1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 【FP監修】もし自分が被災したら…?いざという時のために覚えておきたい“お金”のこと

【FP監修】もし自分が被災したら…?いざという時のために覚えておきたい“お金”のこと

地震に台風、豪雨と、多くの自然災害に見舞われた2018年。自然災害が自分の身に起こった時に気になるのが、その後、生活をしていくために必要なお金のことではないでしょうか。どんな補助金があるのか、どんな場合に受け取ることができるのか、ファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢さんに聞きました。

※ページの最後に書籍プレゼントのお知らせがあります

地震

住まいが被害に遭ったら…「被災者生活再建支援金」

まず覚えておきたいのは、「被災者生活再建支援金」。10世帯以上の住宅全壊被害が発生した市町村等を対象に、支援金を支給する制度です。

この支援金には2種類あり、1つは「住宅の被害程度」によって決まります。大規模半壊で50万円、全壊・解体・長期避難を余儀なくされている場合などでは100万円が支給されます。もう1つは、次に住む「住宅の再建方法」によって決まる支援金。こちらは、賃貸に入居する場合は50万円、補修する場合は100万円、建設や購入をする場合は200万円が支給されます。

例えば住宅が全壊し、新たに購入する場合では合計最大300万円の支給がされる可能性があります。最もお金がかかる住宅の再建でしっかりと支援金が受け取れるこの制度は、住まいを失った人にとっては心強い味方と言えそうです。

被災した家のローンはどうなる?「災害救助法」で債務整理

マイホームを購入した人にとって、いちばん気になるのは残っている家のローンでしょう。自然災害で住宅が壊れても、ローンの返済義務がなくなるわけではありません。

西日本を中心とした「平成30年7月豪雨」や、「平成30年北海道胆振地方中東部を震源とする地震」などでは、「災害救助法」が適用されました。この災害救助法が適用された地域では、被災ローン減免制度(自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン)を利用できる可能性があります。

この制度を利用すると、手元に500万円などの資金を残したまま、住宅ローンや事業ローンなどの債務整理ができるかもしれません。この債務整理は個人信用情報に残らないため、比較的、新たな借り入れもしやすく、生活再建の心強い助けにもなります。平成30年6月現在のデータでは、785件の手続きがあり、258件の債務整理が成立しています。

すべての負債が清算されるわけではありませんが、知っておいて損はない制度です。

“家族の大黒柱”かどうかで金額が変わる、死亡や障害

災害によって亡くなったり障害を負ったりした人の遺族が、弔慰金や見舞金を受け取れる制度もあります。それが「災害弔慰金」と「災害障害見舞金」です。これは1市町村において住居が5世帯以上滅失した災害などが対象となります。

災害弔慰金は、亡くなったのが生計維持者、つまり“大黒柱”であった場合は500万円、そうでなかった場合は250万円が支給されます。重度の障害を負った場合に受け取れる災害障害見舞金は、同じく生計維持者であった場合は250万円、そうでなかった場合は125万円が支給されます。

災害で家族や住まいが被害に遭うことは決して想像したくありませんが、このような制度を知っておくのは、いざという時のために非常に大切なことです。防災グッズの準備や避難場所の確認だけでなく、もしもの時に身を助けてくれるお金のことも、しっかり把握して災害に備えたいですね。

(ライター/秋山悠紀)

furouchi

風呂内亜矢(ふろうち あや)
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)、CFP®認定者、一般社団法人みんなで作る良い行政サービス協会 主任研究員
大手電機メーカー系SIerに勤めていた26歳の時、貯金80万円で自宅用としてマンションを衝動買いしたことをきっかけにお金の勉強を始める。現在は自宅を含め夫婦で4つの物件を保有し、賃料収入を得ている。2013年、ファイナンシャルプランナーとして独立。現在はテレビ、ラジオ、雑誌、新聞などで「お金に関する情報」を精力的に発信している。『最新版 届け出だけでもらえるお金 戻ってくるお金(宝島社)』の監修や、『超ど素人がはじめる資産運用(翔泳社)』の上梓など、関連書籍も多数。
公式サイト http://www.furouchi.com/

風呂内さん監修の書籍『ほったらかしでもなぜか貯まる!』を5人にプレゼント

風呂内亜矢さんが監修した書籍『ほったらかしでもなぜか貯まる!』を5人にプレゼントします。同書の中(P.110~111)にも、公的情報を得るためのアプリ情報などが掲載されているので、ぜひ参考にしてくださいね。

181002_nc_furouchi_hottarakashi

応募は終了致しました

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 【FP監修】もし自分が被災したら…?いざという時のために覚えておきたい“お金”のこと

会員登録・変更