1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. “菌”で免疫力アップ~カギは腸内細菌 寒さに負けないカラダづくり~

“菌”で免疫力アップ~カギは腸内細菌 寒さに負けないカラダづくり~

体調の変化は、体内の菌のバランスが深く関係していると言われます。風邪を引きやすい、口臭が気になる…。それは、体内の菌バランスが不調で、免疫力が弱まっているのかも。免疫力アップのカギは腸内細菌。食生活などを通して腸内細菌のバランスを整え、免疫力をアップ! 寒さに負けないカラダづくりを目指しましょう。

あなたの腸内環境をチェック

多くあてはまるほど要注意!

□便秘や下痢が日常的にある
□肌荒れや肌のコンディションがイマイチ
□疲れやすく、イライラしたり、やる気が起きないことが多い
□お腹の張りを感じる
□おならが臭い
□アルコールを週の半分以上飲む
□日常、リラックスできていないと感じる
□ご飯などの主食や芋類など、糖質を極端に減らしている
□甘い菓子類やドリンクが好きで日常的に摂っている
□乳製品や果物、野菜、海藻、きのこなどを日常的に摂れていない

体内には2kgの菌が!

体内でもっとも多い菌は腸内細菌で約1.5kg~2kg ! 大きく分けて「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌(悪玉菌が増えると悪玉菌と同様に悪さを始める菌)」があり、3菌のバランスが乱れると体調に影響が出てくるのです。

181108kin01

免疫の7割が腸に!

腸には約7割の免疫機構があり、免疫力を強化するために必要なビタミン・ミネラル・脂肪酸などを腸内細菌が生み出しています。

ゆえに、腸内環境が整い、腸内細菌が十分にないと免疫力が上がらないのです。

181108kin02

ストレスケアも免疫力と深い関係が。腸粘膜には脳にサインを送る神経ネットワークが存在し、心の状態や食欲にも影響しています。

気分がすぐれない、イライラする、そんな時は腸内環境が影響している場合も。

181108kin03

腸内細菌の“餌”を食べよう

善玉菌、腸内細菌を増やすには、腸内細菌の“餌” を食べること。菌が大好きな糖質は種類の見極めが肝心。白米や雑穀米をローテーションで食べてみて。糖質制限は禁物です。

食物繊維豊富な根菜の炊き込みご飯、海藻やきのこを使ったみそ汁はこれからの季節にぴったり。発酵食品は善玉菌を多く含み、みそ汁は腸内環境の整備に有益に働く日本伝統の優秀メニュー。

181108kin05

時間がない時はヨーグルト+フルーツで。味噌汁やヨーグルトは、善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすビフィズス菌をサポートする乳酸菌が豊富な優等生です。

181108kin04

お口のケアもセットで

腸同様、口腔内にも菌は集中し、健康への影響が注目されています。歯みがきにプラスして、今話題の高いポテンシャルを持つロイテリ菌(プロバイオティクス)を補給。お口から体のケアも心がけて。

教えてくれたのは

181108kin06

フリーランス管理栄養士
米国NTI認定栄養コンサルタント
豊永彩子さん

ホリスティック栄養学や味覚にもフォーカスした考え方でカウンセリング・講師・コラム執筆・レシピ本出版など多数手がける

ブログ https://www.sungrant.gifts/

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. “菌”で免疫力アップ~カギは腸内細菌 寒さに負けないカラダづくり~
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更