1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 西日本豪雨の災害支援も!変わる「ふるさと納税」、返礼品より寄付金の使い道で選ぶ

西日本豪雨の災害支援も!変わる「ふるさと納税」、返礼品より寄付金の使い道で選ぶ

「ふるさと納税」といえば、注目されるのは豪華な返礼品。それが最近、災害支援やクラウドファンディングなど、より具体的な使い道を選べるように進化しています。この7月、西日本を襲った豪雨災害支援の受付も。この機会に、寄付先の選び方について考えてみませんか?

furusato1

「平成30年7月豪雨」にも、ふるさと納税で寄付できる

平成に入って最悪の豪雨災害となった「平成30年7月豪雨」。1府10県に「大雨特別警報」が発令されたにも関わらず、治水の想定を上回る豪雨により、河川の氾らんや土砂崩れ、そして多くの死傷者・行方不明者を出すに至りました。

多くのふるさと納税サイトでは現在、被災した自治体ごとに緊急寄付の受け入れ窓口を開設しています。

なかでも災害支援に力を入れている「ふるさとチョイス」では、「代理寄付」も受け付けています。これは被災地とは別の自治体が代理で寄付を受け付け、納税証明書の発行まで代行するというもの。熊本地震が起こったとき、茨城県境町の発案によって生まれたシステムです。

furusato3

ふるさと納税による支援は、復興の大きな力となる一方、寄付によって発生する事務処理が負担になってしまうという実情があります。平成27年の豪雨による水害で被災し、ふるさと納税による支援に助けられた経験のある境町は、その大変さも知っていました。今回の豪雨でも、被災した岡山県倉敷市と広島県への代理寄付を受け付けています。

災害支援への寄付に返礼品はありませんが、すでに7億8000万円を超える寄付が集まっています(2018年7月18日現在)。通常のふるさと納税と異なり、自治体にかかるサイト利用手数料は引かれず、全額が寄付されます。

同サイトでは各自治体の被災状況を確認できるほか、寄付した人たちの「応援メッセージ」も公開されていて、その思いに触れることができます。「寄付をしたいけれど、どこにすれば…」と迷っている人は、一度のぞいてみてはいかがでしょう。

命をつなぐ「こども宅食」で1000人の子どもに笑顔を

使い道で選ぶふるさと納税として、災害支援以外で件数が急増しているのが、クラウドファンディング型です。自治体が抱える問題を解決するために、具体的なプロジェクトを立ち上げ、それに共感した人たちから寄付金を募るという制度です。

例えば、東京都文京区が、5つの非営利団体とともに運営している「こども宅食」。生活の厳しいひとり親の家庭に、2カ月に1度、食品を届けるとともに、家庭を見守り、1000人の子どもたちの笑顔を取り戻そうという活動で、ふるさと納税で支援ができます。

日本の子どもの7人に1人は貧困状態にあると言われていますが、外からはわかりにくいもの。周りの目が気になり、SOSを発せない家庭も多いのです。「子ども宅食」は、そんな状況を把握している行政とタッグを組んで、子どもたちの新しいセーフティネットを創り、全国に広げていくのが目標だそうです。

使い道を明確に、共感できる「ふるさと納税」へ

ふるさと納税における返礼品競争の過熱を受け、2017年4月、総務省は寄付額のうち返礼品が占める価格を3割以下に抑えるように通達。今年4月には、返礼品を地場産品に限ることなどを定め、良識ある対応を自治体に求めています。

こうした背景から、寄付金を地域振興や起業に生かす動きが相次ぎ、使途を明確にしたクラウドファンディング型のふるさと納税が注目されています。

2017年度のふるさと納税による寄付金は、約3653億円に達しました。寄付先を“返礼品”で選ぶのは楽しいもの。でも、自分のお金がどう使われるのか、使い道に共感できるのか――ふるさと納税の制度が定着してきた今だからこそ、その“使途”で選ぶことにも目を向けてみませんか? 大切な寄付金がしっかり役立つのを実感できれば、きっと返礼品以上の満足感を得られるはずです。

<参考>
ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」 https://www.furusato-tax.jp
※同様のサービスを行っているふるさと納税サイトはほかにもあります。

(ライター:深田ユウ)


★あわせて読みたい!
知っておきたい!災害時に使える無料Wi-Fi「00000JAPAN」
外出中の備えは万全?100均でそろう「防災ポーチ」の作り方
100円グッズで揃う! 最強防災グッズ3点セット
防災対策第2弾!寝室に置くべき3つのアイテム
買いだめが家族を救う!“持ち出さない”防災グッズのススメ

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 西日本豪雨の災害支援も!変わる「ふるさと納税」、返礼品より寄付金の使い道で選ぶ

会員登録・変更