1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 2人目の子どもと家の買い替えを考えていて、今後が不安です

2人目の子どもと家の買い替えを考えていて、今後が不安です

相談する
家計相談受付中/家計相談受付中 相談する

2人目の子どもと家の買い替えを
考えていて、今後が不安です

埼玉県・Iさん(28歳)【夫33歳、長男2歳】

2人目の子どもを考えています。また、数年以内に現在のマンションを売って、都内に家を購入しようと考えています。日頃からあまりお金を使わないようにして、順調に貯蓄をしてきましたが、今後が不安です。アドバイスをお願いします。

収支内訳
 

Iさんの家計簿は…

住宅ローン支払いは年収の2割まで

夫33歳、妻28歳の若いご夫婦で、すでに貯蓄が1600万円。優秀な家計です。この調子でいけば、大きな問題は発生しにくい家計でしょう。ただ、Iさんの家計にも落とし穴がないわけではありません。

まず、買い替えを検討している東京の家は現在よりも高いはず。予算を決めて、予算の範囲内でできるだけよい条件の家を探しましょう。

目安としては、年間の住宅ローンの支払いが額面年収の2割を超えない範囲で予算を組みましょう。2割を超えるようだと、教育費負担が膨らみやすい高校・大学の時期にやりくりに苦労しやすいので、注意しましょう。

また、2人目の子どもが生まれた後も、これまで通り妻が働くことが重要です。妻の収入が大きく減ると、さすがに厳しい家計となります。

妻の収入は子どもの教育費の準備だけでなく、住宅買い替えの予算にも大きく影響します。家の買い替えを2人目が生まれた後、妻が働けることを確認してからにするとリスクは少なくなります。

藤川太

藤川太
家計の見直し相談センター代表。ファイナンシャル・プランナー(CFP)

 

\あなたの家計簿を/
藤川さん・井上さんに見てもらえるかも!?

kkb-171019b

2017年10月から、人気の家計簿診断が「家計のお悩み答えます」としてリニューアル。家計の見直し相談センターのファイナンシャル・プランナー(CFP)である藤川太さんと井上陽子さんが、交互で家計の悩みに対してアドバイスします。

現在、家計の相談内容を募集中。1カ月の家計簿と相談内容について応募すると、無料で藤川太さん・井上陽子さんに相談に対する回答がもらえるチャンス! この機会に、気になる家計の悩みを相談してみませんか。

※相談に対する回答は「リビング新聞」紙面上および「リビングWeb」、リビング新聞関連媒体で紹介します。また、応募者全員の相談には回答できかねます。了承の上応募してください
※家計簿の回答者は藤川さん・井上さんのいずれか1人です(編集部におまかせとなります)

相談する

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 2人目の子どもと家の買い替えを考えていて、今後が不安です

会員登録・変更