1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 【アイデア文具】画期的!見えづらい文字もハッキリ見える、不思議な“定規”って?

【アイデア文具】画期的!見えづらい文字もハッキリ見える、不思議な“定規”って?

「遠くを見る時、たまに目を細めて見てしまう」「会議中スライドの文字が見えづらい」「黒板の文字の一部がぼやけてしまう」…こんな見えづらい場面で使える、不思議な“定規”が登場!? サンスター文具は、プラスαの機能が付いた便利な定規「メガミエ」を、3月下旬より順次発売します。これがなんとも画期的なんです!

20190313_antenna_megamie_8

文字が見えづらい…そんな場面でおすすめ!

同商品は、文字が見えづらい・ぼやけて見える時に定規のピンホール(孔)を目に当てて覗くだけで、見えにくいものがハッキリ見えるというスグレモノ。

ペンケースに入れて持ち運べ、定規として普段使いはもちろんのこと、見えづらさを感じた時にサッと取り出して使用することもできるアイデア文具です。

20190313_antenna_megamie_3

ピンホール原理ってナニ?

どうしてハッキリ見えるようになるの?と思った人もいるはず。その答えは、“ピンホールの原理”とやらにあるようです。

なんでも、近視・遠視の場合、目に入った光は目の網膜部分からずれた位置に焦点が合うようになってしまっているのだそう。それが、ピンホールを通して見ることで目に入ってくる光の範囲が制限され、正視に近い位置に焦点が合うようになり、ハッキリと見えるようになるのだとか。

20190313_antenna_megamie_6

同商品では、同じ大きさのピンホールの最短距離~最長距離を、子どもと大人の瞳孔距離(子ども:約50~60mm/大人:約62~68mm)に合わせることで、誰でも使用できる設計になっています。

※数値はおおよその目安です。
※子ども:12歳以下の平均距離を想定。

定規「メガミエ」、どうやって使うの?

20190313_antenna_megamie_5

使用方法は、定規を目に当てて、ピンホールから覗くだけ! 通常は大きいピンホールを使用しますが、野外や明るい部屋、モニターやプロジェクターなどの発光体を見る場合は、小さいピンホールを使用します。

20190313_antenna_megamie_2

カラーは、ブラック・ピンク・ブルー・グリーンの全4色。使用する際は、色の濃い面を目の側にしたほうが、よりハッキリ見えるとのことです。なお、ブラックは両面とも同色のため、どちらから覗いても見え方は変わりません。

これをペンケースに入れておけば、見えなくて困った…が減りそうですね。ただ、定規を目に当てた姿は、まわりからの視線を集めたりして!?

『メガミエ』
http://www.sun-star-st.jp/campaign/standard_stationery/megamie_ruler/index.html
価格:300円(税別)
本体サイズ:W160×H33×D2mm
材質:PMMA
種類:全4色(ブラック・ピンク・ブルー・グリーン)
生産国:日本
【使用上の注意】
・この商品は医療用ではありません。
・この商品に視力改善の効果はありません。
・ピンホール原理は視力の良い方や適正に矯正されている視力に対しては効果がありません。また、見え方には個人差があります。
・暗い場所だと効果がわかりにくいことがあります。
・この商品は双眼鏡や望遠鏡のように遠くを見るためのものではありません。
・目の不調や体調の優れない方は使用しないでください。
・使用中に気分が悪くなったり、違和感を感じた場合は直ちに使用を中止してください。
・目を痛める危険性があるため、使用中に太陽を見ることは絶対にしないでください。
・見たものが複数に見えることがありますが、ピンホール原理の特性です。
・使用するときは、周囲の安全を確認してから使用してください。
・使用しながらの移動や運転、運動はしないでください。
・連続して長時間の使用はしないでください。
・定規が目に入らないようご注意ください。

サンスター文具
http://www.sun-star-st.jp/

※この記事は2019年3月13日現在の情報です

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 【アイデア文具】画期的!見えづらい文字もハッキリ見える、不思議な“定規”って?

会員登録・変更