1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 小顔効果がすごい!海外セレブもやってる「コントゥアリングメイク」ビフォーアフター

小顔効果がすごい!海外セレブもやってる「コントゥアリングメイク」ビフォーアフター

ハリウッドなど、海外セレブや芸能人の間では以前から行われてきた「コントゥアリングメイク」。顔の高低差を強調することで、小顔効果やメリハリのある顔立ちを演出するテクニックです。数年前からツイッターなどで話題になり、韓国でブレイク。日本でもじわじわと流行の兆しが! 今回は、筆者が実際に体験した様子とともに、そのテクニックを紹介します。

make20180522_01「タクミジュン メイクアップサロン京都店」店長の村瀬さん(右)と筆者(左)

いつものファンデに、濃淡1色ずつ用意して

コントゥアリングメイクでは、高い部分を明るく、目立たせたくない部分は暗くするのが基本。別名「骨格メイク」とも呼ばれます。これにより、欠点をカバーしつつ、長所を強調することができるんです。

とはいえ、海外セレブや芸能人が取り入れている小顔メイク。もしかしてすごい化粧品が必要なのでは…?と心配になりますが、大丈夫。いつものファンデーションに、濃いものと薄いものを一色ずつ足すだけでOKです。

今回、使用したのは、1本に2色セットされているクレヨンタイプのフェイスカラー。これなら1アイテム買い足すだけいいので、気軽にトライできますね。

make20180522_02

「コントゥアリングメイク」塗り方の基本

(1)ベースメイク

まずは、いつもよりやや薄づきにリキッドファンデーションを塗っておきます。普段、パウダーファンデーションのみでメイクをしている人は、下地を塗ったらそのままスタートです。

(2)どんな人も小顔に近づける!基本のシェーディング位置

続いて、濃い色を使って、以下の手順でシェーディング(影)をつけていきます。シェーディングとハイライトを入れてから、最後に色をなじませるので、この段階ではベタ塗りでOK。

make20180522_08

1. 額の生え際
2. こめかみ~エラあたりまでのフェイスライン

生え際は“下から上”に塗るのがポイント。なじませたときに、髪の中へ自然と色が溶け込んでいくようにします。

(3)顔立ちによって変えるシェーディングのポイント

make20180522_07

1. 目頭から鼻筋にかけて:日本人に多い“薄い顔”が気になる人は、しっかりめに入れて。
2. 鼻筋:丸顔の人は、鼻の両脇に縦にしっかりと入れます。鼻が長いのが気になる人は、鼻頭よりも少し上のあたりに横ラインを入れると、長さが分断されてかわいい雰囲気に。
3. あご:丸顔の人は、あごのシェーディングは避けて。面長が気になる人は、左右のフェイスラインからあごまでぐるっとつなげてOK。

(4)ハイライトを入れる位置

シェーディングが終わったら、今度は明るい色を使ってハイライトを入れていきます。

make20180522_06

1. 額のまんなかに丸く入れる
2. 目の下に逆三角形に入れる
3. あご先に丸く入れる

注意点としては、唇の直下のくぼんでいる部分にはハイライトを入れないこと。とくに、あごが出ているのが悩みの人は、逆にこの部分に暗い色(シェーディング)を入れるとちょうどよくなります。

コントゥアリングメイク体験!ビフォーアフター

コツを教えてもらいながら、シェーディングとハイライトを入れ終わりました!

make20180522_00

この状態だと、かなりインパクト大ですね(笑)。

ここまでできたら、色をなじませていきます。完全に色が混ざってしまうとメリハリ効果がなくなってしまうので、境目の部分だけをなじませるように。広い部分はスポンジで、細かいところは指を使うのがコツだそう。

最後に、ブラシを使ってフェイスパウダーを薄くつけます。パウダーファンデ派の人は、フェイスパウダーではなく、いつものファンデーションを同じくブラシで薄めにつけて。

これで完成!

make20180522_03

鏡から離れて見てものたりない場合は、さらにラメ感のあるパウダーや、ブラウン系のアイシャドウで光や影を追加してもよいそうです。

コントゥアリングをする前と、した後の写真を比べてみると…どうですか? 明らかに、アフターのほうがメリハリがあって、顔が小さく見えますよね!

make20180522_04 make20180522_05

プロに聞く、とっておきの”見た目年齢マイナス”のコツ

最後に、美容雑誌などにはあまり載っていない“とっておき情報”も教えてもらいました。年齢肌が気になる人は、ある箇所にポイントでハイライトを入れると若見えするそう。

その箇所は…ずばり、「口角」と「小鼻のわき」!

ここにできる影をハイライトで飛ばすことにより、口元のシワとほうれい線が目立たなくなり、見た目年齢マイナスが叶うのだそう。ぜひ覚えておいてくださいね。

今はコスメもぐんぐん進化して、100均やプチプラでも優秀なアイテムがたくさん出ています。テレビで見る女優さんの小顔に、「生まれつき骨格が違うのね…」とあきらめていた人も、この機会にぜひトライしてみて。光と影を味方につけて、メリハリのある小顔を目指しましょう!

make20180522_09

取材協力:タクミジュン メイクアップサロン京都店 https://takumi-jun.com/

(ライター/高谷みえこ)


★あわせて読みたい!
メイクが薄いだけの人になってない?ナチュラル派こそ描くべきアイラインのコツ
マイナス5歳見えも!?ほうれい線をカバーするメイクのコツ
自己流ダメイクは卒業!“骨筋メイク”で自分らしい美しさを
すっぴんでどこまで行ける? みんなのメイク大調査
あなたには何色が似合う?パーソナルカラー診断

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 小顔効果がすごい!海外セレブもやってる「コントゥアリングメイク」ビフォーアフター

会員登録・変更