめる「Buvette」で人気の「タルトタタン」と「チョコレートムース」

なかでも注目は、伝統的なフランス料理をカジュアルにに楽しめる「Buvette(ブヴェット)」。2011年にニューヨークに誕生して以来、絶大な人気を誇るお店で、海外進出はパリに続いて2店舗目となります。

midtownhibiya6アンティークに囲まれた店内は、どこか懐かしい雰囲気

オーナーシェフのジョディ・ウィリアムズ氏が目指すのは、”街の小食堂”。レストランでもビストロでもない、朝から晩まで、食べること、飲むことを楽しめる空間です。

朝の熱いコーヒーに始まり、ランチにはヘルシーでボリューム満点のサラダをさくっと。ティーブレイクには人気の「タルトタタン」や「チョコレートムース」でほっこり。夜は仲間と「鴨のリエット」や鶏肉の赤ワイン煮「コック オ ヴァン」を囲みながらお酒を傾ける…。いつ訪れても楽しめるメニューがそろっています。

平日は8:00から、土日祝日は9:00から23:30(L.O.22:30)まで、1日のさまざまなシチュエーションに合わせて、格式張らずにくつろげます。心地よいテラス席も。

midtownhibiya4 midtownhibiya5オープン前に駆けつけたオーナーシェフのジョディ・ウィリアムズ氏/伝統的なフランス料理を気楽に

観劇の前後に立ち寄れる「HIBIYA FOOD HALL」

地下1階には、バラエティに富んだ8つの専門店が集う「HIBIYA FOOD HALL」があります。オープンスペースには共有テーブルがずらりと並び、さまざまな料理をテイクアウトして楽しめます。

開店時間は店舗によって異なり、9:00~11:00、閉店時間は23:00。東京メトロ「日比谷」駅と直結しているので、観劇前後のひとときや、待ち合わせにも便利です。

midtownhibiya8 midtownhibiya7「HIBIYA FOOD HALL」は、共有のテーブルも多く、ランチや休憩に気軽に使える

「Bar & Tapas Celona(バル&タパス セロナ)」は、グラスワインの価格も良心的なスパニッシュバル。カウンターに並んだ色鮮やかでサイズ大きめのピンチョスは、観劇前にお腹を満たすのによさそうです。

midtownhibiya13「Bar&Tapas Celona」のピンチョスはオープンサンドのように大きめで、324円から
「JEAN FRANCOIS(ジャン・フランソワ)」は、工房一体型店舗で焼き上げた50種類以上のパンが自慢のベーカリー&カフェ。系列店では初の”パン飲み”が楽しめる店として、パンに合うワインや、「パン&とろーりラクレットチーズ」などのディナーメニューをそろえています。

midtownhibiya9 “オトナのパン飲みができる新スタイル”を打ち出した「JEAN FRANCOIS」初のアルコール提供店

「Mr.FARMER」は、「美と健康は食事から」をテーマとした、野菜がおいしく食べられるカフェ。チキンや卵などタンパク質も豊富で野菜たっぷりの人気サラダのほか、動物性のものを一切使わないヴィーガンメニューもあり、テイクアウトメニューも充実しています。

midtownhibiya10 midtownhibiya15
「JEAN FANCOIS」の日比谷店限定「レアチーズクリームパン」/自然派ワインで乾杯したい「Mr.FARMAR」

このエリア以外にも、テイクアウトができる店舗はいくつかあります。

ナチュラルなスキンケアとモードなメイクが人気のコスメブランド「THREE」が展開する、新業態レストラン「RIVIVE KITCHEN THREE(リバイブキッチン スリー)(2階/11:00~21:00)のデリカテッセン。グルテンフリーやビーガン対応のヘルシーなスイーツ、サラダなど、レストラン同様に「体の内側から美しく、心地よく」というテーマに沿って作られています。

midtownhibiya17 midtownhibiya18
「RIVIVE KITCHEN THREE」のデリカテッセンには、ヘルシーメニューがたくさん

大人がゆったり過ごせるプレミアムな映画館

東宝グループ創業の地でもある日比谷に誕生した「TOHOシネマズ日比谷」。東京ミッドタウン日比谷の11スクリーンと、隣接する東京宝塚ビル地下の2スクリーンを一体運営することで、全13スクリーン、約2800席の都内最大規模の劇場空間となります。

東京ミッドタウン日比谷4階のロビーは、”映画の宮殿 THE MOVIE PALACE(ザ・ムービーパレス)”のコンセプトどおり、まるで宮殿の舞台のよう。巨大スクリーンのような窓から公園を一望し、エンタメ気分が高まります。

midtownhibiya20

これまでの劇場にない最高の劇場体験ができると話題の「プレミアムシアター」では、同席数のスクリーンより画面サイズを120%拡大した「プレミアム ラージ フォーマット」、コンサートホールのような音響空間「プレミアム サウンド」、ラグジュアリーな座り心地の「プレミアム シート」と3つのプレミアムが体感できます。

オプションのプレミアム シートは2種類。1人でじっくり映像に浸りたいなら「プレミア ボックス シート®︎」。革張りのシートの木目調のボックスで仕切られたセミプライベートな空間です。よりラグジュアリーに過ごしたいなら「プレミア ラグジュアリー シート®︎」。包まれるような座り心地の革製シートに身を預け、心ゆくまで映画だけに集中できそうです。

最上級の設備を誇る映画館で、たまには、ゆったり映像に浸る大人の休日を堪能してはいかがですか?

midtownhibiya22 midtownhibiya23
「プレミア ボックス シート®︎」46席(鑑賞料金+1000円)/「プレミア ラグジュアリー シート®︎」10席(鑑賞料金+3000円)

建物内外のデザインの美しさも楽しみのひとつ。鹿鳴館からインスピレーションを受けた「ダンシングタワー」というコンセプトの建物は、曲線的なカーブが印象的。スペイン広場のような階段状円形広場「日比谷ステップ広場」や、眼下の日比谷公園を眺めながらベンチでくつろげるテラス「パークビューガーデン」(6階)など見応えあるデザインを探して歩く楽しみもあります。大人が豊かな時間を過ごせる東京ミッドタウン日比谷。ぜひ訪れてみてくださいね。

midtownhibiya26 midtownhibiya24

「東京ミッドタウン日比谷」
住所:東京都千代田区有楽町1-1-2
URL : https://www.hibiya.tokyo-midtown.com/jp/
コールセンターTEL:03-5157-1251(11:00〜21:00)

※2018年3月22日内覧会時点の情報です。詳細は各店舗、東京ミッドタウン日比谷公式HPなどで確認を。

(文:深田ユウ)


★あわせて読みたい
GINZA SIX にも!銀座でおすすめの無料休憩スポット3選
日本人なのに知らなかった!?こだわりの“日本茶カフェ”でおいしさ再発見!
生ハム食べ放題も♪パワーチャージできる都内のモーニング3選
一流オペラが3600円!?歌舞伎もオペラもお得に楽しめる「ODS」って?
長さ40cm!絶対食べたい!日本一長~い原宿のソフトクリーム

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 日本初出店が6店も!「東京ミッドタウン日比谷」注目のお店は?
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更