1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 【ダイソー】焦げつきや油汚れにサヨナラ!「フライパン用調理シート」が便利すぎる

【ダイソー】焦げつきや油汚れにサヨナラ!「フライパン用調理シート」が便利すぎる

この春からお弁当作りをスタートした人もいるのでは? 慌ただしい朝は1秒でも節約したいですよね。ということで今回は、SNSでじわじわと人気が出てきている便利グッズ、ダイソーの「フライパン用調理シート」を紹介。時短になるのはもちろん、フライパンの手入れが面倒な人にもオススメです。

1902_daiso_eye

油不要でカロリーオフ、焦げつきナシ、洗い物ラクラク、同時調理も可能!

ダイソーの「フライパン用調理シート」は、その名のとおり、フライパンで料理するときに敷く紙製のシートです。

シリコーン樹脂加工が施されているため、油を使わなくても食材がくっつきにくく、片づけが楽ちん。小さいサイズを使えば、1つのフライパンで同時に複数の料理だってできちゃいます。

1902_daiso1

筆者が購入した店舗には、26cmサイズのフライパンに合うサイズ(10枚入り)と、直径約12cm(15枚入り)の2種類ありました。

注意点は、絶対にフライパンからシートがはみ出さないようにすること。引火すれば火事のもとになりかねません。必ず手持ちのフライパンに合うかどうかを確認してください。

卵料理も、こびりつきナシ!

では、実際に使ってみましょう。まずは卵料理の定番・オムレツから。卵って、フライパンにこびりつきやすいうえに、一度くっつくとなかなか落ちないですよね。

今回は具材たっぷりのスペイン風オムレツにしたいので、薄切りにしたジャガイモをシートの上に広げます。

1902_daiso_omu2

シートは電子レンジ対応なので、この状態で先にレンチンすれば、より時短になりそう。

続いて、具材を加えて味付けした卵を流し入れます。卵は8個使用しましたが、ギリギリこぼれませんでした。意外と量が入ります。

1902_daiso_omu1902_daiso_omu4

1902_daiso_omu5

じっくり焼き上げ、ボリュームたっぷりのオムレツが完成。カットして取り出してみると、焦げつきナシ! 大満足の仕上がりです。

小さいシートに小分けにして焼けば、そのままお弁当に詰めたり、1人分ずつ食卓に出したりすることも。

ホットケーキも焦げずに完成!

続いて、ホットケーキを焼いてみました。

焼き色にシートのシワが入ってしまうのが少々気になるものの、生地のこびりつきや焦げつきはナシ。油を使わなくても、するりときれいにひっくり返せます。

焼き上がりを待てない子供には、小さいサイズで同時に2~3枚焼くと喜ばれるかも。

1902_daiso_hot3

シートごと皿に移したら、フライパンを軽く洗って終了!

肉や魚など、脂が出るものを焼いてギトギトになっても、シートごと燃えるゴミに出すだけ。油汚れがないと、洗い物は本当に楽ちん! ストレスがグッと軽減されました。

お弁当作りは、小さいサイズのシートで時短!

小さいサイズのシートは、26cmサイズのフライパンに2~3枚入ります。

それぞれに違う具材を入れれば同時進行で調理でき、しかも大きめのお弁当ならシートごと入れられるので、そのまま詰めて完成!という荒ワザも。

1902_daiso_s1

子供が小さい、ダイエット中の家族がいるなど、異なるメニューを少しずつ用意したいときにも便利です。

1902_daiso_small

ただし、小さいサイズの取り扱い店舗は、大型店中心のよう。見つけたら即買いがオススメです。

便利そうだけど、そこまでしなくても…と思う人は、油汚れが気になるときだけ使ってみてもいいかもしれません。

何かと気ぜわしい春。疲れが溜まる前に、便利グッズも上手に取り入れていきましょう。

(ライター/コサイマイコ)

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。
  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 【ダイソー】焦げつきや油汚れにサヨナラ!「フライパン用調理シート」が便利すぎる

会員登録・変更