1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 「秋って何を着ればいいの!?」を解決!“ロゴT”でかんたん大人の秋コーデ

「秋って何を着ればいいの!?」を解決!“ロゴT”でかんたん大人の秋コーデ

初秋の風が心地よい季節。でも日中はまだ暑さが残り、なかなか秋服にシフトにできなくて…とコーディネートに悩んでいる人も多いのでは? そんなときに便利なのが、実はロゴT入りシャツ。その着こなしのコツをファッションアドバイザーの筆者がお伝えします。

おしゃれの“ハズし”アイテム!大人のロゴT選びのポイントは?

ロゴTってラフだし、子供っぽくなりそうと敬遠している人もいるかもしれません。あるいは、おしゃれというより、ただラクだから着ているという人も。

でもちょっとしたコツさえ押さえれば、秋冬のシックな色合いのコーディネートにほど良い抜け感をプラスしてくれる便利アイテムなんです。

ポイントは、シンプルな白地に、黒いロゴが入ったデザインを選ぶこと。

190920_nc_logot_05

カラフルなTシャツはPOPな印象になりがちですが、色味を抑えれば大人が着ても違和感ナシ。辛口でエッジの効いたコーディネートだってできちゃいます。

また文字のサイズは大きいほどカジュアル度がアップするので、小さめを選びましょう。上の写真くらいまでを目安にしてください。

できれば言葉の意味も気にしたいところ。あまりに過激な内容やシュールすぎるものは避けるのが無難でしょう。ネイティブの人に苦笑されるのは恥ずかしいですよね。

あとはパッと見、全体的にどことなくきれいめで落ち着いた雰囲気があればOKです。

気温差にも対応!ロゴT+ニットカーデの肩掛け

190920_nc_logot_02

いちばん簡単な秋のロゴTコーデは、ニットカーディガンの肩掛け。ロゴの文字が全部見えるようで見えない仕上げがポイントです。

真夏なら足元はサンダルを合わせるところですが、秋はフラットなバレエシューズにチェンジ。ニットカーデを肩に掛ければ、フェミニンなロゴTスタイルの完成です。トレンドカラーのブラウンなら、今年らしさも出せます。

こなれ感アリ!ライダース×プリーツスカートの甘辛MIX

190920_nc_logot_03

もう少し気温が下がってきたら、ライダースジャケットを合わせるのもおすすめ。

これだけだと少々ハードなので、ボトムスにはプリーツスカートのような女性らしいアイテムを選びます。足元を白スニーカーで軽やかにまとめれば、こなれ感のある甘辛MIXスタイルの完成です。

意外とやらない?ロゴTをそのままコートにインして軽やかに

190920_nc_logot_04

あまりやらない組み合わせですが、ロゴTの上にそのままコートを羽織ってしまうのもアリ。重めのトーンが多い秋冬アイテムに明るさをプラスし、軽やかさを出してくれます。

トレンチコートなら、足元はおじ靴できちんと感を出すと良いバランスに。寒暖差にも対応する意外と実用的なコーデです。

ロゴTでカジュアルダウン!紺ブレ×パンプスのきちんとコーデ

190920_nc_logot_01

きちんと感のあるトラッドな紺のブレザー。そのままだと普段使いしにくいですが、インナーをロゴTにすれば、コンサバすぎず、きれいめなコーディネートが完成します。

きちんとした印象は出したいけれど、決めすぎはちょっと…というシーンにもってこいのスタイリングです。写真ではヒール靴を合わせていますが、スニーカーでさらにカジュアルダウンしてもOK。

今年の衣替えでは、Tシャツをしまいこむ前に、秋冬でも着られるデザインがないかチェックしてみてくださいね。1年中、活躍するスタメンに格上げできれば、手持ちの服の枚数は同じでも、コーディネートの幅が広がります。

(ファッションアドバイザー/里村素子)

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 「秋って何を着ればいいの!?」を解決!“ロゴT”でかんたん大人の秋コーデ

会員登録・変更