1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 出産を控え、漠然と先が不安に。収入に対し支出や貯蓄額は妥当?

出産を控え、漠然と先が不安に。収入に対し支出や貯蓄額は妥当?

相談する
家計相談受付中/家計相談受付中 相談する

出産を控え、漠然と先が不安に。
収入に対し支出や貯蓄額は妥当?

神奈川県・Sさん(33歳)【夫39歳】

この春に第一子を出産予定で、今後2人目も考えています。2年前に結婚し、ある程度の額を決めて 夫婦で貯蓄していますが、収入に見合っているのか、どこを抑えるべきなのか、今後の教育費や老後資金がこのままで足りるのか漠然と不安です。

収支内訳

Sさんの家計簿は…

「家庭の将来像」を夫婦で話し合おう

基本生活費以外は夫婦別財布のDINKS家計ですが、出産を控え、「家庭の将来像」を描く時期に来ているようです。

最近は晩婚化の影響で、教育資金・住宅資金・老後資金の準備も同時進行のケースが多くみられます。出産後の妻の復職時期。フルタイムか時短か。住宅は購入するか。子どもは早い段階から私立を受験するかどうか。今のうちから夫婦で話し合って、しっかりとしたビジョンを持てば、「いつまでに・いくら必要」といった資金計画も明確になるはず。

その結果によっては、お小遣いは大幅削減が必要かもしれませんね。また、効果が継続する「固定費」の見直しはマストです。光熱費や通信費は、割安なプランへ変更するなど、見直し効果が期待できそう。

子どもが生まれたら、保障性の高い保険も検討を。現在、貯蓄性の保険が複数あるなら、掛け捨てで保険料の安い「収入保障保険」などに変更も視野に入れてみては?

さらに、児童手当などの子育て支援は申請を忘れずに、しっかり給付を受けましょう。

井上陽子

井上陽子
家計の見直し相談センター相談員。ファイナンシャル・プランナー(CFP)

 

\あなたの家計簿を/
藤川さん・井上さんに見てもらえるかも!?

kkb-171019b

2017年10月から、人気の家計簿診断が「家計のお悩み 答えます」としてリニューアル。家計の見直し相談センターのファイナンシャル・プランナー(CFP)である藤川太さんと井上陽子さんが、交互で家計の悩みに対してアドバイスします。

現在、家計の相談内容を募集中。1カ月の家計簿と相談内容について応募すると、無料で藤川太さん・井上陽子さんに相談に対する回答がもらえるチャンス! この機会に、気になる家計の悩みを相談してみませんか。

※相談に対する回答は「リビング新聞」紙面上および「リビングWeb」、リビング新聞関連媒体で紹介します。また、応募者全員の相談には回答できかねます。了承の上応募してください
※家計簿の回答者は藤川さん・井上さんのいずれか1人です(編集部におまかせとなります)

相談する

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 出産を控え、漠然と先が不安に。収入に対し支出や貯蓄額は妥当?
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更