1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 7年使ってわかった!年賀状印刷サービス比較、本当にオトクなのはココ!【2019年用】

7年使ってわかった!年賀状印刷サービス比較、本当にオトクなのはココ!【2019年用】

11/1は「年賀状を考える日」。今年はどうするか、もう決めていますか? 筆者はここ7年ほどネットの印刷サービスを利用していますが、毎年新たなサービスが登場するのでリサーチが欠かせません! 自分に合った選び方のコツと、2019年用のおすすめサービスを厳選して紹介します。

nengajo-free2

年賀状ネット印刷の料金とサービス・業者の選び方

年賀状のネット印刷サービスはいろいろありますが、料金体系はやや複雑。簡単な見積もりフォームを用意しているところもありますが、基本は自分で計算することになります。

そこで、まず押さえておきたいのは、料金の組み立て方。これを理解していないと、思ったより高くついてしまった…なんてことになりかねません。

●通常かかる料金
印刷代…裏面(白紙側)のみ
年賀はがき代…基本62円×枚数。業者が用意。持ち込み可のところも
自宅への送料…裏面に印刷した年賀はがきが届く。宛名やコメントは自分で書く
●その他オプション料金
宛名印刷代、投函代行料金、ほか基本料金やデザイン代を別途設定しているケースも

このうち、何をどこまで依頼するのかによって料金が変わります。

例えば、裏面(白紙の面)の印刷だけを頼むのか、宛名まで印刷してもらうのか。はたまた手書きのコメントは一切せずに、印刷から投函まで一式頼むのか。利用したいサービスの料金を足して、合計金額を出します。

よくある「早期申込割引」は、裏面の印刷代のみの値引きであることが多いので要注意です。年賀はがきは原則として業者が用意します。もし先に購入してしまった場合は、はがき持ち込みが可能な業者を選びましょう。

今年の傾向としては、自宅への送料や宛名印刷(※入力作業は自身で行う)、投函代行など、無料特典の幅が広がってきたように感じます。しかし、お得だなと思うサービスにはいろいろな条件が付いているもの。

競争が激化し、料金が複雑になっている今、「とにかく最安値で!」と考えると疲弊してしまう可能性もあります。自分なりのこだわりと、納得できる予算や条件を決めて検討することも大切です。

続いて、2019年用の年賀状ネット印刷サービスのなかから、筆者が厳選した3社を紹介します。探すのが面倒な人やネット印刷を初めて使う人は、こちらも参考にしてみて。

はがき代が57円に!初心者でも安心「おたより本舗」

3年連続ネット通販受注件数1位*と、人気上昇中の年賀状印刷専門店「おたより本舗」。*日本能率協会総合研究所2018年2月調べ

会員登録をしなくてもデザインの仮作成ができたり、実際の仕上がりを確認できる印刷サンプルを無料で送ってもらえたり、きめ細かいサービスが充実しています。

何よりうれしいのが、普通のお年玉付き年賀はがきなのに、5円引きの57円になるところ! 印刷業界向けの専用用紙を使うことでコストを削減し、その分を還元してくれているのだそう。広告などが入っているわけではありません。

使い方がわからなければ、フリーダイヤルの電話対応も。11月からは休日対応もスタート。初心者でも安心です。

<お得ポイント>
お年玉付き年賀はがき代が5円引き、57円!
宛名印刷無料
●自宅への送料無料(ヤマト運輸のネコポス利用)
●投函代行無料…一部を宛名印刷まで、残りは自宅へ送付もOK
●早期割引…11月5日12時までの注文で適用。その他割引との併用も可

<その他の特徴>
●最短当日出荷…昼12時までに注文すると当日出荷が可能
●はがき持ち込み可

写真印刷のクオリティを追求するなら「しまうまプリント」

「しまうまプリント」は、デジカメ写真プリントの専門業者。写真のクオリティを求めつつ、コストを抑えたい人におすすめです。

はがきへ直接印刷する「印刷仕上げ」と、写真印画紙に印刷しはがきに貼り付けて作成する「写真仕上げ」の2種類があり、デザインによる料金の差がないのがポイント。

<お得ポイント>
●宛名印刷無料
●自宅への送料無料(ゆうパック利用)…写真配送専用パッケージで送られてくるので安心
投函代行無料…宛名ありと宛名なしが混在する注文の場合は不可

<その他の特徴>
スマートフォン専用アプリで制作可能
●簡易料金シミュレーターあり
…税計算などは別途

女子好みのデザインが豊富!「挨拶状ドットコム年賀状」

とにかくデザイン重視の人には、「挨拶状ドットコム年賀状」がおすすめ。年賀状のネット印刷サービスでは女性向けのデザインが少ないところが多いのですが、ここは女子好みのデザインが豊富です。

マスキングテープ作家のデザインや、そのままズバリ「大人女子年賀状」というカテゴリーも。また、デザインによる料金の差がないので、妥協することなく自分好みのデザインを選べます。

<お得ポイント>
●「Wお年玉年賀はがき」2円引き、60円…独自のお年玉企画付きで数量限定販売
●宛名印刷無料
●自宅への送料無料…ヤマト運輸の宅急便利用、2019年1月11日まで
投函代行無料…条件付きで2019年1月11日まで
早期割引…11月23日までの注文で適用

<その他の特徴>
●料金シミュレーターあり
…税込合計金額や内訳も表示され安心
●年賀状保管の専用箱プレゼント…先着10万人
●はがき持ち込み可
●問い合わせ対応のチャットサービスあり

年賀状の準備は、年末のバタバタした時期になると面倒に感じますが、早めに準備すれば意外と楽しめます。参入業者が増えたことで、デザインや価格、サービスもますます充実しています。今なら早期割引が適用されるところも多いので、ぜひチェックしてみて。

(ライター/コサイマイコ)

おたより本舗 https://happy-card.jp
しまうまプリント https://www.n-pri.jp
挨拶状ドットコム年賀状 https://nenga.aisatsujo.jp

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。
  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 7年使ってわかった!年賀状印刷サービス比較、本当にオトクなのはココ!【2019年用】
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更