1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 水やガスが使えないときに!備えておきたい歯磨き、お風呂、シャンプーの代用品

水やガスが使えないときに!備えておきたい歯磨き、お風呂、シャンプーの代用品

自然災害はいつだって予期しえないもの。毎年9月1日「防災の日」には、非常用持出袋の中身をチェックしておきましょう。今回は、断水時に困る歯磨きや入浴など、意外と忘れがちな衛生用品について、用意しておくと便利な代用グッズを元美容部員の筆者がセレクト。使い方とあわせて紹介します。

o1080081014254154827

シャワーを使えないときや歯磨きの代用に「ハッカ油」

災害時、電気やガス、水道などのインフラが止まると、復旧するまでお風呂に入れない日が続きます。そんなときに役立つのがハッカ油。ハッカ草(ミント)から蒸留抽出した天然添加物で、除菌、抗菌、防カビ、消臭、虫よけ効果が期待できます。

o1080081014254154898(左)北見ハッカ通商「ハッカ油スプレー(10ml)」、(右)健栄製薬「ハッカ油P(20mL)」

使い方は簡単。まず、約200mlの水にハッカ油を1滴垂らし、軽く混ぜてハッカ水を作ります。これをタオルやコットンに含ませ、髪やからだを拭くだけ。除菌効果があるだけでなく、メントール効果でサッパリします。

歯磨きができないときは、ハッカ水で湿らせたティッシュやガーゼで歯の汚れをふき取って。ハッカ水はその都度、必要な分量を作り、できるだけ早めに使いきりましょう。

練りハミガキよりも水の使用量が少なくてすむ液体ハミガキを備えておくのも手。未開封なら3年程度保存可能です。この秋には5年保存可能な「長期保存用 ガム・デンタルリンス」(サンスター)も登場するそう。

ハッカ油はこのほか、気分が滅入ったときにも使えます。タオルやハンカチに1滴(スプレータイプなら1プッシュ)含ませてにおいをかぐと、メントールの香りでスッキリします。

髪をスッキリしたいときは「ドライシャンプー」

o1080081014254154867資生堂「フレッシィ ドライシャンプー スプレータイプ(150ml)」

1~2日でも洗えないと、思いのほか皮脂でベタつくのが髪の毛。ドライシャンプー専用アイテムはいくつか出ているので、好みのものを購入しておくと安心です。

基本的な使い方は、地肌と髪全体にスプレーし、タオルで拭き取るだけ。髪の長さや頭皮の状態に合わせて少し多めに使うとよりスッキリします。

備えがない場合の代用としては、ティッシュやベビーパウダーを使って油分を取る、前述のハッカ水や拭き取り化粧水を含ませたガーゼ、ウエットティッシュなどで拭くといったアイデアがあります。

肌が乾燥するときの万能アイテム「ベビーオイル」

o1080080914254154848
ジョンソン®「ベビーオイル(無香料、300ml)」

お風呂に入れない日が続くと、肌表面の汚れと乾燥が気になってきます。そこで役立つのがベビーオイル。コットンや重ねたティッシュに適量を含ませ、肌を優しくなでるようにすると、肌の汚れを取り去りながら保湿できます。

ベビーオイルには適度なとろみがあるので、マッサージオイルとしても使えます。まず手のひらに適量をとり、両手を軽くすりあわせて温めます。マッサージはあまり力を入れず、優しく行いましょう。体のコリや疲れをとったり、足のむくみにも効果的。

べたつきが気になる場合は、マッサージ後にティッシュで軽く抑えて。体も心も疲れやすい被災時。赤ちゃんから大人まで使えるベビーオイルは、1つ準備しておくと便利です。

今回紹介したグッズは災害時だけでなく、病気で入浴や歯磨きができないときにも使えます。非常用持ち出し袋に入れるのではなく、日常的に使いながら入れ替える「ローリングストック」としてもOK。どれもドラッグストアなどで数百円から1000円程度で購入できるので、ぜひあなたの家庭の防災チェックリストにも入れてみてくださいね。

※各商品は使用上の注意をよく読んでから使ってください。

(ライター/atsuko)


★あわせて読みたい!
外出中の備えは万全?100均でそろう「防災ポーチ」の作り方
9月1日「防災の日」、スマホに入れたいアプリ3つ
72時間を生き延びられるか!? 首都直下地震サバイバルゲーム
防災対策!寝室に置くべき3つのアイテム
海沿いだけじゃない!「津波防災の日」に考える、津波の怖さと対策

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 水やガスが使えないときに!備えておきたい歯磨き、お風呂、シャンプーの代用品

会員登録・変更