1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 出費が続いて貯蓄が激減…ボーナスでやりくりする現状です

出費が続いて貯蓄が激減…ボーナスでやりくりする現状です

相談する
家計相談受付中/家計相談受付中 相談する

出費が続いて貯蓄が激減…
ボーナスでやりくりする現状です

神奈川県・Aさん(40歳)【夫39歳、長女1歳】

不妊治療、車購入、住宅購入契約破棄などで約800万円の貯蓄が一気になくなりました。ボーナスを生活費に回してやりくりしています。社宅を出ねばならず、夫の実家に増築予定。第2子も考えています。年齢と収入上、どちらかあきらめるべき?


 

Aさんの家計簿は…

まずは支出の把握をしっかりと

家計簿上は黒字で、ボーナスで家計費を補てんしているようには見えません。家計簿外の支出が多いということです。小遣いも、いくら遣ったか不明のまま。支出内容の把握ができていない点は問題です。まずは、小遣いを決めるなどして、支出をしっかり把握してください。無駄が隠れている可能性も。

次に気になるのは、固定費。光熱費・通信費はキャリアやプランを変更すれば、見直し効果は大きいはず。生命保険も死亡保障については見直し余地がありそうです。そして、自動車・バイク・スクーターですが、保険料を含め、維持費はかなりの金額となります。すべて必要かも再度検討しましょう。

復職すれば資金的余裕は出ますが、第2子を考えるなら、その時期はまた収入が減りますし、その後フルタイムで復職できるかも不明です。住宅の予算もコストダウンできないか、増築せずに同居は無理か、など総合的に検討してみてください。

今後は教育資金・住宅ローン返済・老後資金の貯蓄が同時進行となります。計画的な資金準備が必要です。

井上陽子

井上陽子
家計の見直し相談センター相談員。ファイナンシャル・プランナー(CFP)

 

\あなたの家計簿を/
藤川さん・井上さんに見てもらえるかも!?

kkb-171019b

2017年10月から、人気の家計簿診断が「家計のお悩み 答えます」としてリニューアル。家計の見直し相談センターのファイナンシャル・プランナー(CFP)である藤川太さんと井上陽子さんが、交互で家計の悩みに対してアドバイスします。

現在、家計の相談内容を募集中。1カ月の家計簿と相談内容について応募すると、無料で藤川太さん・井上陽子さんに相談に対する回答がもらえるチャンス! この機会に、気になる家計の悩みを相談してみませんか。

※相談に対する回答は「リビング新聞」紙面上および「リビングWeb」、リビング新聞関連媒体で紹介します。また、応募者全員の相談には回答できかねます。了承の上応募してください
※家計簿の回答者は藤川さん・井上さんのいずれか1人です(編集部におまかせとなります)

相談する

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 出費が続いて貯蓄が激減…ボーナスでやりくりする現状です

会員登録・変更