1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 収入が少ないので持ち家の購入に踏みきれません

収入が少ないので持ち家の購入に踏みきれません

相談する
家計相談受付中/家計相談受付中 相談する

収入が少ないので
持ち家の購入に踏みきれません

東京都・Tさん(34歳)【夫32歳、長女3歳】

子どもが小学生になるまでに持ち家が欲しいので、頭金を貯めています。また、本当は第二子も希望していますが、収入が少ないので、踏みきれずにいます。持ち家にこだわりすぎない方がいいのでしょうか。


 

Tさんの家計簿は…

kkb-mark-180802

まずは健康回復を第一に

月々の貯蓄額も多いですし、貯蓄残高も2000万円と、住宅取得に向けて堅実家計です。さらに家計を見直すなら、通信費のプラン変更やキャリア変更でしょうか。

住宅取得の際は、都内の新築物件は高額ですので、現在の住まいの周辺にこだわらず、エリアを広げ、中古物件も検討して、選択肢を広げましょう。

ただ、心配なのは、夫の健康状態により、生命保険に加入できないこと。

もし、団体信用生命保険(団信)に加入できなければ、住宅ローンの借り入れができません。その場合、加入条件が緩和された「ワイド団信」に加入できればよいのですが、金利は0.2~0.3%上乗せとなります。

このまま貯蓄は続けつつ、まずは、健康回復が第一。時間はまだあります。

また、子どもが増えれば支出も増えます。児童手当の積立てのほか、自治体の子育て支援を確認するなど、公的支援をしっかり利用しましょう。

なお、一般の生命保険もある程度必要です。職場の団体保険等に加入できるかも確認を。

井上陽子

井上陽子
家計の見直し相談センター相談員。ファイナンシャル・プランナー(CFP)

 

\あなたの家計簿を/
藤川さん・井上さんに見てもらえるかも!?

kkb-171019b

2017年10月から、人気の家計簿診断が「家計のお悩み 答えます」としてリニューアル。家計の見直し相談センターのファイナンシャル・プランナー(CFP)である藤川太さんと井上陽子さんが、交互で家計の悩みに対してアドバイスします。

現在、家計の相談内容を募集中。1カ月の家計簿と相談内容について応募すると、無料で藤川太さん・井上陽子さんに相談に対する回答がもらえるチャンス! この機会に、気になる家計の悩みを相談してみませんか。

※相談に対する回答は「リビング新聞」紙面上および「リビングWeb」、リビング新聞関連媒体で紹介します。また、応募者全員の相談には回答できかねます。了承の上応募してください
※家計簿の回答者は藤川さん・井上さんのいずれか1人です(編集部におまかせとなります)

相談する

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 収入が少ないので持ち家の購入に踏みきれません

会員登録・変更