1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. PayPayって何?今さら聞けない“QRコード決済” 初心者へのおすすめはこの3つ!

PayPayって何?今さら聞けない“QRコード決済” 初心者へのおすすめはこの3つ!

最近、なにかと話題の「QRコード決済」。政府がキャッシュレス化を推進していることもあり、テレビでもよく取り上げられるようになりました。気になっている人も多いのでは? そこで「使ってみたいけれど、ちょっと怖い」「どのサービスを選べばいいのかわからない」という人のために、QRコード決済について解説します。筆者も実際に使ってみました!

qr1

QRコード決済のしくみとは?

スマートフォンの普及とともに広がった「QRコード(二次元バーコード)」。あの正方形のドット型バーコードは、皆さんも見たことがありますよね。スマホなどに搭載されたカメラをかざすだけで多くの情報を読み取れるので、さまざまなシーンで使われています。

そのQRコードを利用して、スマホアプリで設定したクレジットカードや銀行口座、事前チャージ済みの電子マネーなどで支払うのが、「QRコード決済」です。

スマホさえあれば、専用アプリをインストールし、支払い方法を設定するだけで使いはじめられます。

実際に支払うときの方法は2種類あります。1つは、お店が提示するQRコードを自分が読み取る「コード支払い」。もう1つは、自分のスマホアプリに表示されたQRコードをお店側が読み取る「スキャン支払い」です。

コード支払いの場合は、読み取ったあとに自分で金額を入力して店員さんに確認してもらう必要があるため、両方に対応しているお店ならスキャン支払いのほうが簡単。しかし、スキャン支払いはお店側が専用機器を導入する必要があるので、コード支払いしか対応していないケースもあります。

QRコード決済のメリット&デメリット

QRコード決済のメリットとしては、以下のような点が挙げられます。

・財布を持ち歩く必要がない
・現金に比べて会計がスピーディー
・ほとんどのスマホで利用できる(おサイフケータイなどのように機種に依存しない)
・決済会社ごとにポイントサービスや割引キャンペーンなどを受けられる
・アプリ内に決済履歴が残るので、家計管理をしやすい
・少額決済でも抵抗なく使いやすい

逆にデメリットして言われているのは、以下の点です。

・スマホの充電が切れたら使えない
・通信状況が悪いとスムーズに決済できない
・スマホを忘れると使えない
・スマホをなくしたり、盗難に遭ったときに悪用されるリスクがある

スマホだけに頼って外出すると、充電切れや通信状況、不具合などで決済できないケースはありえそう。

また、とにかくスマホに依存する決済方法のため、推測されにくいパスワードや指紋認証など、セキュリティ設定には万全を期す必要があります。

大手3社のサービスを比較! どんな人に向いている?

昨年頃から、各社が参入をはじめたQRコード決済サービス。なかでも一般の認知度が高い大手サービスを3つ紹介します。自分に合ったサービスを選ぶ参考にしてくださいね。

qr2

●100億円還元キャンペーンで大注目の「PayPay」

まずは、大量のCMと昨年実施された「総額100億円還元キャンペーン」で一気に知名度を上げたPayPay。ヤフーとソフトバンクが共同出資した会社が運営しています。

・支払い方法
電子マネーの「PayPay残高」(銀行口座などからチャージ)と「Yahoo!マネー」、クレジットカードの3種類。電子マネー利用にはYahoo! JAPAN ID連携が必要です。

・ポイントや特典など
まず、新規登録をするだけでPayPay残高500円相当がもらえます。そしてPayPayを利用して支払うと、その場で支払い金額の0.5%相当のPayPayボーナスが付与されます(付与上限はひと月5000円相当まで)。このPayPayボーナスはPayPay残高として支払いに使えます。

・こんな人におすすめ
2019年2月12日からは、2回目の100億円還元キャンペーンがスタート! ほかにもさまざまなキャンペーンを行っているので、キャンペーン情報をこまめにチェックしてポイントを貯めるのが好きな人に向いています。また、還元率が高く設定されているYahoo!クレジットカード利用者にも◎。

●プリペイド型で安心、気軽にはじめられる「LINE Pay」

LINEの決済機能に含まれる「LINE Pay」は、買い物はもちろん、LINEの友だちへの送金や割り勘もできるのが特徴。LINEユーザーなら、「ウォレット」メニューをタップして残高をチャージするだけで使いはじめられます。QRコードだけでなく、JCBカード加盟店で使える「LINE Pay カード」などの決済方法も提供。

・支払い方法
銀行口座やセブン銀行ATM、コンビニなどでのチャージに対応。銀行口座を設定した場合はオートチャージもできます。

・ポイントや特典など
LINE Payを利用して貯まるのが、独自のランク制度である「マイカラー」。マイカラーは利用金額によって、ポイントの還元率が変わります。2018年8月から2019年7月までは、LINE PayでQRコード決済を利用した場合に限り、ポイント率が3%上乗せされて、3.5%~5%の高い還元率が得られるキャンペーンを実施中。

・こんな人におすすめ
銀行口座やコンビニなどで簡単にチャージでき、「とりあえずLINEアプリなら入っているから試してみようかな」という気軽さではじめられるのが魅力です。また、クレジットカードと連携するのに抵抗がある人、プリペイド型のほうが安心という人にもおすすめ。家族や友達が使っていれば、割り勘などのちょっとした送金を手数料無料でできるところも◎。

●楽天カード保有者ならこれ一択!?「楽天ペイ」

楽天カード保有者なら、お得にポイントを貯められるのが「楽天ペイ」。QRコード決済だけでなく、オンライン決済方法としても使えます。楽天以外の通販サイトでも、楽天ペイを導入していれば同じように楽天ポイントが貯まります。

・支払い方法
楽天カード、またはその他のVisa、Mastercardが使えます。

・ポイントや特典など
200円につき楽天ポイントが1ポイントが貯まります。支払いを楽天カードにすれば、さらに100円につき1ポイントが加算され、200円ごとに3ポイント貯まります。

・こんな人におすすめ
楽天でよく買い物をする人や、楽天ポイントを効率よく貯めていきたい人には楽天ペイ一択といえるでしょう。アプリをダウンロードしたら、楽天IDでログインするだけで使えるようになります。いちいちチャージするのは面倒、クレジットカードで支払いたいという人にも。

初心者でも意外と簡単! 実際に使ってみた

コンビニや薬局をはじめ、取扱店舗がどんどん拡大しているQRコード決済。初心者でも簡単ということで、筆者も実際にQRコード決済を使ってみました。

楽天ユーザーの筆者が登録したのは、楽天ペイ。アプリをダウンロードして楽天IDでログインすると、すぐにバーコードが表示されました。あまりの簡単さにびっくり!

rpay1

さっそくコンビニで使ってみます。

商品をレジに持っていき、「楽天ペイで支払います」と告げると、店員さんがQRコードを発行してくれました。自分のスマホでアプリを起動し、画面上部中央の「QR読み取り」をタップ。発行されたQRコードを読み取り、金額を入力します。

すると、すぐに支払いが完了!

クレジットカードのような、カードをスキャンしたあとの待ち時間もまったくなく、とてもスピーディーに会計を済ませることができました。

SuicaやPASMOなどのICカードに比べると、やはりアプリを起動して読み取る作業の手間や時間はかかります。しかし、現金やクレジットカードでの支払いに比べると断然ラクでした! 慣れれば、レジに着いてから10秒もかからずにお会計が済みそうです。

なによりもポイントが貯まりやすいので、毎日の買い物をQRコード決済にすれば、相当のポイントが貯まるはず。実際に約400円の買い物で、6ポイントもゲットできました。取り逃しがちだった少額決済のポイントも、これでしっかりゲットできるようになりそうです。

まだまだスタートしたばかりのQRコード決済。各サービスでは、集客のためにたびたびお得なキャンペーンを展開しているので、この機会に使ってみてはいかがでしょう。なお、使いはじめるときは、スマホ端末のロックとアプリのセキュリティ設定をしっかり確認し、万一の紛失・盗難に備えてくださいね。

編集部注:この記事はQRコード決済の利用を推奨するものではありません。各サービスの利用は自身の責任で行ってください。

(ライター/富士みやこ)

PayPay https://paypay.ne.jp/
LINE Pay https://line.me/ja/pay/
楽天ペイ https://pay.rakuten.co.jp/

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. PayPayって何?今さら聞けない“QRコード決済” 初心者へのおすすめはこの3つ!

会員登録・変更