0円でできる!旅行用コスメの詰め替えを家にあるもので済ませる裏ワザ|ニュースコラム | リビングくらしナビ
  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 0円でできる!旅行用コスメの詰め替えを家にあるもので済ませる裏ワザ

0円でできる!旅行用コスメの詰め替えを家にあるもので済ませる裏ワザ

いよいよ夏の旅行シーズン。「荷物はコンパクトにしたいけど、いつも使っているコスメを使いたい。でもかさばるし…」といった悩みはありませんか? そこで元美容部員の筆者が、旅先でも手持ちのコスメをコンパクトに詰め替える裏ワザを紹介。わざわざ専用グッズを買わなくても、家にあるものでできちゃいます!

IMG_6325_600

ジェル状のものは、コンタクトレンズのケースに!

コンタクトレンズを使用している人の場合、洗浄液を買うたびについてくるコンタクトレンズケースが家に溜まっていませんか? 実はこれ、使い捨てのコスメ入れにピッタリなんです。

IMG_6330_600

とくにメイク落としや洗顔料、保湿クリームなどクリーム状やジェル状のものを入れるのにおすすめ。見た目が似ている場合は、フタにマスキングテープなどでラベルを付ければ、間違える心配もありません。

硬めのクリーム類は、ペットボトルのフタに!

なんとペットボトルのフタも、コスメの詰め替えに使えます。コスメを入れたらラップでくるみ、カラーゴムやラッピング用のワイヤーリボンで止めれば出来上がり。

バーム状やクリーム状のスキンケアアイテムや、ヘアワックスなど、たれ落ちしにくい少し硬めのコスメを入れるのに向いています。

詰め替える前にきれいに水洗いし、水気を取り除いてから使いましょう。また、できればミネラルウォーターが入っていたペットボトルのフタを選んで。

IMG_6310_600

液体や水っぽいものはコットン+ジッパー袋で!

化粧水など水に近いローション状の詰め替えには、コットンと小さめのジッパー袋が便利です。

コットンに1回分の化粧水や乳液を染み込ませて、ジッパー袋に入れてしっかり口を閉じれば完成。ボトルに詰め替えるよりコンパクトでかさばりません。飛行機に乗る時の容量制限も余裕でクリアできそうです。ただし、朝晩使うものなので、1泊あたり2回分用意するのを忘れないようにしてくださいね。

IMG_6320_600

リキッド状のものは、お弁当用のたれビンに!

お弁当を作る人の場合、ストックしてあったり、思ったほど使わずに余らせてしまう、たれビン。イベント用に買ったものの、それきり機会がなくて眠らせている人もいるのでは?

そんなお弁当用のたれビンは、ゆるいテクスチャーのリキッドファンデーションや化粧下地、乳液やヘアミルクの詰め替えに使えます。

とくに1回あたりの使用量が少ないリキッドファンデーションなどは、市販の詰め替えグッズでは大きすぎることも。たれビンなら必要な分だけ、無駄なく詰め替えて持っていけます。

IMG_4727ダイソー「タレビン 6ml」12個入り、108円

IMG_6316_600

アイス用スプーンや抗菌シートも詰め替えグッズに

ところで、携帯用コスメを詰め替える時に注意したいのが衛生面。小さなスパチュラがあればいいのですが、ないときはスーパーやコンビニでもらえるアイスクリーム用のスプーンが活躍してくれます。

プラスチック製でも木製でも、家にあるものでOK。これでクリーム状のコスメも直接、手で触れることなく適量を詰め替えられます。旅先でも、これですくって取れば清潔ですね。

IMG_6323_600

IMG_6210_600

また、液状のものを詰め替えする時に便利なのが、お弁当用の抗菌シート。プラスチック製で適度なハリがあるので、くるくると円すい状に巻いて、テープで止めると即席ジョーゴに。うっかりこぼしたりすることなく、無駄なくたれビンに詰め替えられます。

詰め替えたコスメは、旅行かばんの中で液漏れしないように、必ずジッパー袋に入れて携帯を。また、専用容器から取り出したコスメは、できるだけ早めに使い切りましょう。

IMG_6333_600

最近では100均でも専用グッズがたくさん並んでいますが、意外と大きく、1~2泊では中身を余らせてしまいがち。洗って再利用するのも抵抗がありますよね。こうして家にある身近なものを賢く使えば、わざわざ買わなくてもOK! 捨てても惜しくない容器を選ぶのもポイントです。

今年の夏は、コンパクトにコスメを詰め替えて、快適な旅を楽しんでくださいね。

(ライター/atsuko)


★あわせて読みたい!
旅行にも!プチプラで時短メイクを叶えるミニマムコスメ
100均でそろう!花粉症によるメイク崩れのお直しグッズ3選
マイナス5歳見えも!?ほうれい線をカバーするメイクのコツ
メイクが薄いだけの人になってない?ナチュラル派こそ描くべきアイラインのコツ
夏のマストアイテム!かごバッグが見違える、100均&スカーフを使った簡単アレンジ

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 0円でできる!旅行用コスメの詰め替えを家にあるもので済ませる裏ワザ
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更