1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 共働きで自宅の買い替えを検討。通勤に便利な中古物件にすべき?

共働きで自宅の買い替えを検討。通勤に便利な中古物件にすべき?

相談する
家計相談受付中/家計相談受付中 相談する

共働きで自宅の買い替えを検討。
通勤に便利な中古物件にすべき?

千葉県・Nさん(41歳)【夫33歳、長女2歳、次女0歳】

自宅が駅から離れており、部屋も手狭になってきたので、通勤に便利な場所への買い替えを検討中です。郊外の新築戸建か、通勤に便利な都心の中古マンションか、方向性が決まりません。毎月の保険代が家計を圧迫しているのも悩みです。

収支内訳

Nさんの家計簿は…

将来のやりくりも考えて保険加入を

全体的には上手にやりくりできている家計です。ただ、たしかに引っ越しとともに家計のバランスが崩れる可能性があります。お子さん2人の教育費の負担が重くなると思われる15年程度先を考えながら、住宅の予算を考えましょう。

妻は現在育休中の正社員ですが、将来パートになることを考えています。夫の収入と合算して考えると住宅ローンの支払いはボーナス返済なしで月10万円程度までに抑えたいところ。マンションであれば、管理費・修繕積立金分を10万円から引いて予算は考えます。

都心に住むなら、安い中古物件を探すことになるでしょう。郊外の戸建なら、車の費用も考慮しながら探しましょう。共働きなら利便性重視のほうが、生活しやすいかもしれません。

Nさんのように保険料の負担を重く感じている人は多いようです。加入しているのは貯蓄性の保険が中心。残念ながら、契約後にやりくりに困って中途解約すれば、元本割れしやすく、不利になります。加入した以上、見直すより続ける方が無難でしょう。

藤川太

藤川太
家計の見直し相談センター代表。ファイナンシャル・プランナー(CFP)

 

\あなたの家計簿を/
藤川さん・井上さんに見てもらえるかも!?

kkb-171019b

2017年10月から、人気の家計簿診断が「家計のお悩み答えます」としてリニューアル。家計の見直し相談センターのファイナンシャル・プランナー(CFP)である藤川太さんと井上陽子さんが、交互で家計の悩みに対してアドバイスします。

現在、家計の相談内容を募集中。1カ月の家計簿と相談内容について応募すると、無料で藤川太さん・井上陽子さんに相談に対する回答がもらえるチャンス! この機会に、気になる家計の悩みを相談してみませんか。

※相談に対する回答は「リビング新聞」紙面上および「リビングWeb」、リビング新聞関連媒体で紹介します。また、応募者全員の相談には回答できかねます。了承の上応募してください
※家計簿の回答者は藤川さん・井上さんのいずれか1人です(編集部におまかせとなります)

相談する

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 共働きで自宅の買い替えを検討。通勤に便利な中古物件にすべき?
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更