1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 最低賃金って?東京都は985円に

最低賃金って?東京都は985円に

平成30年10月1日から、
東京都の最低賃金は27円UPの985円に!

アルバイトやパートなど、働くときに気になることの一つが「賃金」。
賃金には、「最低賃金」というものがあることを知っていますか?

最低賃金は、アルバイト、パートを含むすべての労働者に適用され、使用者には罰則をもって最低賃金以上の支払いが義務付けられています。
これは、働く側も、雇う側も守らなくてはならない最低限のルール。
最低賃金に対する理解不足や、改正された最低額を知らなかったことによるトラブルが発生することもあります。
トラブル防止のためにも、きちんと知っておく必要があります。

平成30年10月1日から、東京都の最低賃金(地域別最低賃金※)は
時間額985円に改正されました。

s-13_A4_リーフ表裏_日本語_東京-1

東京で働くすべての労働者に適用

改正された東京都の最低賃金(時間額985円)は、東京で働くすべての労働者に適用されることになります。

労働者に支払われる賃金のうち、最低賃金の対象となるのは毎月支払われる基本的な賃金です。
残業代やボーナス、結婚手当など臨時に支払われるもの、通勤手当や家族手当は含まれませんので、注意が必要です。

支払われる賃金が最低賃金額以上となっているかどうかを調べるには、最低賃金の対象となる賃金額と適用される最低賃金額を以下の方法で比較します。
気になる人はチェックしてみて。

【最低賃金の計算方法】
1. 時間給の場合
時間給≧最低賃金額(時間額)
2. 日給の場合
日給÷1日の所定労働時間≧最低賃金額(時間額)
3. 月給の場合
月給÷1か月平均所定労働時間≧最低賃金額(時間額)
4. 出来高払制その他の請負制によって定められた賃金の場合
出来高払制その他の請負制によって計算された賃金の総額を、当該賃金算定期間において出来高払制その他の請負制によって労働した総労働時間数で除した金額≧最低賃金(時間額)
5. 上記1〜4の組み合わせの場合
例えば基本給が日給制で各手当(職務手当等)が月給制などの場合は、それぞれ上の2、 3の式により時間額に換算し、それを合計したものと最低賃金額(時間額)と比較します。

詳しくは、東京労働局労働基準部賃金課又は最寄りの労働基準監督署へ。

※地域別最低賃金は、パートタイマー、アルバイト、臨時、嘱託など雇用形態や呼称に関係なく、セーフティネットとして各都道府県内の事業場で働くすべての労働者とその使用者に適用されます。

 

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 最低賃金って?東京都は985円に

会員登録・変更