1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. イケアに「手づくり感」をとことん追求した新コレクションが登場!

イケアに「手づくり感」をとことん追求した新コレクションが登場!

スウェーデン発祥の北欧家具や雑貨が大人気のイケアストアでは、4月1日よりオランダのデザイナー兼職人であるPiet Hein Eek(ピート・ヘイン・イーク)との新コレクション「INDUSTRIELL/インドゥストリエル」の販売をスタートしました。先がけて開催された発表会の様子と新コレクションについて紹介します。

ikea4
スウェーデン大使館で行われた発表会にて

職人による手仕事のこだわりを高品質のまま低価格で

ピートは、廃材を使いユニークで美しい家具をつくり出すことで知られています。「一点もの」にこだわり、捨てられていく資材に新たな価値を見出して、多くの時間と手間をかけてつくられるプロダクトは、時に単価が上がってしまうという現状がありました。

イケアの理念は、「良いデザインはみんなのものである」ということだと、イケア・ジャパンのDeputy Marketing Managerのアンナ・オーリンさんは言います。「職人による手づくりの家具を高品質のまま低価格にし、より多くの人に届けることができないか」というイケアの想いが、ピートの想いと重なって開発されたのが、「INDUSTRIELL/インドゥストリエル」コレクションです。

このコレクションは、工場生産の工程を踏みながらも、量産体制につきものの均一性をなくし、もっと人間味や個性のある製品を手ごろな価格で実現しています。

ikea1ikea3

イケアの新たな試みー量産品としては規格外の商品

ピートがこのプロジェクトに加わった当初、不満に感じたところは、イケアの製品が「あまりに完璧なところ」。

手仕事のこだわりを再現した商品を量産するため、世界を飛び回って、木材、ガラス、陶器、テキスタイルなどの素材を吟味してきました。また、技法としてもグラスを左右別々につくって微妙なバリエーションが出るように工夫したり、実際にピートが手書きした模様をキッチンクロスに再現するなど、今までのイケアにはなかった新たな生産方式ができあがりました。

大量生産するがために出てしまう廃材も100%活かしきるよう努めました。シェルフユニットなどは、のこぎりを引くときと、ねじ穴を開けるときに出る木屑以外のすべての資材が商品に活かされています。

こうしてできた商品はどれも量産品としては規格外で、家の中にあたたかみをもたらすデザインとなっています。

ikea2
来日した、ピート・ヘイン・イークさん(写真左)と、IKEA of Swedenグスターブソンさん(写真右)

ピートが「自分のDNAが組み込まれた商品」という自信作。ぜひイケアの店舗で実際に手に取って確かめてみて。

【公式】IKEAオンライン ストア | ホーム – IKEA
https://www.ikea.com/jp/ja/
INDUSTRIELL/インドゥストリエル コレクション
https://www.ikea.com/jp/ja/catalog/categories/collections/37124/

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. イケアに「手づくり感」をとことん追求した新コレクションが登場!
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更