1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. ゴンドラに鏡開きにお色直し5回!? ビックリした「地味婚・派手婚」エピソード

ゴンドラに鏡開きにお色直し5回!? ビックリした「地味婚・派手婚」エピソード

夢見るハッピーウエディングにはさまざまなドラマが…!?

派手婚

6月といえば「ジューンブライド」を思い浮かべる人も少なくないのでは。幸せなオーラが溢れる結婚式は女性の憧れでもあります。結婚式とひとくちに言っても、豪華なものからシンプルなものまでさまざま。また、世代や地域によってもいろいろなカタチがありますよね。そこで今回は、ジューンブライドにかけて、結婚式についてリサーチしました。みなさんから寄せられた、ビックリした「地味婚・派手婚エピソード」を紹介します。

※アンケート実施期間:2018年5月15日~5月30日、有効回答数:183

Q. あなたの結婚式は「地味婚」?「派手婚」?

「地味でも派手でもない」が45%、「結婚式を挙げていない」が26%、「地味婚」が20%という結果になりました。「派手婚」と答えた人はわずか7%で、ほとんどがバブル世代でした。やはりその時代の景気やブームに結婚式のカタチは影響を受けやすいようです。

豪華!? ケチ!? 驚きの「地味婚・派手婚」エピソード

超バブリー! 伝説の“ザ・派手婚”

  • バブル期はスモークやゴンドラは当たり前、お色直しも白無垢、色打掛、大振袖、ウエディング、カラーのドレス×2回で、新郎もそれに合わせて紋付、黒タキシード、カラー or 白 or シルバー系タキシードが普通だった。ケーキ入刀の他に鏡開きで本物の大きな樽酒。引き出物がブランド食器とかはまだいいほうで、大きな羽毛布団ってことも。持ち帰れないので宅急便で送った。出席者数が最大300人近いということも。(dora)
  • 500人ほどの招待客。新婦も新郎もほとんど知らない招待客。ホテルの天井に届きそうなウエディングケーキ。我ながら呆れる自分の披露宴。30年以上前の話だが…。(たか)
  • 20年くらい前に職場の先輩の結婚式に参加した時、披露宴が3時間半というものだった。当然、余興あり家族のスピーチあり、また、双方の郷土の伝統舞踊のお披露目があり、新郎新婦は何度も衣装直しがあり…芸能人ばりの披露宴だった。(た~さん)

地味というよりドケチ婚!?

  • 全て節約はいいが、ウエディングドレスが中古で白ではなくベージュのようだった…。(ちゃんの)
  • 自身の地味婚エピソード。夫がケチなのは薄々気付いていたが、親子で超ドケチ炸裂! 会場は公務員が会議などに利用する安価な多目的室。新婦の衣装は白いドレスのみ(お色直しなし!)。参列者は親族のみで、友人1人も呼べなかった。新婚旅行もエンゲージリングもなし!「アパートの契約で金がなくなった」と言われ、家具、家電、調度品などは私が馬鹿正直に購入した。その時点ではただのケチだと思っていたが、実際は母親が資産家だった…。(kumiho)
  • 同僚の結婚式。計画段階からお金がないと連発! ひたすら値切る話ばかりを聞かされていた。招待客にそんな話をする事自体がドン引き。式場に入ると茶色に色付いた(?)枯れかけの花しか飾られてなかった。そこまでして結婚式をしないといけないのか…。とにかくドケチ婚に驚いた。(あつき)

思わずもう一度行きたくなったゴージャス婚!

  • 赤坂の神社婚では本物の巫女の舞を見られて、宿泊客は赤坂の高級ホテルに宿泊でき、国会議事堂を見下ろすプールで泳げた。(もりー)
  • オープンカーに乗って新郎新婦が登場。ケーキにもこだわっており、趣味の車の形をしたケーキだった。披露宴は生演奏。あらゆるところにお金をかけてるなと思った。(にんにんにん)
  • 有名温泉ホテルでの一泊宿泊付きの結婚式。人前式で打ち掛けのあとは披露宴。新郎新婦はこの日のために誂えた浴衣。招待客はホテルの浴衣だったが、普通の結婚式とは違い料理が桁外れに豪華! おまけに帰らなくていい、泊まれるということで、とてもゆっくり堪能させていただいた。二次会もホテル内でカラオケやラーメン等まであり…招待客にお金を使ってくれる派手婚ならまた行きたい!(ママグリコ)

地味でもステキ! 心のこもった結婚式

  • 地元のレストランを貸し切って、部屋の装飾なども花嫁やその友人が作成し、食事も新郎とその友人が作ったというハンドメイド結婚式があった。アットホーム感があり、分類すると地味婚かもしれないが、とてもステキな結婚式だった。(かめ)
  • 親友の子どもの「結婚式」に招待されて親友宅に。上の子の結婚式&披露宴がリビングで行われた。新婦は真っ白なワンピースで新郎は紺色のスーツ、ブーケは親友の手作りのプリザーブドフラワー。親友が下の子とほとんど徹夜で作った手料理に、引き出物は下の子の手作りクッキー。地味だけど最高に心のこもった結婚式だった。(たか)
  • 両家からの反対で結婚式はせずに友人が集まってのパーティだったが、新郎はスーツで新婦もスーツだったかな?でも友人の余興が絶え間なく続き、皆さん芸達者で、お金を出してもお釣りが出るくらい、結婚式だったっけと思うくらい笑いが絶えない楽しかった思い出。見た目は地味だが、友人達の祝福の想いが詰まった結婚式は後にも先にも、これ以上のものはないと思う。(ママグリコ)

何度でも何度でも…結婚式リピーター!?

  • 新郎の故郷、新婦の故郷、海外、ディズニーランド合計4回式を挙げた友人がいた。(ちゃんの)
  • 知人は職場関係など自分の居住近くで1回目、自分の地元で2回目、奥さんの地元で3回目。皆同じような立派な結婚式をしたと聞いた。(ない)
  • 友人の結婚式だが、親族のみでラスベガスで式を挙げ、それからご主人の地元で披露宴をし、また友人の地元ホテルで披露宴。3回も結婚式をして、さらに二次会ではラスベガスでの結婚式の様子をホームシアターで鑑賞し、オーケストラの演奏を別会場で行い、招かれた私達友人は散財。引き出物はさぞかし立派かと思いきや、そう値が張らないカタログギフトだった…。(ゆっぴっぷ)

怒り心頭!ガッカリ婚

  • 手作りの結婚式にこだわりたいと言っていた友人に余興を任されたが、正直ひどいものだった。少人数で形ばかりの式を挙げ、披露宴は居酒屋での飲み放題付きの鍋。呼ばれたのが親族の他に私達のみだったため、余興の他に受付、司会、テーブルセッティング、カメラ係、誘導などをやらされ、ロクに食べることもできなかった。挙句の果てに引き出物はお土産屋さんで売ってるような箱に入ったご当地お菓子がひとつ…。お金をかけてオシャレしてご祝儀も持って行ったのに、スタッフのような扱いしか受けず、今思い出しても腹が立つ!!(あき)
  • 友人の結婚式はレストランウエディング。カメラマン代などを削るために、友人にカメラ、ウェルカムボード&ベアを頼み、帰りに渡すお菓子は兄が働く駄菓子問屋で格安で仕入れた駄菓子をいくつかビニールに入れて渡していた…。披露宴が終わった途端にご祝儀袋をチェックもせずにワシワシと開けて会場代金を支払ってて驚いた。(名無し)
  • 私の結婚式はお義母さんが決めたもので挙式は家族のみ。一応ヴァージンロードを歩いたものの全長10歩ほどの長さ。12畳ほどの部屋で家族での食事。顔合わせレベルの規模に虚しくなった。一生に一度の結婚式! 幼い頃からいろいろな妄想を膨らませて楽しみにしていただけに夫との結婚を後悔するほどの悲しみだった。(ゆなぴよ)

忘れられない! 度肝を抜いた余興アレコレ

  • 今から10年程前の友人の結婚式。目立つ外観のお城のような式場で、スモークと共に登場。お色直し4回(ドレス3着、和装1着)、親戚の歌謡ショーにいきなりのお神輿登場。挙式から披露宴で計5時間…。派手というよりグッタリした。(もん)
  • 新郎が日体大卒のため、披露宴で大学の同級生がいきなり脱ぎだして上半身裸で伝統の踊りをした時には、まるでジュリアナ東京状態だった…。(たっかたっか)
  • キャビンアテンダントの結婚式。余興でCAさんがCAの服装で救命胴衣を身に着けて「当機は幸せ行きの飛行機です」等やってくれたのが華やかでとてもステキだったー!(しゅんまま)

ご当地ウエディング

  • 私の実家は四国で冠婚葬祭は派手。地元の友人たちのお色直しは5回6回は当たり前! 披露宴も時間制限なしということが多くて、出席するだけで疲労困憊になる。花嫁が不在の時間が長くてほぼ親族のカラオケや、?な舞踊やハワイアンなどが続く…。(ひぽこ)
  • 田舎の結婚式で披露宴参加者が300人。丸テーブルではなく、長テーブルにずらっと並ぶ人の多さに驚いた。(てっど)
  • 結婚して夫の親戚とも交流するようになり、その中でビックリしたのが「大阪で結婚式。新婦のお色直し10回」! 新郎が目立ちたがりやだったようで、無理にすすめられた新婦…目まぐるしすぎて、幸せな日なはずなのにかなりゲッソリしたらしい…。(ごまたん)
  • 青森の結婚式は会費制で3時間やった。お色直しも5回。祝辞よりも両家の親族は歌えや歌えのカラオケ大会のように歌ばかりでビックリ! 披露宴後の二次会もカラオケ大会だった。(イエティ)

演出が派手!!

  • 社交ダンスを趣味とするカップルで、結婚式場が突然ボールルームと化し、新郎新婦のダンスパーティとなった。(きゃらめる)
  • 私の結婚式はだいぶ派手で、お色直しは3回、サプライズでお色直し登場の時はガーデンで花火の演出をした。(じょりー)
  • 豪華プール付きの式場で行われた挙式。途中新郎新婦が水着で現れ2人でダイブ! その後のお色直し、尋常じゃない時間がかかっていた。(テリテリ)
  • ゴンドラで登場するのは未だにあるの!?と驚き、お色直しで新郎がビールサーバーを担いで登場。ゲストの席をまわっていた。(ちわわん)

次回のテーマ:「夫がおじさんになったな~」と思った瞬間を教えて

アンケート実施中! ぜひあなたのエピソードも教えてください!
回答はこちらから
応募締切:5月30日(水)

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。
  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. ゴンドラに鏡開きにお色直し5回!? ビックリした「地味婚・派手婚」エピソード

会員登録・変更