1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. “捨てられない人”もできる!テレビで話題の「鬼速片づけ」で脱・汚部屋!

“捨てられない人”もできる!テレビで話題の「鬼速片づけ」で脱・汚部屋!

気づけばもう師走。大掃除のことを考えると憂鬱…という人も多いのでは? そこで、いま話題の書籍『鬼速片づけ』のやり方を大公開! モノを捨てるのが苦手な人でも、あっという間に片づくとテレビでも評判の方法です。部屋がきれいになれば、その後の掃除もラクラク。ぜひ今日から始めてみて。

*記事の最後に書籍プレゼントがあります

そもそも、なぜ片づけられないの?

「片づけなきゃ」と思っているのになかなかできない、いちばんの理由は「迷う」からです。

「まだ使えるし」「いつか使うかも」「もったいない」「頂き物だから」などと考えてしまい、なかなか捨てられない…心当たりのある人は多いでしょう。

もう1つは、モノが多すぎて「埋もれている」から。押入れや棚の奥にしまいこんだモノを引っ張り出してまで片づけようという気力は、なかなかわいてこないものです。

そして、この2つの問題を簡単にクリアできるのが「鬼速片づけ」。かつては自身も片づけられなかったという収納スタイリストの吉川永里子さんが考案した方法です。これならあなたの家もきっと“鬼速”で片づくはず!

準備するものは3つだけ!

鬼速片づけに必要なものは、たった3つ。

・ゴミ袋
・レジャーシート
・ダンボール

どれも大きめのものがオススメです。

ダンボールは、できるだけ汚いものを用意しましょう。おしゃれな箱はNG! さらに、目立つところに大きく「保留」と書いておきます。

鬼速片づけ(保留ボックス)

3ステップでどんどん片づく!「鬼速片づけ」のやり方

準備ができたら、いよいよ鬼速片づけを始めましょう。

1. 片づける場所を決める

鬼速片づけでは、棚や押入れなど、1カ所ずつ片づけていきます。まずは、今日はどこを片づけるか決めましょう。引き出し1つでもOK! ただし、リビングは最後にします。“誰のモノでもないモノ”が散乱していて、いちばん時間がかかる場所だからです。

床にモノが散らばっていて足の踏み場もないような場合は、一度、端に寄せる、大きめの箱に入れるなどして、作業する場所を確保します。

2. シートの上に、⽚づけたい場所にあるモノをすべて出す

床にレジャーシートを広げ、その上にすべてのモノを並べます。明らかに使っているとわかっているモノも、必ず出すこと。一度、その場所を空っぽにして、持っているモノを把握することが大切です。

鬼速片づけ(すべて床に出す)

鬼速片づけ(棚を空にする)

3. 1つずつモノを手にとり、残すか捨てるかを5秒以内に判断する

並べたモノを1つずつ手にとり、残すか捨てるかを判断していきます。毎日使っているモノはもちろん、⽉に1回程度、使っているモノは残します。逆に、「これはもういらないな」「こんなのまだ持っていたんだ」と瞬時に思うようなモノは、ゴミ袋へ直行。

「これはまだ使えるし…」「いつか使うかも…」など、判断に5秒以上かかるものは「保留ボックス」に入れます。

鬼速片づけ(保留ボックスに入れる)

「保留ボックス」に入れると、捨てたくなる!

判断が終わったら、保留ボックスは部屋の目立つところに置いておきます。絶対にしまいこんではいけません。

鬼速片づけ(保留ボックスを目立つところに置く)

日々、目にしていると、数日もすると「邪魔だなあ」と感じる存在に変化していきます。このため、保留ボックスに入れたものは結局、処分してしまう人が多いんです。

このように、鬼速片づけは「いったん保留にできる」からストレスがなく、しかも「だんだん捨てたくなる」のがスゴイところ。

判断が終わったら…

「捨てる」「残す」「保留」の判断が終わったら、以下のように収納していきます。

1. モノの場所を決める

そのモノを使う場所に置き、収納場所にはラベルを貼ります。「靴下」「パジャマ」など、家族の誰が見てもわかるように。

2. すべて見えるようにする

奥にしまいこんで見えないモノや、使わないモノは、ないのと同じと考えて。棚や引き出しの中に何が入っているのか、一目瞭然になるように入れ方を工夫しましょう。

3. 8~9割収納にする

モノが出し入れしやすく、すべてのモノを見渡せるようにするには、ギュウギュウに押し込まないことが大切。8~9割収納を心がけましょう。

片づけで人生が変わる!

⻤速⽚づけで必要なモノと不要なモノの判断を続けていくと、⾃分が何を必要としていて、何が好きで、何を⼤切にしたいか――つまり、⾃分の価値観や軸がわかってきます。

すると、決断⼒や⾏動⼒がアップしたり、⾃分の欠点も含めて認め、自分を⼤切にできるようになったりという変化が!

今日、引き出し1つだけでも、鬼速片づけできれいにしてみませんか? そこから人生が変わっていくかもしれません。

(リビングWeb編集部)

181128_nc_onisoku_prof_yoshikawa
吉川 永里子(よしかわ えりこ)
⽣き⽅スタイリスト・整理収納アドバイザー1級認定講師。Room&me代表。⽇本⼤学芸術学部写真学科卒業。2008 年より収納スタイリストとして活動を開始。⾃⾝も「⽚づけられない⼥」だった経験を活かし、⽚づけを通して⼈⽣を輝かすアドバイスを⾏っている。リアルな⼥性⽬線で⾏うライフスタイル提案は「無理しないありのままの⾃然な暮らし」だと、働く⼥性や主婦の間で話題に。講演・セミナー・テレビ出演も多く、テンポのいいわかりやすい説明が魅⼒。これまで4000⼈以上に⽚づけをレクチャーしている。

迷ったときの判断基準や、汚部屋に戻らないコツもわかる!書籍『なかなか捨てられない人のための鬼速片づけ』を3人にプレゼント

今回紹介した鬼速片づけの詳しいやり方がわかる書籍『なかなか捨てられない⼈のための⻤速⽚づけ』を3人にプレゼントします。

書籍『なかなか捨てられない人のための鬼速片づけ』
吉川永⾥⼦『なかなか捨てられない⼈のための⻤速⽚づけ』アスコム、2018年刊

応募はこちら

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. “捨てられない人”もできる!テレビで話題の「鬼速片づけ」で脱・汚部屋!

会員登録・変更