1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 資料を痩身します?禿げ増し会う? クスッと笑える「言い間違い」&「誤変換」エピソード!

資料を痩身します?禿げ増し会う? クスッと笑える「言い間違い」&「誤変換」エピソード!

和むことも…実は奥が深い!? 言い間違い&誤変換ワールド

誤変換

舌が回らなかったり勘違いして覚えていたりして、うっかり言い間違えちゃった~!なんてことありますよね。また、SNSやトーク、メールなどで誤変換したまま送信してしまい、後で気付いて恥ずかしかった…という経験がある人も多いのでは。そこで今回は、「言い間違い」&「誤変換」についてリサーチ。みなさんから寄せられた、クスッと笑える「言い間違い」&「誤変換」エピソードを紹介します。

※アンケート実施期間:2018年5月2日~5月16日、有効回答数:224

Q. よく「言い間違い」や「誤変換」をしてしまうほうですか?

「よくする」「ときどきする」が合わせて69%となり、多くの人が言い間違いや誤変換を経験したことがあるということがわかりました。また、言葉がおぼつかない子どもならではのカワイイ言い間違いや、同音異義語が多い日本語ならではの誤変換エピソードも多数寄せられました。

爆笑!? ホラー!? 珠玉の「言い間違い」&「誤変換」エピソード集!

ウフフ… カワイイ言い間違い♪

  • 子どもが『金田一少年の事件簿』というドラマを見ていた頃、決め台詞の「じっちゃんの名にかけて」を「じっちゃんになりかけて」と言い間違っていた。(NM)
  • 言葉を覚えつつある2歳の娘。言い間違いはしょっちゅうだが、最近のヒットは「あいすくむーり」。何度教えてもアイスクリームが言えないようで、今日も「○○ちゃんも、あいすくむーりが食べたいな」と1人つぶやいている。(ぬって)
  • 私のおばあちゃんは「PS4」のゲーム機を「PSポー」と思っていた。(ゆうひま)
  • 夫は外国出身で日本語のオノマトペがあまり得意でなく、「プラプラ歩く」というところを「プリプリ歩く」と言う。最初は違うよと教えてあげていたが、カワイイので最近は言い間違えてもそのままにしている(笑)。(なべ吉)

こ、怖すぎる… 戦慄の誤変換!

  • 職場の上司に提出した自己申告書。「~したいです」としたかったのに「~死体です」と誤変換していた。(かんぱん)
  • 「茹で卵」を「茹でた孫」と変換した。(バブちゃん)
  • 職場の人からの書類で「富士見病院に入院」が「不死身病院に入院」となっていた!(ぷーこ)
  • 目の病気の手術で「硝子体」が「焼死体」となっていた。(ようこママ)
  • 「大腿骨」と入力すると「抱いた遺骨」と出た。(ミケランジェロ)
  • 「はい、写真だよ」を「歯医者死んだよ」と送ってしまった…。送り先が母でよかった。(さゆり)

やっちゃったー!

  • 「じいじ」を「じじい」と書いてしまった。(りんご)
  • 帰宅前の夫に「牛乳買ってきて。この前買ったのがおいしくて! 日本ね、忘れないでね♪」とメール。普段なら買い物を頼んでも30分くらいで帰宅するのに1時間以上経っても帰ってこないので心配になり電話したところ、“日本”という銘柄の牛乳を取り扱っているお店を何軒もまわり、探してくれていたとのこと。ごめんね…“2本”欲しかっただけなの…。(みーき)
  • 「結婚おめでとう」と打つつもりが、「毛根おめでとう」になっていた。(まんじゅう恐怖)
  • 仕事で「○○の件、資料を送信します」とタイプしてメールを送ると、何故か3回に1回は「痩身します」と変換されて送られる。メール受信者から必ず、ダイエット中ですか?と返信される(笑)。(ふじゆき)

あゝ、勘違い…

  • 子どものころ、CMで「肉体疲労時の栄養補給に…」という言葉を聞いて「肉体疲労児」だと思ってしまい、同じ子どもなのにそんなに疲れた子どもがいるんだと気の毒に思っていた。(みんすけ)
  • 子どもの頃「波浪警報」を、ハロー?外人さんがいっぱいいて英語で話す機会が増えるから注意? また、求人広告を見て「若干名」=若者1000人募集だと思っていた。(まあるう)
  • 汚職事件のことをずっと「お食事券」だと思っていた。なんで楽しいはずなのにみんな厳しい顔やコメントをしているんだろう…と不思議に感じていた。(ちゃむぎこ)
  • 高速の「東名自動車道」という単語を親から教えてもらったのが10歳の頃。当時、スケルトンが流行っていたのもあり、「透明自動車道」だと思い込んでいた。道に全く興味のない私は思い込み続け、運送会社に就職してやっと間違いに気付いた。(きー)
  • 夫はとんかつのチェーン店「和幸」を「カズユキ」と呼んでいた。ずっとそう思っていたらしい。(たいやき)

おバカな予測変換

  • 禁煙か喫煙可か、部分分煙なのか、飲食店を調べる作業をしていて、「禁煙度」を書き込もうとしていると、しょっちゅう「菌END」と出てきてしまい、面倒なので語彙登録した。(もりー)
  • 「○○市防火協会」と打とうとしたら「○○脂肪化協会」になった。ケンカ売ってるのかい?と心で聞いてしまった。(たぱ)
  • 「電話に出れんかもー」が「電話にで恋歌モード」になってた。(ばむちょ)

むしろ、そんな姿を見てみたい(笑)

  • 上司からのメールで「変身が遅くなってすみません」。「返信」の誤変換だが、本当に変身した姿を見てみたい(笑)。(ゆみぞ)
  • SNSで友人に「蕁麻疹が出ちゃった」と打とうとして、「人マシン出ちゃった」と誤変換して、そのまま送っってしまったことがある。(たんたん)
  • 「帰る途中」と入力したかったのに「蛙とチュウ」と変換された。また、携帯を変えた友人から「形態変えました」というメッセージが届いた。(まっちゃまん)

難解?爆笑? シニアのヘンテコメール

  • 「病院に行きたい」を「票員新きたい」と打ってきたスマホデビューしたばかりのおじいちゃん。(ニコちゃんママ)
  • 母からのメールは「ー」を使うべきところに「~」を使ってくる(カレ~、シ~ルなど)。わざとなのか間違いなのかいまいち不明(笑)。(ドラミ)
  • 私の母はメールが苦手で変換もあまり出来ないが、「またあそびに行きま酢ね」など変な所を変換してメールを送って来ることがある。(けいママ)
  • 誤変換ではなくたぶん打ち間違いだが、母からのLINEで「ハリーポッター」が「ハリーぽつたん」になっていた。途端にオモシロい感じに(笑)。(イノリ)

大喜利!?

  • 「用地課」が「夜討ちか」に(役所が野武士に(笑))、「人事院勧告」→「人事院韓国」に(さすが、国際派)。(かずばんび)
  • 横浜行きの電車「つぎ、わかんない??」は、「次は、関内」だった。(鉄子じゃない子)
  • 同窓会のメールで「お互いに励ましあおう!」が「お互い禿げ増し会おう!」となっていた。(ぷっこ)

うちの母は天然ちゃん

  • 母が「すごくステキな喫茶店を見つけたから今度連れて行くね。名前はボンジョビって言うの」と言ってきたお店に行くと、その店は「ボーイズ・ビー」だった。なかなかロックな言い間違いだった。(たみたみ)
  • 夕食中に母が「ベーコン」のことを「ボーガン」と言い間違い。「ン」しか合ってないし、なんでそうなった!?と2人で爆笑した。(ちわわん)
  • 私の母は天然気味。まだ私が学生の頃、泊りにきた友人に「明日の朝はどっちがいい? たまご?エッグ?」と母。どうやら卵焼きとスクランブルエッグ、どっちがいいか聞きたかったらしい。友人と2人、大爆笑だった。(ゆっき)

次回のテーマ:ビックリした「地味婚・派手婚エピソード」を教えて

アンケート実施中! ぜひあなたのエピソードも教えてください!
回答はこちらから
応募締切:5月30日(水)

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 資料を痩身します?禿げ増し会う? クスッと笑える「言い間違い」&「誤変換」エピソード!

会員登録・変更