1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 具材の量も見せちゃいます!コンポタだけじゃない!冬に飲みたい缶入りスープを飲み比べ

具材の量も見せちゃいます!コンポタだけじゃない!冬に飲みたい缶入りスープを飲み比べ

自動販売機やコンビニで買える、冬の小さな幸せ。それはアツアツのスープ缶! かじかんだ指先から体の中まで、しっかり温めてくれるスープのおいしさは格別ですよね。これからますます寒くなる季節にチェックしておきたい、2018~2019年秋冬の缶入りスープを飲み比べてみました。コーンなど、具材の量も出して見せちゃいます!

コーヒーの“コク出し技術”を活用!サントリー「ビストロボス」シリーズ

181108_nc_soup_01

昨秋、サントリーの缶コーヒーブランド「BOSS(ボス)」から登場したのが、食事系スープ「BISTRO BOSS(ビストロボス)」シリーズ。ラインナップは、コーンスープとコンソメスープの2種類。コーヒーで培ったコク出し技術を活用したという、そのお味は…?

●「ビストロボス コク旨い、粒たっぷりコーンスープ」115円

181108_nc_soup_02

スープをひと口飲んでみると、甘さを抑えた大人向けのコーンスープといった印象。チキンブイヨンの旨味が効いています。

具材のスーパースイートコーンは、たっぷり入っていて満足感アリ! コーンの自然な甘味がスープと溶け合い、一緒に食べることでほどよい甘さになります。

●「ビストロボス 玉ねぎとビーフの旨み、スパイシーコンソメスープ」115円

181108_nc_soup_06

まず特徴的なのは、缶のプルトップを開けた瞬間に漂うビーフの香り! 飲むと肉の旨味がギュンと鼻の奥を通り抜けます。さらにタマネギの香ばしさと甘味、そしてピリッとスパイシーな香辛料の刺激が。

“スパイシー”と謳っているだけあり、かなりパンチの効いた仕上がりです。缶入りのコンソメスープはあっさりした印象でしたが、これは飲みごたえがあります。男性ウケもよさそう。

ひと手間かけたおいしさ!ダイドー「濃厚デリ」シリーズ

181108_nc_soup_03

ダイドーの「濃厚deli(デリ)」は、ひと手間かけて“濃厚さ”を引き出したシリーズ。家庭では出せないような味わいを手軽に楽しんでほしいというのがコンセプトだそう。ラインナップは、コーンポタージュと、オニオングラタン風スープの2種類。

●「濃厚デリ コクとろコーンポタージュ」115円

181108_nc_soup_05

従来品よりも、裏ごししたコーンピューレを増量したというこちらは、とろみのあるやわらかい口当たり。広口で飲みやすく、たっぷり入ったシャキシャキのスーパースイートコーンを最後の1粒まで食べられます。

ふたがキャップ式なのも、意外と助かるポイント。時間がない朝、ホームで飲みきれなかったときや、猫舌さん、いっぺんに飲みきれない子どもでも、ゆっくり味わえます。

●「濃厚デリ オニオングラタン風スープ」115円

181108_nc_soup_04

口をつけると、まず飛びこんでくるのはソテーしたオニオンの香ばしいにおいと甘味! あめ色になるまで炒めたタマネギを使用しているのだそう。

チキンコンソメやチキンブイヨンをベースに、デンマーク産のカマンベールチーズを加えることでグラタンの風味を出しています。サンドイッチやホットサンドなど、パン系のランチに合いそう。

日本人のソウルフードも缶で味わう!伊藤園&永谷園のみそ汁

181108_nc_soup_07

食事系スープ飲料といえば、日本人のソウルフードの1つ、みそ汁も外せません。朝はもちろん、飲み会帰りの胃の腑にもしみわたるみそ汁。伊藤園と永谷園から、それぞれ注目の1本を紹介します。

 ●伊藤園「とん汁」130円

181108_nc_soup_08

発売時、日本初の“缶入り豚汁”が登場したかと思いきや、「本品には豚肉は入っておりません」との注釈付きでSNSをにぎわせた伊藤園の「とん汁」。さっそく開けてみると、ゴボウの香りが濃厚!

具材は角切りのジャガイモ、小さめの丸コンニャク、ゴボウのみじん切りがふんだんに。食べごたえとしては十分な量が入っています。こちらも広口缶で食べやすい作り。

豚肉はやはり入っていませんが、ポークオイルを使用しているとのことで、豚肉の香りとコクはたしかに感じられます。また、麦みそと米みその合わせみそに、野菜ブイヨンとかつお節粉末…と、こだわりを感じる1本。おにぎりのお供にぴったりです。

●永谷園「1本でしじみ70個分のちから」121円

181108_nc_soup_09

しじみ70個分のオルニチン(25mg)が含有されているという、この商品。「オルニチン」はアミノ酸の1種で、肝臓の働きを助け、アルコール代謝をUPさせてくれるのだそう。

プルトップを開けると、貝の香り漂うなんだか懐かしい風味。缶の成分表示をよく見てみると、しじみエキスのほかに、ほたてエキスも入っています。想像以上に貝の旨味を感じられました。二日酔いではなくても飲みたくなる1本。

これからますます寒さが厳しくなる時期。朝食やランチに1本プラスするだけで、心も体も温まって満足感&やる気UP! ぜひあなた好みの缶スープを見つけてみてくださいね。

(ライター/里村素子)

※価格はすべて税別です。

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 具材の量も見せちゃいます!コンポタだけじゃない!冬に飲みたい缶入りスープを飲み比べ

会員登録・変更