1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 窓の大掃除は“重曹”だけでOK!窓ガラスに網戸、サッシも全部きれいに♪

窓の大掃除は“重曹”だけでOK!窓ガラスに網戸、サッシも全部きれいに♪

年末に向けて、少しずつ大掃除に取り組もうと考えている人は多いでしょう。なかでも窓は、面積が大きいうえに、窓ガラスだけでなく網戸やサッシ、カーテンとパーツが多く、時間がかかるもの。大晦日の前に済ませておきたい場所の1つです。

かくいう筆者は、日ごろ窓掃除をさぼりがち。そこで今回は、人気の万能お掃除アイテム“重曹”を使って、いかに簡単に窓をきれいにできるか試してみました。

網戸は、粉末の重曹+メラミンスポンジで!

窓掃除をするときは、天気も重要なポイント。湿気で汚れが浮きやすくなっている「曇りの日」や「雨上がりの日」がベストです。晴れの日は反射して汚れが見えにくいのに対し、汚れがよく見えるというメリットも。スケジュールに余裕があれば、ぜひ天気予報もチェックして。

いざ掃除をする段になったら、まずはカーテンを外してそのまま洗濯機へ。その間に、網戸からきれいにしていきましょう。

網戸掃除では、重曹を粉末のまま使います。

IMG_5182 (1)

しっかりと水を含ませたメラミンスポンジに、重曹の粉末をつけてやさしく網戸を拭いていきます。スポンジは上から下に動かしていきましょう。やりにくいと感じる場合は、重曹を水で溶かし、スプレーしながらでもOKです。

ただし、窓の目の前に建物が隣接しているような場合は、汚れが飛び散らない粉末状のほうがおすすめです。

IMG_5187 (1)

窓ガラスは、水に溶かした重曹スプレー+ぞうきんで

続いては、窓ガラス。洗剤代わりに重曹スプレーを使います。作り方は簡単で、500mlのペットボトルに100均などで売っているスプレー口をつけ、水と重曹大さじ2を入れて振るのみ。

使い方のポイントは、窓に直接スプレーしないこと!

IMG_5242

窓に直接吹きつけると、液ダレや拭いた跡が残りやすくなってしまいます。濡らしてよく絞ったぞうきんにスプレーして使うようにしましょう。

IMG_5320

実は、この窓ガラスを拭く時間帯選びにも、掃除の秘訣があります。それは、重曹スプレーが乾きにくい朝! 日中は乾燥するスピードが早いため、拭いた跡が残りやすいんです。

また、拭く順番は、屋外側から。そうすることで室内側の汚れが見つけやすく、よりピカピカに磨けます。

サッシは、ペースト状の重曹+ぞうきんで

サッシもきちんと磨きましょう。磨くといっても、重曹を使えば汚れが落ちやすいので簡単です。まず、汚れが気になるところに重曹をふりかけスプレーボトルなどに入れた水を少量吹きかけます。

IMG_5191 (1)

次に、ペースト状になった重曹をぞうきんで拭きとるようにします。細かいところは割り箸に布を巻きつけたものや、使い古した歯ブラシなどを使っても◎。

ただし、アルミサッシの場合は要注意! 重曹はアルカリ性なので、長時間つけておいたり、強く磨きすぎると変色や黒ずみの原因になってしまいます。使わないのがいちばんですが、使いたい場合は、あくまでもサッと拭きとります。吹き残しがないように、最後に水拭きで仕上げると安心です。

IMG_5199

最後に、脱水したカーテンを付け直し、窓を開けて自然乾燥させれば窓掃除は完了! 午後から晴れれば最高ですね。

いかがですか? 重曹を使った窓掃除、ぜひ年末の大掃除の参考にしてみてください。ピカピカの窓で、気持ちのいい新年を迎えましょう!

(ライター/カフェくろねこ)

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 窓の大掃除は“重曹”だけでOK!窓ガラスに網戸、サッシも全部きれいに♪

会員登録・変更