1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. バブル世代は要注意!派手にならずに今っぽい「アニマル柄」の着こなし方

バブル世代は要注意!派手にならずに今っぽい「アニマル柄」の着こなし方

パイソン柄、レオパード柄、ゼブラ柄など、一昨年あたりからアニマル柄がトレンドになっています。でもその取り入れ方によっては、「バブルっぽい」「派手すぎる」といったマイナスの印象になってしまうことも。

そこで今回は、ファッションアドバイザーの筆者が、アニマル柄のじょうずな取り入れ方とコーディネート例を紹介します。

アニマル柄の種類と特徴

ひと口に「アニマル柄」といっても、種類はさまざまです。まずは主な柄の種類と、その特徴を確認しておきましょう。

●パイソン柄(ヘビ柄)

191111_nc_animal_03

パイソンはニシキヘビの英名から派生した呼び名で、いわゆるヘビ柄のこと。グレー系やベージュ系のベースに波打ったラインと細かい斑点がエキゾチック、かつクールな印象を演出してくれます。アニマル柄ビギナーでも比較的、取り入れやすい柄です。

●レオパード柄(ヒョウ柄)

191111_nc_animal_04

レオパードとは、ネコ科のヒョウのこと。かつてはヒョウ柄と呼ばれていましたが、最近はレオパード柄といわれるようになってきました。

基本は黄色系のベースに黒の斑点模様。そのコントラストからインパクトは強めです。ただし斑点の大きさや模様の描き方にバリエーションがあり、モノによって大きく印象が変わります。

●ゼブラ柄(シマウマ柄)

191111_nc_animal_01

ゼブラ柄は、いわゆるシマウマ柄のこと。基本は白黒の2色配色でクセがなく、無地の服ならどんな色にもなじみます。とくにモノトーンが好きな人におすすめ。

●ダルメシアン柄

191111_nc_animal_09

ダルメシアンは、ディズニー映画『101匹わんちゃん』でもおなじみの犬種。こちらも基本はモノトーンで、ランダムなブチ模様です。ドット柄に近いデザインのものもあり、インパクトの強いアニマル柄のなかでは控えめで上品なテイストと言えます。

ほかにもジラフ柄(キリン柄)やトラ柄、ウシ柄など、さまざまなアニマル柄がありますが、大人が身に着けるという点では、上の4つがモード感が高く、シックな雰囲気を出しやすいのでおすすめです。

アニマル柄を取り入れるなら、まず足元から!

アニマル柄に慣れないうちは、面積が小さめのアイテムから取り入れるのがポイント。なかでも靴は、顔からいちばん離れているので、もっとも気軽に身に着けられます。

191111_nc_animal_17

アニマル柄はパンプスに多いイメージですが、サンダルはもちろん、ローファーやスリッポンなどフラットなものまで豊富に出ているます。ふだんの自分のコーディネートに合わせやすいタイプを選んでみてくださいね。

シーズンレスに使えるバッグは小ぶり

191111_nc_animal_18

秋冬のイメージもあるアニマル柄のなかで、季節問わず使えるのがバッグ。ただしインパクトが強いので、サイズは小ぶりのものを選びましょう。形も、トートバッグやスクエア型のように角があるものではなく、丸みを帯びたデザインのほうが、やわらかい印象になりおすすめです。

巻くべからず?ストールは

191111_nc_animal_19

ストールはアニマル柄が多いアイテムですが、面積が大きいので巻くのはNG! 顔まわりにアニマル柄を持ってくるのは、かなり難易度が高いと心得て。本当に寒い日は、アニマル柄以外のストールを使うのが無難です。

では、アニマル柄のストールはどう使うのかというとは、さらりと首に垂らすようにかけ、上からコートを羽織ってチラ見せさせたり、写真のようにバッグと一緒に持ったり、コーディネートのアクセントにします。ふだんのコーデがシンプルな人は、これだけでコーデにメリハリがつくこと間違いナシ!

慣れてきたら、スカートにも挑戦!

191111_nc_animal_20

アニマル柄に慣れてきたら、ぜひ挑戦してほしいのがスカート。面積は大きいけれど、3つのポイントさえ押さえれば攻略できます。

(1)ふんわりシルエット

体に沿うようなタイトなものではなく、フワッとしたAラインやフレアスカートを選ぶこと。

(2)トップスもふんわり、主張しない色で

合わせるトップスもスカート同様、ゆったりめのシルエットを選びます。カラーは黒やホワイト、グレーなどベーシックカラーにすること。

(3)足元はヒールよりフラット

攻めすぎコーデに見えないように、足元はパンプスではなく、ダッドスニーカーやローファーなどに。少しスポーティーなテイストをプラスすることで、ほど良い抜け感が生まれます。

「アニマル柄」と聞くと、そのインパクトの強さに苦手意識がある人もいるかもしれません。でも、じょうずに使えば、1点(必ず1点に!)投入するだけで、シンプルなコーディネートをぐっと旬の装いに変えてくれます。大人こそ味方にしたい、頼もしいアイテム。ぜひトライしてみてくださいね。

(ファッションアドバイザー/里村素子)

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. バブル世代は要注意!派手にならずに今っぽい「アニマル柄」の着こなし方

会員登録・変更