1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 予定を“こなす”だけになってない?「手帳」を変えて、2019年こそ夢を叶えよう!

予定を“こなす”だけになってない?「手帳」を変えて、2019年こそ夢を叶えよう!

家族や仕事の予定に追われ、つい自分の時間が後回しになっていませんか? 大切なのは、予定を“こなす”のではなく、自分が本当にやりたいことを実現すること。そこで今回は、手書きの手帳にこだわり続けて10年以上の筆者が、2019年用のおすすめ手帳を3つ紹介します。

“やりたいこと”を見失いがちな人には『週末野心手帳2019』

「書けば書くほどやりたいことが叶う!」というキャッチコピーの『週末野心手帳2019』(1944円、ディスカバー・トゥエンティワン)。

ブロガー・作家のはあちゅうさんと、ライフスタイルプロデューサーの村上萌さんが共同プロデュースした手帳です。2人が主宰する「小さな野心を手帳で叶えるオンラインサロン」から生まれました。

ここでいう“野心”とは、ワクワクするようなこと。ToDoリストではなく、「自分がやりたい!」「挑戦したい!」と思うことにフォーカスしているのが特徴です。なんだか楽しそうですよね。

IMG_4584_600

「野心を叶える6つのステップ」「ウィッシュリスト」や「自己分析&ビジョンマップ」「2019年の野心」など、やりたいことを見つけ、実現するための情報が詰まっています。

o1080081014301470938

手帳を買ったら、まず、「年間マップ(写真右上)」に月単位で1年間のイメージを書きます。すると、毎月の過ごし方を意識でき、やりたいことが叶いやすくなるのだそう。

ダイアリーページは、月間、週間、1日の3種類。「デイリーページ(写真右下)」は日付のみで時間軸はないので、予定を書くだけでなく、今日あったことやアイデア、夢など、思いつくままに書き出せます。筆者は1日の振り返りを書く予定。

色はブルーとピンクの2色。手帳の帯を裏返すと、レモン柄(ブルー)とポピー柄(ピンク)のイラストカバーになります。

明確なビジョンに向かって突き進む『逆算手帳2019』

漠然とやりたいことはあってもなかなか実行に移せない人、あるいは目標に向かって突き進むのが好きな人には、『逆算手帳』(4000円、GYAKUSAN株式会社)がオススメです。考案者は、手帳カウンセラーのコボリジュンコさん。

ワクワクする未来を具体化し(Vision)、逆算して計画を立て(Plan)、楽しみながら実行する(Action)という「逆算思考」の3ステップで、思い描いた未来を実現していく手帳です。

IMG_4579_600

見た目は、使う人が自由にカスタマイズできるよう、あえてシンプルなデザインに。

o1080081014301470926

手帳にしては少し高いのですが、筆者は愛用歴2年目。使っていくうちに、自然と「逆算思考」が身につくことを実感しています。

「ライフビジョン(写真右上)」は、ライフワークや健康、人間関係など、8つのセクションごとに自分が「こうありたい」と思うビジョンを書き出し、達成度をチェックするもの。

「ガントチャート(写真右下)」は、仕事やプライベート、趣味など、スケジュールの全体像を俯瞰するためのツール。目の前の予定に追われるのではなく、今、自分がどこにいるのかが見えるというのは、意外と重要です。もちろん、夫や子どもの予定を把握するのにも便利。

新月と満月の日に願いを書くだけ!『パワーウィッシュノート2019』

「願いは叶ってあたりまえ」という帯のコピーに、思わず手が伸びる『パワーウィッシュノート2019』(1080円、講談社)。考案者は、占星術師で実業家のKeikoさんです。6000件以上の鑑定実績があり、メルマガ購読者は7万人超え。

IMG_4588_600

”引き寄せのカリスマ”と呼ばれる彼女によれば、「占星術は占いではなく、星のエネルギーを読み取るスキル」。つまり、この手帳を使うことで、Keikoさんのメソッドを実践できるんです。

1年間の日付ではなく、「新月」と「満月」の日時だけが書かれているのが最大の特徴。この日に「パワーウィッシュ(=自分の願い)」を書き込むことで、願いが叶うといいます。

o1080081014301470909

2019年版は、2018年9月から使えるので、筆者はすでに愛用中。「新月は決意にフォーカスし、満月は感謝の気持ちを書く」「新月、満月から10時間以内に書き終える」など、ルールに沿って使います。

あらかじめ「プレメモ(写真右上)」に思いついた願いを書き込んでおき、新月または満月を迎えたら、自分の願いを表す写真を「ムーンコラージュ(写真右下、左ページ)」に貼って「パワーウィッシュ(写真右下、右ページ)」を書き込むだけ。新月と満月のリズムに合わせて、自分の夢や願いをブラッシュアップしていけます。

使ってみたい手帳はありましたか?

3冊それぞれに特徴があり、筆者のように併用することもできます。もうすぐ2019年。来年こそ、夢を叶える手帳で自分に向き合い、充実した1年を過ごしてみませんか?

(ライター/atsuko)

ディスカバー・トゥエンティワン https://www.d21.co.jp/
GYAKUSAN planner http://www.gyakusan.net/
講談社 http://bookclub.kodansha.co.jp/

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 予定を“こなす”だけになってない?「手帳」を変えて、2019年こそ夢を叶えよう!

会員登録・変更