1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 「うわ、透けちゃってる…」を全力回避!白スカートでも下着が透けないプロのテク4つ

「うわ、透けちゃってる…」を全力回避!白スカートでも下着が透けないプロのテク4つ

夏のマストアイテムといえば、白スカート。涼しげでさわやか、かつ女性らしい華やかさも演出できて、そのうえ何色を合わせてもキマるという便利さ! 着ない手はありません。でも、透けやすいのが難点…。そこで今回は、現役ファッションアドバイザーの筆者が、白スカートの透け問題を解決するテクニックを紹介します。

【生地】ペラペラじゃ意味ナシ!裏地の質をチェック

190718_nc_whiteskirt_02

白スカートを買うなら、裏地付きを選ぶのが基本中の基本。ただし、裏地が付いているからといって、安心してはいけません。生地の質もよくチェックして。ペラペラのものだと、やはり透けてしまいます。

スカート自体の生地も、薄すぎるものは避けましょう。ハリ感が強いデニムのような厚地、もしくはリネンのような繊維感のある生地を選ぶと、より透けにくくなります。

【デザイン】プリーツスカートで透けにくさアップ

190718_nc_whiteskirt_03

デザインは、プリーツがおすすめ。ヒダの重なりで透けにくさがUPします。今年買うなら、タイトより断然フレア! 丈はロングが引き続きトレンドです。

【試着室】5つのポイントを押さえて徹底チェック

白スカートを買うときは、できればネット通販は避け、お店で試着するようにしましょう。

・ヒップを突き出して密着させる

試着室では、鏡の前でしゃがんだり、ヒップを可能なかぎり突き出して透け具合をチェックします。普通に立っていると気づかなくても、肌に生地が密着すると気になることも。

・サイズ違いも試してみる

ヒップラインのフィット感によって透け具合に差が出ることもあるので、ジャストサイズだけでなく、前後のサイズも履いてみるのがコツ。

・手鏡でバックスタイルを見る

筆者がよくやるのは、手鏡を持参すること。合わせ鏡にしてバックスタイルチェックすると、後ろを振り返って見るより、透け具合がはっきりわかります。

・明るい光の下で確認する

試着室の照明は、少し暗めのこともあります。透け具合は光の加減でも大きく変わるので、恥ずかしがらずに試着室を出て、明るい照明の下で確認しましょう。

・あえて濃い色の下着を履いていく

実際に合わせる予定のショーツやペチコートを履いていくのもいいですが、あえて濃い色で透け具合をチェックするのもアリです。

【下着】シームレスな濃いめベージュがベスト!

できるだけ透けないスカートを選ぶのが大前提ですが、下着選びも重要です。

とにかく白いショーツはNG! 白は肌色となじまないので、かえって境目が目立ってしまいます。おすすめは、濃いめのベージュやモカ、薄いグレーなど。

デザインは、シームレスでシルエットが響かないシンプルなボクサータイプなどが◎。白スカートの日は、レースなどの飾りがあるものは避けましょう。

【インナー】ペチコートより動きやすい「ペチパンツ」

190718_nc_whiteskirt_01

白スカートの下に合わせるなら、ペチコートより「ペチパンツ」(上の写真左)がおすすめ。

スカートの裾を気にすることなく、またパンツスタイルのようにアクティブに動けるので、1枚あると便利です。

190718_nc_whiteskirt_05

白いボトムスは、履くだけでこなれ感が出る秀逸アイテム。透けを気にせず、安心して履ける1枚をぜひ手に入れてくださいね。きっと夏のおしゃれが楽しくなるはず!

(ファッションアドバイザー/里村素子)

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 「うわ、透けちゃってる…」を全力回避!白スカートでも下着が透けないプロのテク4つ

会員登録・変更