1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 横山大観展が始まりました!

横山大観展が始まりました!

横山大観展が始まりました!

皆さまこんにちは。

もう少しでゴールデンウイークですね。
そんな中、待ちに待った展覧会「生誕150年 横山大観展」が始まりました。
ひと足先に見てきました~。

sCIMG5649

横山大観(1868~1958)の生誕150年と没後60年を記念した回顧展。
いろいろな富士山や圧倒されるような大胆な日本画はおなじみですが、
繊細なタッチで描かれる植物や愛らしい動物…、
大好きなんです(^^♪

sCIMG5619
《群青富士》 大正6年ごろ 静岡県立美術館

岡倉覚三(天心)に薫陶を受けた横山大観は、
日本画の新しい潮流を推し進め、やがて日本の美術界を牽引する存在に。

西洋から多くのものが押し寄せる中、
日本の絵画の伝統的な技法を継承しつつ、
自在な画風と深い精神性を備えた数々の大作を生み出した大観。

この大観の作品90点が展示されるというのでワクワクです。

sCIMG5690
《名家寄書き(右)》 明治34年8月 交益財団法人 二階堂美術館
横山大観、菱田春草、寺崎広業、西郷孤月の寄せ書き

sCIMG5696
《柚子》 昭和5年9月 公益財団法人 二階堂美術館

sCIMG5616
《山茶花と栗鼠》大正2年3月 セゾン現代美術館

今回の注目は、日本一長い画巻《生々流転》(重要文化財)、
《夜桜》《紅葉》の同時展示(※5/8~27に展示)や
100年ぶりの発見となった《白衣観音》など。

大観の代表作から新作まで、
“オール大観”で構成されているので、お見逃しなく!

★人気作《夜桜》《紅葉》の同時展示(※5月8日~27日)を見るため、
後半に行こう!と思っている人、5月6日(日)までは《朝陽霊峰》《龍蛟躍四溟》
(いずれも宮内庁三の丸尚蔵館蔵)の同時展示があります。こちらも見逃せません!

「生誕150年 横山大観展」

会期:4月13日(金)~5月27日(日)
会場:東京国立近代美術館(東京・北の丸公園)
開館時間:10:00~17:00(金・土曜は20:00まで)
※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜※4月30日(月・振休)は開館
観覧料:一般1500円、大学生1100円、高校生600円
主催:東京国立近代美術館、京都国立近代美術館、日本経済新聞社、毎日新聞社
巡回情報:京都展2018年6月8日(金)~7月22日(日)

詳しくはホームページをチェック
http://taikan2018.exhn.jp/

この記事を書いた人さんご
四国八十八カ所お遍路満願が夢!

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 横山大観展が始まりました!
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更