ドコモにメルカリ、LINEも参入!「自転車シェアリング」ってどうなの?|ニュースコラム | リビングくらしナビ
  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. ドコモにメルカリ、LINEも参入!「自転車シェアリング」ってどうなの?

ドコモにメルカリ、LINEも参入!「自転車シェアリング」ってどうなの?

都心では、駅からちょっと離れた場所に行く時って不便ですよね。徒歩か、バスか、タクシーか…。そんな時、もし駅前で自転車を借りて、目的地の近くで返却できたら便利だと思いませんか? そこで今回は、対応エリアが拡充してきた都内の自転車シェアリングを体験してみました。

sharecycle6「東京自転車シェアリング広域実験」の電動自転車(画像提供:ドコモ・バイクシェア)

そもそも「自転車シェアリング」って?

自転車シェアリングとは、エリア内に複数設置された「ポート」と呼ばれる貸出拠点で、自転車を借りられるサービス。観光地などにあるレンタルサイクルと大きく違うのは、借りたところとは別のポートに返却できる点です。

レンタカーで借りたクルマを別の支店に返却するようなイメージ。これなら用途も広がりそうですよね。

交通渋滞の緩和に役立ち、環境に配慮したエコな“交通インフラ”ということで、世界各国で普及が進んでいます。日本でも、2020年に向けてIT業界も次々と参入。活用が推進されつつあります。

現在、利用者の半数は通勤・通学

自転車シェアリングは、対応エリアが狭いと活用法が限られてしまうのがネック。たとえばA区からB区まで自転車で移動したくても、返却するために、またA区まで戻らなければいけないとしたら、別の交通手段を選んだほうがラクですよね。

今回、筆者が利用した「東京自転車シェアリング広域実験」では、現在、千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、江東区、品川区、大田区、渋谷区の9区が連携。当初は各自治体ごとに導入していましたが、相互乗り入れができるようになりました。運営はドコモ・バイクシェアが行っています。

ポートにある電動自転車は5600台(2018年3月末時点)。鮮やかな赤のカラーリングがおしゃれで、自転車用保険も付いているので安心です。

都心部という土地柄もあり、利用者の半数は、通勤・通学か、ビジネス利用の30〜40代男性だそうですが、観光スポットなどでもよく見かけるようになってきています。

これからの季節、都内のお出かけに使っても楽しそう! というわけで、実際に筆者も使ってみました。

スマホで簡単!登録&利用方法の流れを確認

1. まずは料金プランを選ぼう

会員登録の前に、自分の利用目的に合った利用プランを決めておきましょう。

個人向けの利用プランは、使いたい時だけ使える「1回会員」と、通勤・通学などの定期利用に便利な「月額会員」、仕事や観光などで丸1日使いたいときにオトクな「1日パス」の3種類。

今回、筆者が選んだ「1回会員」は、基本料金0円。利用料金は、最初の30分が162円、その後、30分超過するごとに108円ずつかかります。例えば、2時間乗ったら486円という計算。

もちろん途中のコンビニや目的地で一時駐輪することもできますし、ちょうどよい位置にポートがあれば、一度返却して、用事が済んだらまた借りて…という使い方もできます。

2. 登録には、携帯電話(スマートフォン)とクレジットカードが必要

プランを決めたら、いよいよ会員登録です。

PC、または携帯電話で公式サイトにアクセスし、入力フォームにそって、電話番号、携帯電話で受信可能なメールアドレスなどを入力していきます。支払いに使うクレジットカード情報も必要です。

また、登録時には「会員証」の登録の有無も選べます。登録すると、Suicaなど手持ちの交通系ICカードと連携し、自転車を借りる時にICカードをかざすだけで済むように。今後も使う予定があれば登録しておくと便利です。

180525_docomo_share
(画像提供:ドコモ・バイクシェア)※画像をクリックすると拡大できます

3. ICカードをかざして、いざスタート!

会員証を登録した場合は、サドルのうしろに付いている端末で、三角形のスタートボタンを押して、読み取り部分にICカードをかざすだけ。

会員証を登録していない場合は、会員サイトかアプリで利用予約をし、取得したパスコードを入力します。施錠がはずれたら、いざ利用スタート!

ハンドルの左側についている電源ボタンをオンにすると、充電残量を確認できます。サドルの高さなど、自転車の状態をしっかりチェックしてから乗りはじめましょう。

sharecycle4 sharecycle21貸し借りはサドルのうしろに付いている操作パネルから/充電状態の確認は重要

返却する時は、近くのポートに止めて鍵をかけ、矢印形のエンターボタンを押すだけ。すると携帯電話の登録メールアドレスに返却完了メールが届くので、受信を確認したら完了です。一時停止中やエンターボタンを押さずに返却した場合は、料金がかかり続けるので注意を。

sharecycle221
ラックが満車の場合でも、ポート内に置けば返却できます(画像提供:ドコモ・バイクシェア)

皇居一周サイクリング体験

筆者は今回、皇居周辺を一周する観光に使ってみました。まずは二重橋駅付近のポートからスタートです。

右手に大手町の官庁街のビルを眺めつつ、内堀通りを進みます。東京国立近代美術館辺りで、ゆるい坂道となりますが、電動自転車なので影響なくスイスイ。

sharecycle26 sharecycle24歩行者優先でゆっくり走行。マナーはしっかり守って/平日の代官町通りは人通りが少なく、緑が爽やか

そのまま走っていくと、右手に重要文化財である「東京国立近代美術館 工芸館」が見えてきました。日本人技術者が設計した数少ない明治洋風レンガ造りの美しい洋館です。

sharecycle18 sharecycle17
旧近衛師団司令部庁舎だった「東京国立近代美術館 工芸館」/自然豊かな千鳥ヶ淵を望む
三宅坂あたりの下り坂も軽快に走行。返却は、いま話題の「東京ミッドタウン日比谷」のポートへ。借りた場所とは別のポートで返却できるのは、やっぱり便利!

sharecycle23 sharecycle14
東京ミッドタウン日比谷に到着/途中でティーブレイクを楽しむことも

皇居を一周するだけなら30分もあればできますが、筆者は途中で写真を撮ったり、風景や建物を眺めたり、観光も楽しんだので、約1時間かかりました。それでも、かかった料金はたった270円。

新緑がまぶしいこの時期、都心を自転車で走る体験は思った以上に爽快! しっかりリフレッシュできました。

sharecycle2お堀を眺めながらゆっくり走るのもいいもの

たった1時間弱の利用でしたが、ただ自転車で都心を走るだけでも、いつもと違った視点で楽しめました。

一度使ってみると、「自分のペースで移動できる自転車で、あの街を巡ってみたい」とか、「ポートが近所にあれば、買い物の荷物が重い時に使えるかも」など、利用するイメージが湧いてきます。

専用アプリをインストールすると、会員登録をしなくても最寄りのポートが確認できるので、まずは一度、近くにポートがないかチェックしてみてはいかがでしょう。

メルカリやLINEのほか、ソフトバンクやHISのグループ会社など、大手企業の参入や業務提携が相次ぐ自転車シェアリング業界。今後、新たな”交通インフラ”として定着していくのかもしれません。うまくハマればタクシーより安くて便利。あなたもぜひ一度、試してみてくださいね。

取材協力:ドコモ・バイクシェア http://www.d-bikeshare.com
専用アプリ:ドコモ・バイクシェア ポートナビ[ iOS版   Android版

(文:深田ユウ)


★あわせて読みたい!
日本初出店が6店も!「東京ミッドタウン日比谷」注目のお店は?
梅雨時こそオススメ!日々の“ちょい乗り”に便利なカーシェアリング
急速に進化中!話題の最新「セルフレジ」を使ってみよう
あの“シメパフェ”も渋谷に!東京進出を果たした注目の絶品グルメ3選
日本人なのに知らなかった!?こだわりの“日本茶カフェ”でおいしさ再発見!

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. ドコモにメルカリ、LINEも参入!「自転車シェアリング」ってどうなの?
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更