1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 不調の原因は“かかと”にアリ!? 1日5分の簡単ストレッチで歪みを改善

不調の原因は“かかと”にアリ!? 1日5分の簡単ストレッチで歪みを改善

ふだんあまり意識しませんが、人間の全体重を支える“かかと”は、とても重要な部位。でも、現代人のかかとは歪んでいることがほとんどだと言います。腰痛や膝痛、O脚、がに股、さらには猫背やむくみ、肩こりまで…あなたも心当たりがありませんか?

「かかとが歪んだ状態で歩いたり走ったりし続けると、さまざまな不調を引き起こす原因になる」と警鐘を鳴らすのは、プロのアスリートやオリンピック選手も信頼を寄せるカリスマトレーナーの宮本晋次さん。今回は、そんな宮本さんが提唱する、1日5分のかかとストレッチを紹介します。

*記事の最後に書籍プレゼントがあるのでお見逃しなく!

20180726_nc_11

かかとが歪むと、全⾝が歪む!

成人で約40kg~100kgを超えることもある人間の体。それを支えているのは、わずか20~30cmほどの左右の足の裏です。

その足裏のなかでも、重心を支えるために大切な部位がかかとです。かかとは球体のため、重心が前後左右のどこにあっても立ててしまいます。そのため、歪んだ状態が“当たり前”だと体や脳が思いこみ、歪んでいても、ほとんどの人はそのことに気づけません。

しかし、かかとが歪んだ状態で⽣活を続けると、骨格も歪み、筋肉は緊張します。結果、神経が圧迫され、腰痛や肩こり、自立神経の異常などを引き起こし、体調不良につながってしまうのです。

かかとの歪みを靴底でチェック!

あなたのかかとは、どうでしょうか。かかとの歪みは、靴底のすり減り方を見るだけで簡単にわかります。ぜひチェックしてみてください。

●靴底の「外側」だけが減っている→かかとが「内側」に傾いている

20180726_nc_11 20180726_nc_16

靴底を見た時、かかとの外側だけがすり減っていたら、かかとが「内側」に傾いている状態です。かかとの歪みの8~9割はこのタイプ。がに股、O脚、猫背、ぽっこりお腹などの人に見られる傾向です。

●靴底の「内側」だけが減っている→かかとが「外側」に傾いている

20180726_nc_12 20180726_nc_17

靴底を見た時、かかとの内側だけがすり減っていたら、かかとが「外側」に傾いている状態です。内股、X脚、偏平足、外反母趾などで悩んでいる人は、このような傾向にあります。

こうした歪みを改善してくれるのが、宮本さんが考案した「かかとストレッチ」。1日たった5分でできるので、ぜひ試してみて。

かかとの歪みを改善する、1日5分の「かかとストレッチ」

かかとストレッチをするときの姿勢

20180726_nc_2 20180726_nc_1

足を組みやすいように椅子のやや前側に座り、膝の上に反対の足のかかとを軽く乗せます。

1. アキレス腱、足の裏をさすって温める(各10回)

20180726_nc_3 20180726_nc_4

手のひらをまっすぐに開き、かかとの上にあるアキレス腱をなぞるようにして、軽く押しながら10回さすります。ゆっくりと優しくさすって温めていきます。足裏も同様に。

2. 凝り固まったかかとの関節をほぐす(各10回)

20180726_nc_520180726_nc_kakato_6

足首が動かないように右手で押さえ、左手でかかとの骨をつかんで上下(写真の向き)に10回動かします。次に、左手でつかんだかかとの骨をブルブルと振動させながら、小刻みに上下に10回動かします。

3. かかとを回して、正しい位置に整える(各10回)

20180726_nc_1020180726_nc_kakato_6

「かかとストレッチ」のメインとなるストレッチ。

右手で足の甲をつかみ、足首が動かないように固定します。かかとを包み込んでいる左手を、体の外側に向けて10回まわします(写真の向き)。あまり強い力ではなく、ゆっくりとかかとの動きを実感しながらまわしましょう。逆まわしも同様に。

4. おしりの筋肉を伸ばす(3回)

20180726_nc_6

足を組んだまま、息をゆっくりと吐きながら体を前に倒し、前屈します。固まってしまったお尻周りから太もも、ふくらはぎにかけて筋肉をゆっくりと伸ばします。息をゆっくりと吐
きながら、上体を前に倒して5秒キープする動作を3回繰り返します。

 5. 足首の屈伸で足の筋力低下を予防する(10回)

20180726_nc_7 20180726_nc_8

椅子に座ったまま、右足を伸ばして5cmくらい床から浮かせて、足首を曲げ伸ばしします。

以上、1~5のストレッチを逆の足も同じように行います。体の土台となる“かかと”だからこそ、日ごろのケアを大切にしたいですね。

20180726_nc_12
 宮本 晋次(みやもと しんじ)
かかとトレーナー、全身骨格矯正師。ボディケアサロン「~日本橋矯正スタジオ~BodySign」院長。30年以上にわたる施術実績をほこり、プロアスリートからも注目を集める人気の骨格矯正師。全身のゆがみを整え、患部をもむだけでは取れない痛みを改善してくれると評判を集める。特に「かかと」が引き起こす全身の不調、歪みに注目した独自の技術が評判を呼び、スキー、スノーボードなど、数多くのオリンピック選手、各種日本代表のトップアスリートの施術に携わってきた。さまざまなテレビ、雑誌などでも紹介され、足のプロフェッショナルとして活躍を続けている。

書籍『歩けなくなるのがイヤならかかとを整えなさい』を3人にプレゼント

今回、紹介したかかとストレッチの詳しい内容がわかる書籍『歩けなくなるのがイヤならかかとを整えなさい』を3人にプレゼントします。

20180726_nc_13著:宮本晋次/監修: 佐々木政幸(医師)
『歩けなくなるのがイヤならかかとを整えなさい』
アスコム/1188円

応募は終了致しました

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 不調の原因は“かかと”にアリ!? 1日5分の簡単ストレッチで歪みを改善
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更