1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 太もも痩せのツボ叩き、頭痛にも効く経絡(けいらく)の不思議

太もも痩せのツボ叩き、頭痛にも効く経絡(けいらく)の不思議

早朝の公園で自分の体を叩きまくるおばさんの謎

空が白み始めたばかりの早朝から、台湾の公園は多くの人でにぎわいます。ジョギングやウォーキングをする人や、太極拳や気功をしているグループの姿も多いです。

台北・大安森林公園で早朝に太極拳をするグループ

ある日、朝の公園を歩いていると「バシバシバシバシ!」という音が耳に入ったので思わず振り返りました。するとそこには、
ものすごい勢いで自分の体を叩きまくっているおばさんが。

腕や足を上から下へ、平手でバシバシ叩いているのです。動きとしては服についた汚れをはたき落とすような感じですが、すごい音がします。何やってるんだろうこのおばさん・・・?

よく見ると、他にもいるんです。最初のおばさんは平手でしたが、別のおばさんは拳を握って(グーの形で)自分の胸元を叩き始めるではありませんか。まずは右手で、左側の鎖骨の下あたりを。次に左手で右の鎖骨の下あたりを。結構な力の入れようで、ボカボカという鈍い音が響きわたります。えええ、痛くないのかな? この儀式は一体なんだ・・・?!

鎖骨下を叩いていた人のイメージ
▲さすがに写真は撮れなかったのでイメージイラストで。この辺りをグーでゴンゴン叩いていました

押す・温めるだけじゃない
「叩く」というツボ刺激法

日本でも、よく「○○に効くツボ」が紹介されますよね。専門家がピンポイントでツボを刺激する方法が鍼(はり)です。また、お灸という形で温感刺激を与えたりもします。

お灸

私が台湾で見かけた「朝の公園で体をバシバシ叩くおばさん」たちも、実はツボを刺激していたんです。(いや、私が見かけたのが女性ばかりだっただけで、男性もやっているとは思うんですが・・・)

鎖骨の下をグーパンチしていた人は「中府(ちゅうふ)」というツボを叩いていたようです。

中府のツボ
▲中府のツボのだいたいの位置

このツボは五臓の「肺」につながっていて、咳・痰、喉の痛みや息切れ、鼻水・鼻づまりなど呼吸器系の不調に効果があるほか、肩こりや四十肩にも効くといわれています。

ツボって指先で押すものだと思っていたんですが、「叩く」という方法も台湾では一般的です。ツボは正確な位置を見きわめるのがなかなか難しいですが、これなら素人でもちゃんとツボ刺激ができるんですね。

 

ツボが並ぶ気血のルート
経絡(けいらく)の不思議

私たちが知っている血管やリンパ管とは別に、中医学では気(生命エネルギー)や血の通り道として「経絡(けいらく)」というものがあります。経絡は、体の内部の臓器とつながっていて、体の内部や表面を縦横無尽に通り、エネルギーや栄養をすみずみまで送っていると考えられています。

「ツボ」は、そのルート上で気が体の内外に出入りするポイントなので、そこを刺激すると経絡の流れが良くなり、その経絡につながっている内臓もケアできます。体の遠く離れた場所にあるツボが全然別の場所の症状に効くのは、経絡が通っているからなんです。

私がある日、「昨日の夜偏頭痛で・・・」と某SNSに投稿したところ、マッサージサロンを経営している台湾の友人から、「膽經胆経:ダンジン)を叩け!」というアドバイスをもらいました。あらま、やっぱり「叩け」って言うのね。

その「胆経(足少陽胆経)」はこんな風に通っています。

足少陽胆経之図
▲十二正経のひとつ「足少陽胆経」は「胆」につながった経絡

 

太もも外側の「胆経」叩き
消化改善と足痩せで人気

経絡(けいらく)を叩く療法は、「敲打(チャオダー)」とか「拍打(パイダー)」と言われます。「胆経」を通る気は、目尻から始まって頭部を経由し、耳の後ろから降りて、胴体と足の側面を通り、足の指先に届きます。

「胆経」の通りを良くすることの効果は色々あって、頭痛軽減・不眠改善・消化機能改善・デトックス(排毒)・白髪改善など。太もも部分の「胆経」を気の流れに沿って叩くのは、特に太もも痩せに効果があるエクササイズとして台湾女子に人気だそうです。

太もも部分の「胆経」上には、4つのツボがあります。だいたいの位置で大丈夫なので、上から下へ向かって、このツボあたりを握りこぶしで順番に叩いていきます。

太もも部分の胆経のツボ
▲「胆経」のうち、太ももにある4つのツボ

参考までに、ツボの名前も書いておきます。①環跳穴、②風市穴、③中瀆穴、④膝陽關穴です。①~④を1セットとし、グーの手の背(第二関節)で順番に叩きます。強さは軽く痛みを感じるくらいで。回数は、一日あたり左右それぞれ50回ずつを勧めるものが多いです。

最初は頭痛改善に効くといって教えてもらった「胆経叩き」ですが、調べてみたら太もも痩せ効果が最もメジャーなようなので、がぜんやる気が出てきました。

痩せたいからといっても、アザにならない程度の力で叩いてくださいね。あと、女性は生理中に「胆経」は叩かない方がいいそうです。
そして。台湾の公園で自分の体をビシバシ叩いている人を見かけても、驚かないでください。

 

s-IMG_5833s

松浦優子/台湾情報ライター/漢方養生指導士・漢方上級スタイリスト/東京都港区出身の40代。元Web広告ディレクター。現在は外国人向け日本語教師のほか、台湾経済ニュースの翻訳、ライターとして活動。一年のうち1カ月以上は台湾に滞在し、台湾の文化や歴史、中医学(漢方)の養生法など、気になるテーマを探求中。インドア派、愛猫家。台湾で得た一番の宝物は、あたたかい台湾の人たちとの友情とご縁。

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。
  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 太もも痩せのツボ叩き、頭痛にも効く経絡(けいらく)の不思議

会員登録・変更