1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 病気やケガ、うつ病…もしも働けなくなったとき、生活費の確保できますか?

病気やケガ、うつ病…もしも働けなくなったとき、生活費の確保できますか?

PR

PR/アクサダイレクト生命

もしも、あなたが病気やケガで働けなくなったとき、その間の生活費をどうするか考えたことはありますか? 治療費は医療保険でカバーできるものの、収入の減少は家計に重くのしかかり、住宅ローンや子どもの教育費など、支払えなくなってしまうかもしれません。はたまた、家事代行サービスに頼らないと、生活が回らないなんてことも…。

そんな働けなくなったときの生活費を、毎月の給料のようにサポートするのが就業不能保険。今回は、アクサダイレクト生命の就業不能保険「働けないときの安心」を紹介します。

働けなくなったときの収入の減少に備える保険「働けないときの安心」

この保険の主な特長は、次の3つ。

ポイント1:働けなくなったときの生活費を毎月サポート
ポイント2:うつ病などの精神疾患もカバー
ポイント3:給付金の受け取り方は満額タイプとハーフタイプから選択可能

また、保険料も手頃なので、家計への負担を抑えながら、安心を備えることができます。

就業不能保険「働けないときの安心」の詳細はこちら

【ポイント1】働けなくなったとき(※1)の生活費を毎月サポート

働けない状態から回復するまで、または保険期間満了まで回数無制限で毎月給付金を受け取れます。

※1:病気やケガで働けない状態とは…(1)治療を目的とした入院 (2)医師の指示による在宅療養 (3)国民年金法施行令に定める障害等級2級以上に認定された状態をいいます(精神疾患を直接の原因とするものを除きます)

【ポイント2】うつ病などの精神疾患もカバー

うつなどの精神疾患(※2)で働けなくなったときも給付金を受け取れます。働けない状態から回復するまで、または保険期間満了まで通算18回を限度として、給付金を受け取れます。

※2:精神疾患で働けない状態とは…精神疾患を直接の原因とする(1)治療を目的とした入院 (2)国民年金法施行令または精神保健及び精神障害者福祉に関する法律施行例に定める障害等級2級以上に認定された状態をいいます

【ポイント3】給付金の受け取り方はハーフタイプと満額タイプから選択可能

会社員や自営業といった職業や収入の形態に合わせて、プランをハーフタイプと満額タイプから選択できます。

 ・会社員・公務員の方におすすめ!「ハーフタイプ」

「ハーフタイプ」は、病気やケガ、または精神疾患で働けなくなったとき、一定期間は設定した就業不能給付金月額の半額、その後は満額を受け取れるもの。

会社員や公務員は、働けなくなったときに、最長1年6カ月間は傷病手当金を受け取ることができるため、受給開始日から一定期間の給付金を半額にすることで保険料を抑えた「ハーフタイプ」がおすすめです。

・自営業や主婦(主夫)におすすめ!「満額タイプ」

「満額タイプ」は、病気やケガ、または精神疾患で働けなくなったとき、設定した就業不能給付金月額を、受給開始日から満額受け取れるもの。

自営業や主婦(主夫)は、働けなくなったときに傷病手当金を受け取ることができないため、受給開始日から給付金を満額受け取れる「満額タイプ」が安心です。

シミュレーション、申し込みは、すべてネットで簡単に操作! まずは、一度、シミュレーションしてみてはいかがでしょうか。

「働けないときの安心」シミュレーションはこちらから

【問い合わせ】
アクサダイレクト生命
https://www.axa-direct-life.co.jp/

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 病気やケガ、うつ病…もしも働けなくなったとき、生活費の確保できますか?

会員登録・変更