1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 住宅ローンの返済で貯金が減り、3人の子どもの教育費が不安です

住宅ローンの返済で貯金が減り、3人の子どもの教育費が不安です

相談する
家計相談受付中/家計相談受付中 相談する

住宅ローンの返済で貯金が減り、
3人の子どもの教育費が不安です

神奈川県・Aさん(36歳)【夫37歳、長男9歳、長女4歳、次男2歳】

家のローンを早めに返済したので、その分貯金がありません。学資保険で子ども1人あたり150万円ちょっとの計算ですが、3人とも大学まで行くと考えると、今後の教育費が不安です。十分な教育費を準備するため、どこから見直したらいいですか?


 

Aさんの家計簿は…

通信費、保険など固定費から見直しを

教育費がどの位かかるかは、進路によって違います。ただ、給食費や塾・習い事などは日常の家計費で賄うのが基本。そして、高校の授業料は無償化により負担が軽くなっているので、貯蓄が必要な教育資金は、予備校・夏季講習等の費用、高校・大学の受験費用、大学の学費等でしょうか。

現在の貯蓄は、住宅ローンの返済を急いだので少々心細い状態。まずは見直し効果が持続する固定費を見直しましょう。

まず、携帯電話を格安スマホへ変更する計画は実行。

夫の生命保険は、職場に団体保険等の保障制度があるなら、既契約と比較して見直しを。また、子どもの共済は、自治体の医療費助成があるうちも必要か検討してみましょう。

それから、自動車関連。税金・車検・駐車場代・ガソリン代と、車の維持費はかなり大きな固定費となります。より経済的な車種への乗り換えや、カーシェアリング等の利用も検討してみては。

またフルタイムで働ける時期が来れば、さらに余裕を持って貯蓄できるでしょう。

井上陽子

井上陽子
家計の見直し相談センター相談員。ファイナンシャル・プランナー(CFP)

 

\あなたの家計簿を/
藤川さん・井上さんに見てもらえるかも!?

kkb-171019b

2017年10月から、人気の家計簿診断が「家計のお悩み 答えます」としてリニューアル。家計の見直し相談センターのファイナンシャル・プランナー(CFP)である藤川太さんと井上陽子さんが、交互で家計の悩みに対してアドバイスします。

現在、家計の相談内容を募集中。1カ月の家計簿と相談内容について応募すると、無料で藤川太さん・井上陽子さんに相談に対する回答がもらえるチャンス! この機会に、気になる家計の悩みを相談してみませんか。

※相談に対する回答は「リビング新聞」紙面上および「リビングWeb」、リビング新聞関連媒体で紹介します。また、応募者全員の相談には回答できかねます。了承の上応募してください
※家計簿の回答者は藤川さん・井上さんのいずれか1人です(編集部におまかせとなります)

相談する

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 住宅ローンの返済で貯金が減り、3人の子どもの教育費が不安です

会員登録・変更