1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 梅雨こそ出番!家で眠っている“重曹”の活用法3つ

梅雨こそ出番!家で眠っている“重曹”の活用法3つ

一時は大ブームとなった重曹。人体にも安全で汚れもよく落ちると聞いて、購入した人も多いのではないでしょうか。でも、やっぱり手軽な洗剤に戻ってしまい、重曹は棚の奥で眠っている…なんてことも。かくいう筆者もそんな状況でしたが、一念発起して活用してみたところ、驚くほどの効果が! そこで今回は、とくに梅雨にオススメの使い方を3つ紹介します。

梅雨ならではの悩み“濡れた靴”に

IMG_7665

ここ数年、レインブーツや全天候対応型シューズのラインナップが充実してきましたが、それでも、突然の雨などで濡れてしまうこともありますよね。

湿った靴をそのままにすると、イヤ~なニオイが…。そんな時は、薄手の靴下に重曹を入れて、靴の中にイン! 重曹の持つ吸湿&脱臭作用で、翌日には気持ちよく履いて出かけられます。

また、プラスチックなどの容器に重曹を入れて靴箱に置いておけば、梅雨時期のカビ対策にもなります。効果は1カ月程で薄れてくるので、適宜、取り替えるようにしましょう。

靴箱で使った重曹は、“洗濯機”の掃除に再利用!

9C29E1AB-DF93-40D1-A982-FEA464C4E7BD

靴箱の吸湿&脱臭に使った重曹は捨てずに再利用! 重曹は、皮脂汚れに強いので、洗濯槽の掃除に使えます。

洗濯機に重曹を入れ(靴下に入れた重曹はそのまま放り込んでOK)、「洗い」モードでまわしたら、水を溜めた状態でそのまま一晩おきます。汚れが浮かんでくるので、それを洗濯機やお風呂掃除用のネットなどですくい、「すすぎ」「脱水」を行います。

浮いてきた汚れを取らないと洗濯機の中にゴミが詰まり、故障の原因になることも。ゴミ取りネットは100均などでも手に入るので、ここは手を抜かずにしっかりと行いましょう。洗い終わると、洗濯機の中がミラーのように反射するくらいピカピカになるので、ぜひお試しを。

手を抜きがちな“電子レンジ”の掃除にも

IMG_7677

毎日使っているわりには、掃除の手を抜きがちなのが電子レンジ。ターンテーブル(ターンテーブル式ではない場合は底面)の汚れに目がいきがちですが、側面や上面も要チェックです。庫内が黒いので見えにくいですが、飛び散った汚れがこびりついています。

とくに梅雨は、雑菌が発生しやすい時期。普段、ターンテーブルや底面の拭き掃除しかしていないなら、今こそ重曹で掃除してみてください。

やりかたは簡単。耐熱容器に重曹大さじ3、水1カップを入れ、レンジで5分。その後、15分ほど置いて庫内を蒸らします。扉を開けたら、キッチンペーパーで上→横→下の順に汚れを拭き取ります。

分量や時間の目安の覚え方は、「3(重層大さじ3)×5(レンジで5分)=15(15分置く)」。これさえ覚えてしまえば、汚れが簡単に落ちるので楽しく続けられるはず。電子レンジも定期的に掃除する習慣をつけて、清潔に保ちましょう。

いかがでしたか? 使われずに眠らせてしまっている重層があれば、ぜひお試しください。

(ライター/カフェくろねこ)


★あわせて読みたい!
梅雨に気になるカビ対策!プロが教える掃除のテクニック【エアコン・洗濯機編】
プロが選ぶ!家にそろえておきたい“お掃除7つ道具”と使い方
雨の日限定!お出かけがちょっと楽しくなるオトクなサービス
大流行のリネンで梅雨も快適!オトナ女子の涼やか3コーデ
雨の日にレインブーツを履いてる人はどれくらいいる?

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 梅雨こそ出番!家で眠っている“重曹”の活用法3つ

会員登録・変更