1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 第一子が誕生した共働き家庭。どんな保険が合っている?

第一子が誕生した共働き家庭。どんな保険が合っている?

相談する
家計相談受付中/家計相談受付中 相談する

第一子が誕生した共働き家庭。
どんな保険が合っている?

千葉県・Kさん(32歳)【夫32歳、長男1歳】

昨年子どもが誕生。夫婦ともに保険に入っていないため、現在検討中です。どんな保険が適しているでしょうか? 今後も共働きを続ける予定で、子どもはできたらあと2人ほしいと思っています。もう少し積立も増やしたほうが良いでしょうか?

収支内訳
 

Kさんの家計簿は…

負担の少ない保険を検討してみて

毎月10万円とボーナス40万円の貯蓄に貯蓄性保険を合わせると、年間200万円以上貯蓄できていますし、月々黒字も出ていて優秀です。

保障性の保険には未加入なので、夫婦とも死亡保障はある程度必要でしょう。共働き家計ですし、住宅ローンは団体信用生命保険でカバーできるので、さほど大きな保障である必要はありません。職場の団体保険や掛け捨てタイプの定期保険・収入保障保険等だと、比較的負担も少なく保障が得られます。ただ、新たに子どもが誕生すれば必要保障額もアップするので、その時点で見直しは必要です。

教育資金は児童手当の積立をベースに、プラスαで貯蓄を考えましょう。子どもの成長にしたがって、習い事や塾・部活などの費用が増えますので、子どもが小さいうちが貯め時。

今後さらに子どもが生まれたら、その都度「産休・育休・時短勤務」で収入が不安定になる時期も予想されます。ボーナスでの貯蓄を増やす、光熱費・通信費等の「固定費」を見直す、などを日頃から意識してみましょう。

井上陽子

井上陽子
家計の見直し相談センター相談員。ファイナンシャル・プランナー(CFP)

 

\あなたの家計簿を/
藤川さん・井上さんに見てもらえるかも!?

kkb-171019b

2017年10月から、人気の家計簿診断が「家計のお悩み 答えます」としてリニューアル。家計の見直し相談センターのファイナンシャル・プランナー(CFP)である藤川太さんと井上陽子さんが、交互で家計の悩みに対してアドバイスします。

現在、家計の相談内容を募集中。1カ月の家計簿と相談内容について応募すると、無料で藤川太さん・井上陽子さんに相談に対する回答がもらえるチャンス! この機会に、気になる家計の悩みを相談してみませんか。

※相談に対する回答は「リビング新聞」紙面上および「リビングWeb」、リビング新聞関連媒体で紹介します。また、応募者全員の相談には回答できかねます。了承の上応募してください
※家計簿の回答者は藤川さん・井上さんのいずれか1人です(編集部におまかせとなります)

相談する

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 第一子が誕生した共働き家庭。どんな保険が合っている?
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更