台湾の辞書に「夏バテ」なし!優しく体を冷ますコツと食材|女性の健康情報|ゲンキ台療! | リビングくらしナビ
  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 台湾の辞書に「夏バテ」なし!優しく体を冷ますコツと食材

台湾の辞書に「夏バテ」なし!優しく体を冷ますコツと食材

  • 2018/07/30 UP!

台湾の人は日本のような「夏バテ」症状なし
胃腸をいたわった食習慣で夏を乗り切る

「台湾では夏バテ対策ってどうしてる?」と尋ねようとしたら、「夏バテ」という概念が伝わらなくてびっくりしました。

台湾でいう「暑気あたり(中暑)」はいわゆる「熱中症」と同じもので、あくまでも一時的なもの。「夏バテ」の代表症状といえば食欲不振ですが、台湾では、日本人のように胃腸の不調に何日も悩まされるという話を聞いたことがありません。日本より暑い国なのに、どうして元気なの?

蒸し暑い台湾の夏を暮らしてみたら、台湾の友人たちが実はそれほど冷たいものを食べたり飲んだりしていないことに気づきました。頻度と量が、日本人の私より格段に少なかったんです。

胃腸を弱らせる元凶は冷たい食べ物・飲み物
のどごしの気持ちよさと「冷え」は表裏一体

台湾から帰国して以来、つくづく「困っちゃうなあ」と思う日本の外食文化、それは「おひや」です。

氷がたっぷりグラスに入った、キンキンに冷えた水。確かに冷たくておいしいんですよ。でも今は、「内臓が冷えそうでこわいなあ」という不安の方がむしろ強くなっています。

私、台湾の友人や中医(漢方医)さんの言うとおりに冷たい飲食物を減らしただけで、夏でも胃腸の調子はかなり良くなりました。改めて「冷たいものってこんなに内臓を痛めつけてたんだ」と実感したんですね。台湾の中医さんは「冷房されている部屋の中にいるなら、冷たい飲食物は必要なし」とまで言っています。

日本って、冷たくておいしいメニューが多すぎるように思います。ひんやりした食べ物や飲み物がのどを通り抜ける感覚・・・幸せなんですが、キケンです。

夏バテイメージ

 

食材の温度ではなく「性質」を活かして暑さをしのぐ
冷やしすぎずにクールダウンできる食材はこれ

「そんなこと言ったって、暑くてたまらない時はどうすりゃいいのよ?!」と思われるかもしれません。台湾ではどうしているかというと、

食材の温度に頼らずに、体を冷ます
ということを考えます。

台湾でいう「消暑」(暑さを消す)の食べものは、必ずしも実際に冷たくなくていいんです。

例えば、キュウリやスイカは日本でも夏によく食べますよね。キュウリ、スイカ、冬瓜などウリ科の植物は、中医学で「寒性」「涼性」と呼ばれる性質を持ち、体にたまった余計な熱を取ってくれる作用があるといわれています。
これらの食材を活用すれば、胃腸のダメージを抑えながら体をクールダウンできるという訳です。

寒涼性食材の例
◆野菜:ナス、苦瓜(ゴーヤ)、レンコン、白菜、大根、冬瓜、キュウリ、ほうれん草、ブロッコリー、タケノコ、アスパラガス、トマト、セロリ、ゴボウ、春菊
◆水産物:カニ、タコ、アサリ、カキ、昆布
◆果物:スイカ、メロン、キウイ、カキ、イチジク、サツマイモ、バナナ、ゆず、りんご、いちご、マンゴー、オレンジ、ドラゴンフルーツ、梨、びわ
◆飲料:緑茶、菊花茶、ビール、ココナッツミルク

 

「清熱」できる菊花、実はたくさんの種類あり
台東県の珍しい小油菊茶をプレゼント

菊の爽やかな香りとほのかな苦みが特徴の菊花茶(きくかちゃ)。プーアル茶や紅茶が体を温めるのに対し、体の熱を取ってくれる「清熱」のお茶です。生薬にもなるこの「菊花」にはいろいろな種類があるのですが、日本では烏龍茶に白い菊花を加えた菊花茶が一般的なのではないでしょうか。

先日、台湾南東部・台東市のカフェで、珍しい菊花茶を見つけました。初めて見るような鮮やかな黄色で、今までに飲んだどの菊花茶よりも香り高く、びっくりしました。

台湾台東市・TAIMALI太麻里珈琲館▲台東市「TAIMALI Cafe太麻里文創咖啡館」は、古民家リノベのすてきなカフェ

台湾台東市・TAIMALI太麻里珈琲館の小油菊茶
▲黄色い菊花とクコの実のお茶

聞いてみると、これは元々台湾の東部や南部の山間部に自生していた「小油菊」という種類。台湾でよく使われる白い菊花は多くが中国からの輸入品ですが、これは台湾で収穫されたものなんだそうです。

菊花茶はクールダウン作用が強いので、冷え症の方は連続飲用を避け、滋養と甘みを加えてくれるクコ(枸杞)と一緒にいただくのがおすすめ。熱々の小油菊茶から立ちのぼる香気には、カモミールティーと同じくリラックス効果もありますよ。

厳選素材で作られたこの「小油菊」、夏のティータイムにぴったりです。今回は特別に2名様にプレゼントしちゃいます。

台湾台東市・TAIMALI太麻里珈琲館の小油菊

★プレゼント★
◆体の熱を取ってくれる台東県のお茶「小油菊茶」
記事中で紹介した「TAIMALI太麻里珈琲」の「TAIMALI 小油菊/16g入り」を2人にプレゼントします。ふるって応募を。
※応募締切/8月5日(日)23:59
※日本円で1090円相当です

募はコチラ

【SHOP INFO】
TAIMALI Cafe 太麻里文創咖啡館
住所:台東縣台東市福建路307號
電話:08-933-0398
公式Facebook(中国語):https://www.facebook.com/TAIMALICafe/

 

s-IMG_5833s

松浦優子/台湾情報ライター/漢方スタイリスト/東京都港区出身の40代。元Web広告ディレクター。現在は外国人向け日本語教師のほか、台湾経済ニュースの翻訳、ライターとして活動。一年のうち1カ月以上は台湾に滞在し、台湾の文化や歴史、中医学(漢方)の養生法など、気になるテーマを探求中。インドア派、愛猫家。台湾で得た一番の宝物は、あたたかい台湾の人たちとの友情とご縁。

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 台湾の辞書に「夏バテ」なし!優しく体を冷ますコツと食材
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更